運営者 Bitlet 姉妹サービス
1278件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 伊賀市議会 平成30年教育民生常任委員会(12月14日) 具体的にはということで、まず高齢者数の増加に伴いまして、ますます医療需要が高まりますので、当院には、安定的な病院経営によりまして、許可病床数を維持することが公立病院として求められていると。  そのため、医療機能のバランスがとれた地域の中核病院を目指すとともに、地域医療支援病院等の役割を果たしていくと。   もっと読む
2018-12-13 伊賀市議会 平成30年予算常任委員会(12月13日) 昔は救急車とか消防車が保管してあった場所なんですけど、あれも含めて今回改修する建物の範疇に入ってると思うんですけども、先ほど申しましたように、たくさんの使用団体とか、後、やっぱり指定管理をした上でやるっていう、入っていただく団体も含めて、スペースが確保されるのかって思ってるんです。 もっと読む
2018-12-07 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日) そのような中、現院長から本年度末で退職の意向を聞き、また救急専門医1名を含む救命救急の医者2名、整形外科医1名が退職予定と聞きました。来年4月以降の院長を初め医師体制をどのように考えておられるのか、まず教えてください。 ○議長(岩田佐俊君)  上野病院副院長。       もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 ※市立四日市病院の医師が、保育器とともに救急車で他の分娩施設に新生児を迎えに行       く搬送(平成26年度から実施) (図省略)    2)NICUの入院患者数と病床利用率の推移      入院患者数は増加傾向にあるなか、病床は日常的に満床状態となっている。 もっと読む
2018-09-14 桑名市議会 平成30年決算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2018-09-14 事業の目的でございますが、年々低年齢児の保育需要が高まる中、公民連携手法により子育て支援センターを保育所から商業施設に移転し、あいたスペースを保育室として活用することで待機児童の解消を図るとともに、地域の子育て支援センターの拠点として事業を展開するものでございます。   もっと読む
2018-09-14 桑名市議会 平成30年決算特別委員会総務安全分科会 本文 開催日:2018-09-14 年々増加いたします救急需要に対しまして、最新の救急車を配備することにより、市民の皆様へさらなる安心・安全を提供できるものと考えております。  また、財源につきましては、地方債の合併特例事業債及び一般財源でございます。  次に、89ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-09-14 伊賀市議会 平成30年決算常任委員会( 9月14日) 215ページをごらんいただきまして、医事業務委託料1,052万3,520円、調剤業務委託料1,007万372円と、伊賀市救急健康相談ダイヤル24の電話医療相談サービス委託料493万5,924円、病院群輪番制運営費負担金3,061万8,000円、二次救急医療負担金1,400万円、病院群輪番制維持確保対策負担金2,560万9,500円でございます。   もっと読む
2018-09-11 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月11日) こういった訪問看護のステーションですが、ここが充実されれば、在宅介護も可能となるでしょうし、救急搬送も少なくなると。そのように思いますので、ぜひとも充実していただきたいとは思いますけれども、この看護師の体制、これは看護師がいなければ、なかなか難しいのではないかと。そこらあたり、今後の方向性として、どのように持っていくのか、そこらあたりお聞かせください。 ○議長(中村和晃) 病院事業部長。 もっと読む
2018-09-11 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11 備蓄物資の枠組みといたしましては、ゴムボートや救命胴衣などの水防資機材、救急医療セットなどの医療、助産用医薬品、殺虫剤などの防疫用薬品、食料、衣料生活必需品、消防・救急及び救助用資機材、給水用資機材となっております。市では、平常時において、これらの備蓄物資、資機材等の点検整備を行っており、必要に応じて備蓄資機材整備計画に基づき配備をしているところです。   もっと読む
2018-09-11 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第3日 9月11日) しかしながら、その反面、業務・営業用水では1.5%の増加、工場用水では10%増加しておりまして、企業の事業活動に伴う水需要の伸び、これが生活用水の減少を補いまして、さらに水量の増加につながっているところでございます。  また、水道料金の収入については、この今、申しましたことについてもあらわれておりまして、水需要と同様に生活用水での料金は、減少しております。 もっと読む
