運営者 Bitlet 姉妹サービス
12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-03-08 亀山市議会 平成29年 3月定例会(第3日 3月 8日) 2025年というのは、団塊の世代ですね、堺屋太一さんが「団塊の世代」と名づけましたが、私も団塊の世代の一番下なんですけれども、そういった人が全部75歳以上になるんですよね。 もっと読む
2017-03-08 亀山市議会 平成29年 3月定例会(第3日 3月 8日) 2025年というのは、団塊の世代ですね、堺屋太一さんが「団塊の世代」と名づけましたが、私も団塊の世代の一番下なんですけれども、そういった人が全部75歳以上になるんですよね。 もっと読む
2006-03-06 志摩市議会 平成18年第1回定例会(第3号 3月 6日) また、定住対策等については、定年の皆さん、団塊の世代がこれから多く出てくる、2007年問題というふうに言われておりますけれども、そういったことに対応した観光のあり方といったようなことも当然必要になってくるということでございまして、団塊の世代といった名前についての名づけ親である堺屋太一さんが、せんだって東京で三重県のメディア交流会の中でも発表されたわけですけども、「還暦お伊勢参りツアー」といったような もっと読む
2005-12-01 四日市市議会 平成17年12月定例会(第6日) 本文 団塊の世代とは、昭和51年発行の堺屋太一著「団塊の世代」を引用しますと、「多くの流行語と需要を生み、過当競争と過剰施設を残して過ぎていく終戦直後のベビーブームで誕生した大集団」と表現されています。団塊の世代の人たちは全国に約700万人いるといわれています。 もっと読む
2000-12-13 松阪市議会 旧松阪市 平成12年 11月 定例会(第6回)-12月13日−05号 また、前経済企画庁長官堺屋太一氏は、今後の日本経済の行方をどのように予測するか。「緩やかな回復が続き、やがて遠からず力強い回復になると信じておりますし、そのようなシナリオでやってまいりました。今まさに日本経済は胸突八丁で生きております。地道な辛抱が大事なときだと思っております」とか、「大きな問題を引きずりながら景気回復に向かっている」という弁であります。 もっと読む
1999-03-01 四日市市議会 平成11年3月定例会(第2日) 本文 小渕内閣の経済企画庁長官になられた堺屋太一氏の「あるべきあした今日本決断のとき」の著書に、土地神話、バブルメカニズム、護送船団方式が結合してもたらした今日の日本の悲劇を2000年末までに改革しなければ、日本は世界の後進国になってしまう。 もっと読む
1998-12-07 伊勢市議会 旧伊勢市 平成10年 12月 定例会-12月07日−02号 冒頭にも申し上げましたように、この圧縮をしていかないことには、本当に自在の対応ができないというふうなことを考えますときに、ますます、先ほど申し上げました平成九年度の当初よりは、この十年度になりまして、先ごろ堺屋太一経済企画庁長官が「底は打った」とは言われますけれども、まだまだ民間の間では非常に不透明な経済状況、非常に厳しい状況が続くであろうというふうに言われております。   もっと読む
1998-12-01 四日市市議会 平成10年12月定例会(第5日) 本文 まず第1点は、商品券構想が決まったときに、堺屋太一経済企画庁長官は、「これは経済対策ではなく政治対策であった」と新聞紙上でも発言をしております。毎日新聞の世論調査でも、経済効果があるとは思わないという人が60%、少しは効果があるかもしれないという人が15%、経済の波及効果について疑問が出されております。 もっと読む
1998-12-01 四日市市議会 平成10年12月定例会(第2日) 本文 大企業が黒字から赤字へ転落しているという記事を目にして、堺屋太一経済企画庁長官が、「景気が回復しそうだ」と言っても信じることができないのは、私一人ではないと思います。ことし4月に倒産したアサヒ靴で有名な老舗の会社は、全国の販売子会社を中心に35社の連鎖倒産を発生させました。コピーで有名な会社も同じく倒産しました。大企業でさえ倒産する時代です。中小企業の経営はいかばかりでしょう。 もっと読む
1998-09-01 四日市市議会 平成10年9月定例会(第3日) 本文 最近の言葉から「日本列島総不況といっても過言ではない」と8月の地域経済動向で堺屋太一経済企画庁長官。今月の経済状況を思惑を差し挟まないで正確に国民に伝えるのが経済企画庁の努めだ。これまでは「期待感と予測感が混合されていた」と語っていた。当たり前の認識であろう。また「金融の世界には人様に言えないつらさがある」とも述べた。今、日本長期信用銀行への公的資産金注入話。 もっと読む
1998-09-01 四日市市議会 平成10年9月定例会(第2日) 本文 先日、堺屋太一経済企画庁長官が9月の月例経済報告を発表いたしました。それによりますと、8月報告の「景気は低迷状態が長引き、甚だ厳しい状況にある」を、「極めて厳しい状況にある」とさらに後退させました。このまま行きますと、来月は「どん底の状態にある」と、こういったことになるのでしょうか。   もっと読む
1993-03-11 伊勢市議会 旧伊勢市 平成 5年  3月 定例会-03月11日−02号 さらに、伊勢は最近、堺屋太一さんを中心に関西経済圏でも取り組まれております、いわゆる歴史街道の東の入り口、日本古来の生成文化のふるさととして再評価されておりますので、このことも含めて取り組んでいきたいと考えております。  次に、歴史的遺産のネットワーク化についてお尋ねでございますが、当然行政が音頭をとって行っていかなければならない課題でございます。 もっと読む
  • 1