15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

四日市市議会 2017-08-04 平成29年8月定例月議会(第4日) 本文

それから入園待ち児童数は平成28年4月1日現在197人、それから年度途中の10月1日の時点では399人──これは四日市市のことですが──それから平成29年4月1日で待機児童数が54人、入園待ち児童数が167人となっている。  そこで待機児童、入園待ち児童をどう減少させていくのかということで聞いていきますと、施設整備で対応する。

亀山市議会 2017-03-15 平成29年教育民生委員会( 3月15日)

また北勢児童相談所についても、虐待のみならず多くの面で連絡を取り合い、学校の様子を専門的な見地からアドバイスをいただいておるという関係にありますので、このときだけ、年1回とか2回だけお会いするとか、そういう関係にはないと。我々以上に専門的な見地からご意見もいただけるし、検討もいただけるという認識を持っております。 ○鈴木達夫委員長  福沢委員。

亀山市議会 2017-03-10 平成29年 3月定例会(第5日 3月10日)

保育所や学童保育所の待機児童について、そして健康福祉部の組織体制について、最後にJR亀山駅への交通系ICカードの導入についてでございます。  1点目より質問をさせていただきます。  待機児童について、今国会でも保育所の待機児童のことが本当に大きな議論となっているわけですけれども、この亀山市の保育所の待機児童の状況はどういう状況なのかをお伺いしたいと思います。

松阪市議会 2017-02-10 松阪市 平成29年  2月 当初予算説明会-02月10日−01号

主な減額の理由は、本年7月の市議会議員改選に伴う経費が増額になるものの、平成28年度に行いました議員定数のあり方調査会の委員の報償費、旅費等の皆減、また、全国市議会議長会等各種会議への出席が平成28年度より減少することにより、旅費及び負担金が減となるため、差し引きで減額となるものでございます。  

松阪市議会 2016-03-24 松阪市 平成28年  3月 全員協議会-03月24日−01号

: 0.3ex} BODY {line-height : 130%; } -->DiscussNetPremium 松阪市 平成28年  3月 全員協議会 - 03月24日-01号 松阪市 平成28年  3月 全員協議会 - 03月24日-01号 松阪市 平成28年  3月 全員協議会          平成28年3月24日         松阪市議会全員協議会会議録

伊賀市議会 2015-09-25 平成27年第 4回定例会(第5日 9月25日)

厳しい経済状況から滞納、家族の失業、虐待、サービスが利用できない、近所づき合いができずに孤独になる、住むところがない、教育が受けられない、進学ができない、結婚ができない、夢や希望が持てないなど、問題は多様化、深刻化しています。  

菰野町議会 2013-09-11 平成25年第3回定例会(第4日目 9月11日)

ただ、この内容につきまして、いろんな点について対談されておりますが、虐待、交付金の負担割合など、観光についても対談をされておりますが、私としては町独自の県への要望がなかったように思っております。この点が若干、残念に思っております。  ここでお尋ねしたいのは、町長が初めて対談を正式にされた、そのときの感じたことです。その辺の答弁をお願いを申し上げたいと思います。  

菰野町議会 2010-12-09 平成22年第4回定例会(第3日目12月 9日)

子どもの総合的な相談窓口として一本化し、育児関係や発達支援関係、児童虐待関係等の子どもの諸問題について、ほかの各課と子ども関係につきまして連携いたしまして、子どものあらゆる諸問題について対処するための一本化した総合的支援窓口として、機能させようというものでございます。  

伊賀市議会 2010-06-14 平成22年第 4回定例会(第4日 6月14日)

平成22年第 4回定例会(第4日 6月14日)         平成22年第4回伊賀市議会(定例会)会議録          平成22年6月14日(月曜日)(第4日)          ─────────────────────    平成22年6月14日(月)午前10時開議  日程第 1 市政に対する一般質問について(続行)  ───────────────────── 〇会議に付した事件  議事日程

四日市市議会 2008-12-01 平成20年12月定例会〔附録〕

・一部分団の定員増については、事業所に協力を求め、活動時間帯を営業時間内に限定する、 松山市の事業所消防団員の例のような制度を活用していくべきである。 ・楠地区においては地域特有の水災害を想定していることから、水防団のような水災害に特化 した機能別団員での対応も検討すべきである。

亀山市議会 2005-09-22 平成17年 9月定例会(第5日 9月22日)

これについては、市長がおっしゃられるコンプライアンスで正当なことだということで、連絡をされるというか、了解を得れば、多分、旧亀山市議会の方もそんなにごねないで、すんなりいったのかなあという気がいたします。  

  • 1