2018-09-10 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-09-10 どの課題もそれぞれの必要とされる方、行政に求められる需要といいますか、期待というのは大きいものがあると思います。  こうした状況下で、市はどうやって優先順位、施策の何を先にして、これは後にするとか、そういったことについての課題解決の方法について、今どのように考えておられるのか。福祉ヴィレッジも関係あると思います、これは仮称の。そういったことも含めて、お聞きしたいと思います。   もっと読む
2018-09-06 いなべ市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 6日) 当初、部品加工を想定していたところ、需要拡大を受け、組み立て専用に用途変更し、増産を急ぐと報じられておりました。  市内の平古工業団地を初め、整備された完成土地は完売とのことであるが、企業の設備投資や工場建設意欲が高まり、活況を呈する中、高速道路の大安インター開設も間近なのに、このまま工業団地や公有地の整備は行わないのでしょうか。   もっと読む
2018-09-05 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-09-05 桑名市内で熱中症と見られる症状で救急搬送された件数は8月末時点において129件発生となっており、昨年と比較し76%増となっております。7月20日には熱中症と見られる63歳の女性が自宅から搬送され、病院到着後にお亡くなりになられました。   もっと読む
2018-09-03 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第1日 9月 3日) まず、病院事業会計ですが、平成29年度では、救急医療の充実と消化器肝臓内科を中心に、入院収益の増加を軸とした経営の立て直しに取り組むとともに、常勤医5名、看護師19名を新たに採用するなど、医師、看護師等の医療スタッフの充実に取り組みました。   もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第1日) 本文 経営状況につきましては、収入では給水収益が製造業における工場増設などによる水需要の拡大により増加となったものの、受託工事収益の減少により減収となりましたが、費用の削減により純利益は増益となりました。  主な事業といたしましては、第2期水道施設整備計画に基づき、高度浄水処理施設整備事業として、朝明水源地除マンガン処理施設の整備を行いました。   もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第4日) 本文 平成26年に水沢・桜地区においてバス利用の需要を把握するということで、まず最初は運賃を無償として実験をやっておりまして、この場合、1日14便、28日間やったんですけど、これは利用者数2002人ということでそこそこの利用がございました。 もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第2日) 本文 保育料無償化を受けて、ご質問いただいた園児数の変化につきましては、これまでの保育料の負担感から園の利用を控えていた方で、特に3歳児の方の需要が掘り起こされることが予想されるところでございます。  無償化後に、保護者がどの施設を利用されたいかにつきましては、我々市といたしましてもニーズを把握することが重要と考えております。 もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第7日) 本文 中でも、喫緊の課題となる小中学校施設の更新費用について、まず200億円を目標に積み立てを行いたいと考えるが、超長期的な需要に対する積み立てであることから、将来の人口推計や将来的な施設の統廃合の方向性等を反映した具体的な積立額の積算が困難であり、この点で、中期的な見通しに基づく基金の設置とは異なるものである。 もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第3日) 本文 この法の趣旨では、地方の厳しい財政状況が続く中、多様化する行政需要に対応するため、臨時・非常勤職員が増加していると、任用制度の趣旨に沿わない運用が見られ適正な任用が確保されていないことから以下の改正を行うという形で改正があります。   もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第5日) 本文 議員からもご紹介がございましたが、横浜市の救命活動車は、救急車よりも先に現場に駆けつけて救命処置を行うことを任務としておりまして、患者を搬送しない消防車両でございます。  横浜市では、救急件数が年々増加することにより救急出動が重複し、重篤な患者への救命処置の開始がおくれるという事例があったことから、平成20年に救急現場へ先行する救命活動車を導入したとのことでございます。   もっと読む