3102件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-12-24

次に、議案第155号 令和元年度桑名市一般会計補正予算(第10号)については、土木費のうち、土地区画整理事業費中、桑名駅自由通路整備事業費増について、補正予算が充てられる整備内容を問う質問があり、駅舎部分の内装工事や電気、機械設備などの設備工事に充てられるとの説明がありました。  

菰野町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第6日目12月19日)

           (総務財政常任委員会継続審査結果報告)            (教育民生常任委員会継続審査結果報告)            (産業建設常任委員会継続審査結果報告)   第4 議案第64号 平成30年度菰野町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に            ついて            (教育民生常任委員会継続審査結果報告)   第5 議案第65号 平成30年度菰野町土地取得特別会計歳入歳出決算認定

志摩市議会 2019-12-17 令和元年全員協議会(12月17日)

福祉事務所長(米澤治司) この議会資料の2ページでお示した土地は、志摩市の所有地ということで約2,200平米ほどしかありません。建築に当たりましては、先ほど言いました施設、運動場等を建てる場合、これでは不足をしますので、周辺の土地に用地買収、用地協力をいただくということになります。ですので、その用地買収を行うための単価を求めるために不動産鑑定を行うということです。以上です。

志摩市議会 2019-12-17 令和元年予算決算常任委員会(12月17日)

今まだ、構造につきましては、自治会のほうと協議中でございまして、とりあえず、土地のほうの取得に向けてというところでの補正での計上をさせていただいております。以上です。 ○委員長(金子研世) 中村孝司委員。 ○委員(中村孝司) 面積もわからんのに、施設の構造面積もわからんのに、買収予定面積というのはわかるんですか。施設の概要ですね。

桑名市議会 2019-12-16 令和元年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-12-16

終末処理場をこれいつか、どこが落札したか知りませんけど、市の土地ではないということ、一つはね。そして、堂ヶ峰公園については福祉施設の計画があると。  今発表するのであれば、そういう使用用途が決まっておる土地を候補地として検討事項で挙げてくるのはおかしい。どう考えていますか。

菰野町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4日目12月11日)

また、センター方式にするとしたとしてもですね、マスタープランっていうふうなのは、土地利用などを含めたまちづくり、都市計画に関するプランというふうなことでございますので、結局そこのうちの、例えば工業用地につくるのか、それともですね、ないしは、給食のセンターをつくるというふうな場所についてもですね、例えばいろいろな柔軟な対応っていうのができるところがございまして、まずは場所をどこにするのかっていうふうなことも

桑名市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-12-11

知人の不動産屋にお聞きしますと、指定された土地売買するには重要事項として説明しなければならず、指定により資産価値の低下の可能性が高いのではないかとの話も聞いています。また、市税条例や同施行規則に、その他特別の事情がある場合は減免ができるとの規定もございます。このことから、今回の指定に際し減免措置をとってもらえればと思いますが、いかがでしょうか。  

菰野町議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日目12月10日)

受益者に当たる土地改良区や農家への負担金は、どのようになっていますか。災害で大きなダメージを受けた農林業者等への受益者分担金をこの機会に見直し、軽減を図るように求めます。  大きく3点目、今、策定をしています菰野町都市マスタープランについて、来年度策定予定の第6次総合計画とあわせて、策定するように求めるものです。  

桑名市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-10

近年、全国の土地や建物の情報が記録された不動産登記簿によって所有者がすぐに判明しなかったり、判明しても連絡がつかなかったりする所有者不明の土地について、2016年の経済損失が年間1,800億円に上るとの推計を民間の研究機関が試算いたしました。  この所有者不明の土地が広がる背景には、人口減少で土地の資産価値が下がっていることがあります。

菰野町議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日目12月 9日)

では、県によりますと、菰野町の産廃収集運搬業者というのが会社の敷地に隣接する土地に重機であなを掘り、大量の木くずを焼却処分したところを立入検査で確認をしたというニュースがありました。廃棄物処理法では、野焼きを禁じていますが、大きな業者から出る木くずなどはどのような処理をするのか。  また、地域家庭の庭などで、紙くず、木くずなどを燃やす家も後を絶ちません。  

志摩市議会 2019-12-06 令和元年第3回定例会(第2号12月 6日)

建設部長(森本 浩) 本来、橋爪議員おっしゃられるように、通知ができて初めて、次のステップへ行けますが、なかなか通知を送っても反応がないとか、今、言われていますが、土地の所有者不明というのもたくさんございます。その辺につきましては、相続関係でわからないとか、いろいろございます。

鈴鹿市議会 2019-12-03 令和元年12月定例議会(第2日12月 3日)

ファシリティマネジメントとは,公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会の表現をおかりすると,ファシリティ(土地,建物,構築物,設備等)全てを経営にとって最適な状態(コスト最小,効果最大)で保有し,賃借し,使用し,運営し,維持するための総合的な経営活動で,維持,保全のみだけでなく,よりよいあり方を追求するものとなっています。  

志摩市議会 2019-11-19 令和元年全員協議会(11月19日)

しかしながら、老朽化した危険な空き家がふえている理由の一つが、固定資産税の仕組み、いわゆる住宅用地の特例にあると言われており、どんなに古い家屋でも、たとえそれが空き家であっても、住宅と認められれば、土地固定資産税が安くなることから、空き家となった家屋の撤去をちゅうちょするケースがあると考えられます。

四日市市議会 2019-11-06 令和元年11月定例月議会(第6日) 本文

議案第66号四日市市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正について及び議案第72号あらたに生じた土地の確認については、別段質疑及び意見はありませんでした。  以上の経過により、当委員会に付託されました5議案につきましては、いずれも別段異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。