運営者 Bitlet 姉妹サービス
13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 : └……………………………………………………………………………………………………………………┘ 3.国、三重県及び北勢医療圏の医療の機能分化・連携の取り組み <医療の機能分担への取り組み>  国はこれまで、医療体制の整備として、都道府県による総合母子医療センターの指 定及び地域母子医療センターの認定や搬送体制を構築することにより、リスクの高い妊娠 (分娩)に対する医療等 もっと読む
2018-06-11 伊賀市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月11日) 大事なことは通年、年、そして来ていただいたら、泊まっていただく。そして夜も何らかの楽しみの場所をつくっていかなければいけないということであろうかというふうに思います。  周辺地域に余り関係なさそうなところでも、忍者と金魚だとか、あるいは戦国時代だとかなんとか言いながら出てきている。そんな中では何がポイントかといえば、やっぱり楽しめるというところが、年あるということですよね。 もっと読む
2017-09-13 伊賀市議会 平成29年第 5回定例会(第4日 9月13日) フィンランドということで、1920年代にロシアから独立して間もない当時に、の妊婦や幼児の死亡率が高くて、医師や看護師の有志が自主的に行った妊婦健診、これが原点というようなことでございます。  そういったところから、フィンランドではこういうようなものが制度化されたということでございます。 もっと読む
2017-06-14 伊賀市議会 平成29年第 4回定例会(第4日 6月14日) それはもちろん個人にとって、これから生活していくを学んでいく。 もっと読む
2017-06-08 いなべ市議会 平成29年第2回定例会(第2日 6月 8日) しかし、この年代は、考えてみますと、終戦後の高度成長に育ち、人にもまれ、物にもまれて、競争の精神で生き抜いてこられた年代です。ある程度、老後の覚悟、知識、認識、人生の処世を持ち、これまでの経験を生かし、病院を安住の場と感じず、少し変わった老後に立ち向かうのではないかとも思われます。そのことが、病院より自宅を選択するのではないかと思われ、それならなおさら、ますます在宅医療の必要性を感じます。   もっと読む
2016-03-04 志摩市議会 平成28年第1回定例会(第4号 3月 4日)  税              会議に出席した説明員の職氏名   市長       大 口 秀 和     副市長    柴 原 時 男   総務部長     西 尾 重 昭     企画部長   川 口 富 弥   企画部参事    加 藤 倫 之     市民部長   岡 山 栄 子   生活環境部長   稲 田 元 昭     健康福祉部長 西 井 久仁夫   農林水産部長   前 田   もっと読む
2015-10-14 松阪市議会 松阪市 平成27年  9月 定例会(第5回)-10月14日−08号 定例会(第5回) − 10月14日−08号 松阪市 平成27年  9月 定例会(第5回) 議事日程第8号 平成27年10月14日 午前10時開議  日程第1 一般質問  日程第2 議案第107号 松阪市民病院使用料及び手数料条例の一部改正について 本日の会議に付した事件  議事日程と同じ 出席議員(27名)     1番  楠谷さゆり君     2番  西口真理君     3番  米倉芳もっと読む
2013-03-05 志摩市議会 平成25年第1回定例会(第3号 3月 5日)      副市長    柴 原 時 男   会計管理者    西 井 久仁夫     総務部長   山 下   茂   企画部長     川 口 富 弥     市民部長   柴 原 與 家   生活環境部長   稲 葉 和 美     健康福祉部長 西 ア 巳 喜   農林水産部長   南   広 行     参事兼里海推進室長                               前 田   もっと読む
2011-03-15 菰野町議会 平成23年第1回定例会(第4日目 3月15日) 午前中は、「地域まるごと販売」地域の食材をもっと魅力あるものにと題して講演会があり、四国の人口1,200人の馬路村のプランナーをしながら、「農」と「食」を中心に農村のコミュニケーション計画の手伝いに全国を回り、伊賀のモクモク手づくりファームのモクモク流農村産業研究所にも所属して、月2回は三重県に来ているという講師でした。   もっと読む
2011-03-15 菰野町議会 平成23年第1回定例会(第4日目 3月15日) 午前中は、「地域まるごと販売」地域の食材をもっと魅力あるものにと題して講演会があり、四国の人口1,200人の馬路村のプランナーをしながら、「農」と「食」を中心に農村のコミュニケーション計画の手伝いに全国を回り、伊賀のモクモク手づくりファームのモクモク流農村産業研究所にも所属して、月2回は三重県に来ているという講師でした。   もっと読む
2009-12-08 川越町議会 平成21年第4回定例会(第1日12月 8日) うんですけども、私が特にここで、もう来期といったってすぐ来るわけですけども、平成22年度以降の行政改革活動につきましては、政府の指示は当然あると思いますけども、何といったって地方自治の時代でございますので、川越町自身の問題は町自身が発掘し、リストアップしてそれをとらえていかないかんわけでありますが、町長はある程度その辺を触れられましたけども、とにかく独自の計画といいましても、もう既に毎日毎日が次のもっと読む
2008-06-17 桑名市議会 平成20年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2008-06-17 しかし、これら制度の改変があったにもかかわらず、一部新聞報道もございましたが、本年5月、平成20年度国民健康保険税の仮算定による1、2分の納付書発送後、多くの方からお問い合わせや御意見をいただいたところでございます。内容的には、国保税1、2分の仮算定による保険税額に関するものが中心でございました。   もっと読む
2005-09-14 伊賀市議会 平成17年第5回定例会(第4日 9月14日) その辺の2月の選挙する前の議会ときに、ある議員さんの質問のときに、市長さんが、だれでも任期があるですさかいということで、4年1、4年ちゅうんか、そういうぐあいに理解してますけどさな、本当に2人にしてよかったなということで頑張ってください。きちっとこれからも検証していきたいと思います。   もっと読む
  • 1