420件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2019-05-21 令和元年全員協議会( 5月21日)

こちらのほうにつきまして、バッターボックスが東側のほうに書いてあるんですけども、こちらにつきましては、当初、設計の中で国体を見込みまして、東側のほうだけにプレート等の設置というふうなところを考えていたんですけれども、スポ少さん等の、または、ソフトボール協会さん等の要望もありまして、西側のバックネットの部分にも設置をするというふうなことでございます。以上です。 ○議長(中村和晃) 小河議員。

志摩市議会 2019-05-07 令和元年全員協議会( 5月 7日)

要点が結構、ぼんやりしてまして、しっかりとした正確な答えじゃないと思うんですが、また、文化財とかスポーツ、今回の場合だと、特に国体もございます。そういうことで多岐にわたって、いろいろあるんですが、まず、文化財とスポーツ、国体に対する考え方をお聞きしたいと思います。 ○議長(中村和晃) 上村議員、済みません。

志摩市議会 2019-03-22 平成31年予算決算常任委員会( 3月22日)

○教育部長(橋爪正敏) 名称だけをぱっとお聞きになると、市民運動会というと懐かしい響きがしますが、市制15周年という機会に、やはりオリンピック、国体も含めて、志摩市の中にはスポーツ団体、体育協会やスポーツ少年団、それからスポーツクラブ等がございます。

亀山市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第5日 3月11日)

なお、去る2月17日に行われました第12回美し国三重市町対抗駅伝におきましては、三重とこわか国体、三重とこわか大会開催決定記念として開催され、亀山市チームは過去最高順位の総合5位入賞を果たすとともに、第1区の選手が区間賞を、また過去の大会のベスト記録を上回ったチームとしてベスト記録賞を受賞するという好成績をおさめ、市民の皆様からもたくさんの称賛を得られたものと感じているところでございます。

名張市議会 2019-03-01 平成31年第384回( 3月)定例会

教育費では学校の空調設備、中学校大規模改良工事の工程、給食調理員の推移、三重国体実行委員会組織、ふるさと能文化振興事業負担金などについて質疑がありました。東山墓園造成事業特別会計では復旧の進捗状況について質疑がありました。国民保険特別会計では子供の均等割につきまして質疑がありました。病院事業会計では産婦人科の施設設計の仕様について質疑がありました。 

志摩市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2号 2月28日)

1、保健体育総務給与費では、平成31年度から国体推進室が設置されることから、(1)一般職給与費で、6,109万5,000円を計上いたしました。  2、スポーツ推進事業費では、196ページに移りまして、(3)オリンピック事前キャンプ誘致事業では、キャンプ国との相互交流や地域の活性化を目的とし、東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプの誘致活動を行うため、48万円計上しております。  

志摩市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1号 2月27日)

2021年に開催される三重とこわか国体では、ボクシング、ソフトボール及びトライアスロンの三つの正式競技に加え、シーカヤックとスタンドアップパドルボードの二つのデモンストレーションスポーツが本市で開催されることが決定しております。また、国体終了後に行われる三重とこわか大会では、フットベースボール競技も本市で開催されることが、合わせて決定しております。  

亀山市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第1日 2月25日)

次いで、スポーツの推進につきましては、平成33年度の三重とこわか国体の開催に向け、実行委員会の運営や、会場となる西野公園の野球場及びトイレ改修など諸準備を進めてまいります。また、市民や関係団体と一丸となって大会開催に向け取り組めるよう機運醸成を図るとともに、こうした大会を契機としてスポーツ文化の浸透を図ってまいります。  

志摩市議会 2019-02-04 平成31年全員協議会( 2月 4日)

4点目としては、三重とこわか国体、三重とこわか大会に対応するための国体推進室の新たな設置。  以上の4点が今回の組織機構の変更点となります。  この中でもSDGs未来都市推進室の設置に関しては12月の議会において、志摩市行政組織条例における政策推進部の事務分掌を里海創生に関することから、SDGs未来都市の推進に関することに改正する議案を上程いたし、議員の皆様に御審議をいただいたところです。  

志摩市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第5号12月21日)

国体の業務に従事する職員についても、平成32年4月からと考えているとの答弁でした。  次に、臨時職員は廃止するのかとの問いに、地方公務員法及び地方自治法の改正により、平成32年4月から、臨時職員の任用方法が会計年度任用職員制度の導入により大幅に変更する。その移行に合わせて、職種、業務内容に応じて区分するとの答弁でした。  

菰野町議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第6日目12月20日)

行政に聞き取りをし、当初の見込み、また今後のメンテナンスなどに詰めの甘さが見え、これから先の予定でありますが、国体や菰野町のスポーツ振興に対する姿勢の弱さが感じられました。  今後、千載一遇のこの機会をしっかりととらえ、工事進捗を慎重かつ丁寧に、また将来を見据えた工事進捗を強く求めたところです。  以上です。よろしくお願いいたします。

志摩市議会 2018-12-17 平成30年予算決算常任委員会(12月17日)

こちらにつきましては、平成33年に行われます第76回国民体育大会三重とこわか国体の基本設計、こちらの部分について発注する予定でございました。こちらにつきましては、ボクシング、そしてソフトボール、そしてトライアスロンの3競技におきまして、今後の実行委員会等でお示しさせていただきます図面等を作成する目的で準備させていただいておりました。  

志摩市議会 2018-12-12 平成30年総務政策常任委員会(12月12日)

ただ、本来、やっぱり任期は定まっている部分であれば、そこでやはり終了という部分になりますので、やはり職種の内容に応じて、例えば、先ほど申し上げた国体にしてみれば、やはり、期間が決まっているところであれば、次の任用というのはありませんので、そのあたりはその内容に応じて変わってくるというふうに思っております。 ○委員長(谷口 覚) 下村委員。

名張市議会 2018-12-01 平成30年第383回(12月)定例会

また、任期付職員の採用について質疑があり、執行部からは、特定の知識や識見をもった者が対象であり、名張市では弁護士、防災担当監、農業普及専門指導員、国体開催のための職員、移住コンシェルジュなどの現在勤務しており期間を定めた中で雇用していくものであるとの答弁がありました。 

志摩市議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会(第1号11月29日)

三重国体の準備や運営などに係る業務において、一定の責任を負う立場にある職への任用や、育児休業中の保育士と幼稚園教諭の代替の中でも一定の責任を負う立場にある職などについて、任期付職員への移行を図っていきます。  以上で、補足説明を終わります。御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(中村和晃) 以上で、提出者の説明を終わります。                   

志摩市議会 2018-11-26 平成30年議会運営委員会(11月26日)

また、一定の期間内に終了することが見込まれる業務に該当する三重国体の準備運営、それから育児休業中の保育士、幼稚園教諭の代替に任期付職員として任用することが可能になります。  続きまして議案第59号、志摩市総合教育センター設置条例の制定についてでございます。

志摩市議会 2018-11-19 平成30年全員協議会(11月19日)

○政策推進部長(三橋哲雄) 今回、組織機構を検討するに当たりまして、いろんな意見を各部からもいただいたわけなんですけれども、やっぱり、その中で一番大きかったのが、国体の推進室をつくっていくというようなことで、国体関係に新しい一つ課を設置しなければならないというようなところでございました。