57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-06-18

それでは、大項目2番、命を守る施策について、中項目1番、骨髄バンクについて、1)骨髄バンク制度の普及についてお伺いいたします。  骨髄バンクに関しましては12月にも質問させていただきましたが、その直後、今年度三重県が三重骨髄移植ドナー助成制度を新たに設けました。これはちょっと県から頂いたんですけれども、県内では四日市、松阪、津、伊勢、名張の5市に加え、4月から鈴鹿助成制度を設けました。  

伊賀市議会 2020-03-11 令和 2年予算常任委員会( 3月11日)

概要というか、一覧でいただいています骨髄移植により定期接種で得られた効能とかがなくなってしまうということで、再度予防接種を受けないといけないという方々に対しての助成金ということなんですけれども、これは自己負担ゼロで接種、今後できるのか。あと、これは単年度だけなのか、毎年計上していくものなのか。教えていただきたいと思います。 ○副委員長上田宗久君)  健康推進課長

伊賀市議会 2020-03-10 令和 2年予算常任委員会( 3月10日)

第4款衛生費、第1項保健衛生費、第2目感染症予防費予防接種業務経費では、国の緊急風疹抗体検査事業費補助金及び子育て支援基金繰入金を財源に、令和2年10月から定期接種となる乳幼児に対するロタウイルス予防接種ほか各種予防接種に係る業務委託料2億4,089万円、及び令和2年度から新たに設ける助成金として、骨髄移植等により定期予防接種で得られた免疫が低下または消失し、再度予防接種を受ける必要がある方を対象

伊賀市議会 2020-02-26 令和 2年第 1回定例会(第1日 2月26日)

健康づくり事業では、骨髄移植手術やその他の医療行為によって予防接種法に基づく定期接種予防効果が期待できない20歳未満の人に対して、ワクチンの再接種費用助成を4月から開始します。  障害福祉では、障害者重度化高齢化や親亡き後を見据えながら、住みなれた地域で安心して暮らし続けられるよう、さまざまな支援を途切れなく提供できる仕組みを構築しなければなりません。

伊賀市議会 2019-12-18 令和元年教育民生常任委員会(12月18日)

それから、橋本策でございますが、橋本病という病気の由来にもなった医師といいますか、医学博士でございまして、今でも名前が確か骨髄か何かの病気だったと思うんでうすが、ちょっとそこ不確かな部分がございますが、そういう。リンパ線。失礼。リンパ線病気でございますが、それを命名したというか、発見した医学博士でございます。 ○委員長北出忠良君)  田中委員。 ○委員田中 覚君)  じゃあ、3偉人から。

桑名市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-12-12

それでは、大項目2、命を守る施策について、(1)骨髄バンクについて、1)ドナー登録者増強のための取り組みについてお伺いいたします。  骨髄バンクドナー登録に関しましては、著名な芸能人、スポーツ選手などがリアルタイムで御自身の状態をネット配信するなど、みずからの病気を公表することで広く知られているところとなっております。

桑名市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-12

命を守る取り組み骨髄バンクドナーをふやす取り組みなんですけれども、これは結構多くの市町で、四日市市など、県内でも6件、600超の市町村が補助金制度を設けております。この件に関しましては、また次回、質問させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

桑名市議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25

がんなどで抗がん剤骨髄移植などの治療を受けると、以前受けた予防接種でつけたはずの抗体がなくなってしまうということがあるそうです。そのため、再度予防接種を受けなければならないんですが、再接種費用全額自己負担だと伺いました。  病気と闘って、大変な思いをして、また、その御家族の経済的負担というのも本当に大きかったと思われるんですね。

名張市議会 2018-09-27 09月27日-03号

ふるさと納税使い方であったり、例えばこちらの映像なんですけども、三重県がクラウドファンディング骨髄バンクPR品費用を募る写真なんですけど、これも朝日新聞さんなんですけど、ことしの9月17日、三重県がクラウドファンディングお金を集めてそういった費用を募るであったり、ほかにも伊勢体育館体操競技用マットなどを整備するファンドクラウドファンディングお金を集めて整備をしようという動きもございますけれども

名張市議会 2018-09-27 09月27日-03号

ふるさと納税使い方であったり、例えばこちらの映像なんですけども、三重県がクラウドファンディング骨髄バンクPR品費用を募る写真なんですけど、これも朝日新聞さんなんですけど、ことしの9月17日、三重県がクラウドファンディングお金を集めてそういった費用を募るであったり、ほかにも伊勢体育館体操競技用マットなどを整備するファンドクラウドファンディングお金を集めて整備をしようという動きもございますけれども

菰野町議会 2018-06-18 平成30年第2回定例会(第4日目 6月18日)

質問の大きな2つ目は、骨髄バンクドナー登録についてです。  公益財団法人日本骨髄バンク広報によりますと、ことし4月末現在、骨髄バンクドナー登録者数は48万4,912人。骨髄バンクを介した移植数で、累計が22万1,885例に達しています。毎月、約100人の方が移植を受けているという現状があります。  しかしながら、移植につながらなかったケースも少なくありません。

四日市市議会 2016-11-04 平成28年11月定例月議会(第4日) 本文

命をつなぐ骨髄バンクということで、公益財団法人日本骨髄バンク広報によりますと、本年10月19日に骨髄バンクを介した移植数累計で2万例に到達いたしました。財団設立25周年を迎え、記念号として、2万人のありがとうと題し、患者さん、ドナーさんからのありがとうのメッセージを出すということです。今回は現住所の確認も兼ねてドナー登録者全員に郵送されるそうです。

四日市市議会 2016-11-03 平成28年11月定例月議会(第3日) 本文

余りお話をする機会は多くはございませんでしたけれども、私が議員1年生のときに不育症取り組み骨髄ドナー支援制度一般質問をさせていただいたときに、後で声をかけてくださいまして、大事だからやりたいと思っていますというふうに声をかけていただいたことが、すごくその当時の私にとっては力になり、うれしかった思い出がございます。

四日市市議会 2016-11-01 平成28年11月定例月議会〔附録〕

14    中村久雄       政友クラブ       50分        1.交通安全施策について        2.命をつなぐ骨髄バンク  15    石川善己       新風創志会       60分        1.空き家対策について        2.高齢者の見守りについて        3.シティセールス地域ブランドについて  16    平野貴之       新風創志会       

四日市市議会 2015-11-03 平成27年11月定例月議会(第3日) 本文

その後移送費について保険年金課で相談できるようになりましたが、今度は骨髄液の輸送という極めて限定的な場合にしか給付されていませんという説明を受けるようになりました。  パネル資料2の3です。通達の法令解釈部分でございますが、これは本当に一般的な法律の解釈だと思います。  Aその他やむを得ないこと。