11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鈴鹿市議会 2018-07-03 平成30年地域福祉委員会( 7月 3日)

本市が考えております各項目と,県内で条例を制定しております5つの市と千葉県の佐倉市と香取のそれぞれの項目一覧表でございます。  最後に4ページには,本市が想定しております29地区協議会状況でございまして,22番目の鈴峰地域づくり協議会までが既に設立しておりまして,残る7地区についても準備委員会として活動している状況でございます。  

鈴鹿市議会 2017-11-06 平成29年総務委員会(11月 6日)

実際に想定される被害,例えば液状化であれば大規模液状化が起こった場合の状況というのは,東日本大震災の後に防災安全特別委員会のほうで関東のほうを,香取視察した際にもありましたし,津波であったりとか火災であったりとか大規模なものが起こった場合どのようなことが起こるのかというのは,例えば東日本大震災津波被害被災地というものが一つ方向性が出ていると思います。  

鈴鹿市議会 2014-03-05 平成26年 3月定例会(第4日 3月 5日)

過去,議会視察香取液状化被害視察に行かせていただきましたし,液状化については,浦安市を初めとして,ダメージについて相当なものだということが既にわかっています。また,さかのぼれば,阪神大震災の際のときも,たしかポートアイランド等々で液状化被害があったと記憶するところです。  資料を映写してください。             

四日市市議会 2012-11-03 平成24年11月定例月議会(第3日) 本文

また、千葉香取でも、要綱は少し違いますが、海外研修補助金制度平成18年3月27日より施行されております。  これらのように、国内はもとより海外にも、いやむしろ海外に目を向けた対策が必要と考えます。やはり相手のことも理解せずして競争に勝つことはできません。また、成長することもできません。競争なくして成長なし。いかがでしょうか、部長。

鈴鹿市議会 2012-09-26 平成24年防災安全特別委員会( 9月26日)

そんなことも思うんでもっと前に出てほしいんですけど,防災危機管理課阪神地震の神戸のセンターあるじゃないですか,あそこへ全員行ってますか,それと東日本の今回の被害,去年私たち,ひたちなか市と香取に行ったんですけど,液状化,復興するまで本当に何年かかるかわからないというのを見てきて,すごく我々鈴鹿でもと思っているんですけど,防災危機管理課の職員は全員東日本のほうへ行っているんだろうか,行政関係に。

鈴鹿市議会 2011-12-15 平成23年防災安全特別委員会(12月15日)

香取では,これはなかったというところですね。ここら辺を考えて避難施設の情報のやりとり,ひたちなか市でしたか,済みません。そういったことを主に挙げさせていただきました。  あと,足らない何かことがありましたら。  後藤委員。 ○後藤委員  いつ,どこにというのに,何をしててもというのを入れてほしいんですね。寝てても,あれなんで,いつ,どこで,何をしててもという言葉と,それでいいですね。  

鈴鹿市議会 2011-12-07 平成23年12月定例会(第5日12月 7日)

先月,防災安全特別委員会視察した香取一つの中学校なんですけども,基礎ぐいを打つときに,摩擦ぐいで基礎をつくったもんですから,東日本大震災液状化で,長い横揺れで教室のつなぎ目が離れてしまって使えなくなってしまったと。そんなことだったそうです。もう学校が1校使えないわけですから,大変なことだと思って視察させていただいたんですけども。  

四日市市議会 2011-09-03 平成23年9月定例月議会(第3日) 本文

6月の定例月議会議了後、リベラル21の会派視察千葉香取を訪ねてまいりました。香取は、液状化被害が大変に深刻で、まちの至るところに震災のつめ跡が多数残っておりました。いろいろな防災上、復旧上の問題点体験談などを伺ってきたのですが、大変苦労した点として、トイレの問題が上がっておりました。

  • 1