119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

児童生徒数の減少に伴いまして、給食1日当たりの調理食材の数が少なくなるということで、現在では数量の確保が難しい志摩産の食材についても、今後、使用できるようになるということが予測をされます。農協や漁協にも協力を得ながら、地元生産者との地域内循環による地消地産をより一層進めていくというふうに考えたいと思っております。  

いなべ市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日 6月 7日)

地方自治法施行令第159条と第173条の2の規定に基づき、いなべ市長が定めるいなべ市会計規則第59条第1項の規定に基づき、支出命令者が戻入しなければならない場合は、一つ、歳出の誤払いの金額、2、歳出の過渡しの金額、3、資金前渡した場合の精算残金、4、概算払いをした場合の精算残金、5、私人に支出の事務委託した場合の精算残金とされております。

亀山市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第5日 3月11日)

現在、食料備蓄場所と備蓄数量は何人分で、大体何日ぐらいもつのかと。飲料水備蓄場所及び備蓄数量が何人分で何日分あるのか。その辺のところをお聞かせ願いたいと思います。 ○議長(小坂直親君)  古田部長。 ○地域医療部長(古田秀樹君)(登壇)  まず、食料につきましては、入院患者用の非常用食料として60人分を3日分備蓄しております。これは調理しなくても食べることができるレトルト食品でございます。

桑名市議会 2019-03-06 平成31年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-03-06

まず、歳入でございますが、款13.使用料及び手数料、項1.使用料、目6.土木使用料、17ページの説明欄、敷地占用料増は、土地区画整理事業区域内における電力及び通信事業者の電信柱などの占用数量の増加によるものです。  職員駐車場使用料減は、桑名駅西整備事務職員自動車通勤者の減少によるものでございます。  

志摩市議会 2018-03-23 平成30年予算決算常任委員会( 3月23日)

195万6,000円、全て、数量から全て出て、単価を入れりゃ、計算してくるだけのことですのでね。高いんじゃないかということを言うとるんですわ。それと、次の造成施工管理業務委託料につきましても、325万6,000円、次の下にある建築施工管理業務委託料についたら30万円。桁が違うと。これも余りにも高額やないんかということを言いたいがために、上から言うてたということです。

菰野町議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第4日目 3月13日)

以前に、私は議会質問で、公共施設へのネーミングライツ制度導入について提案しましたが、私はそういった施設の詳細な更新修繕計画やそれに伴った概算予算の計上、ほかには菰野町が所有する公共用地の今後についての適正利用、あるいは売却も視野に入れ、いつまでも所有するということは、今後難しくなってくるのではないですかと危惧しているわけです。  

伊賀市議会 2018-03-12 平成30年予算常任委員会( 3月12日)

数量ふえるさかいに、ディスカウントしてくれんかな。 ○委員長(嶋岡壯吉君)  住民課長。 ○住民課長(西口紀子君)  たくさん使ったというよりは、たくさんの自治体加入の利用の自治体がふえますと、委託料としては下がってくると。  コンビニの利用につきましては、伊賀市でコンビニの利用しておりますので、全体の窓口でとる件数の2.28%がコンビニを利用しているという状況で、年々増加の傾向でございます。

志摩市議会 2017-12-18 平成29年予算決算常任委員会(12月18日)

なお、資料1ページでは、この部分の数量表記がA=267.0平方メートルとありますが、表記が誤っております。大変申しわけございません。正しくは、延長をあらわすL=267.0メートルで、「A」が「L」、単位の「平方メートル」が「メートル」ということで、申しわけございませんが、御訂正をお願いいたしたいと思います。  合わせまして、保育屋根裏の換気を行う通気管の改修も行います。  

亀山市議会 2017-12-13 平成29年12月定例会(第4日12月13日)

文部科学省では、電話相談、24時間子供SOSダイヤルを設けておりますが、最近の若者層のコミュニケーションは、音声通話よりもLINEなどのSNSの活用が圧倒的に多いことから、来年度の概算要求にもSNSを活用した相談体制ということが盛り込まれているようです。声を上げることができない場合の相談ツールとしてのSNSの活用について、ご所見をお伺いしたいと思います。 ○議長(西川憲行君)  大澤教育次長

伊賀市議会 2017-09-14 平成29年第 5回定例会(第5日 9月14日)

また30年産より国からの米の生産数量目標配分が廃止される予定でもあり、さらに米の直接支払い交付金、現状では10アール当たり7,500円、それも廃止されるということでございます。  まず農業政策関係予算の中で、農水省概算要求ではどのような内容になっているかを教えていただきたいと思います。 ○議長(空森栄幸君)  産業振興部長。           

四日市市議会 2017-08-05 平成29年8月定例月議会(第5日) 本文

既に、三重県のほうでも国、市町、それから、農業関係団体、これらが集まりまして協議が行われておりまして、これまでの配分方式には変わりますけれども、何らかの生産数量の目安としての公表をしていくというふうな方向で調整が行われているところです。  また、全国的に見ましても、多くの地域では生産現場が混乱しないようにということで、同様の調整が行われてございます。  

伊賀市議会 2017-06-26 平成29年第 4回定例会(第5日 6月26日)

確か6月末までに概算、10月末までに本計画、その中身は私はもう1回確認したいんですけれども、2つですね、今質問したのは。機能はゼロになったので、図書館、それから三重大学国際忍者研究センター、大手コーヒーチェーン、ギャラリー、物産展示販売、観光案内、これがゼロになって、それを協議をして、それからお金を使ってどれが一番地域に貢献する中身になるかというのを判断してもらうということなんですか。

伊賀市議会 2017-06-20 平成29年総務常任委員会( 6月20日)

この内訳書は数量全て一式となっておりますが、ほんとの内訳書というのは、もう少し細かく出てるんだろうかというのが1点。  2点目、例えば立会費一式860万で計上していただいてますが、立ち会いの工数って言うんですかね。人数、相手方、その単価あたりをお示しをいただきたいと思います。