67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松阪市議会 2020-03-24 03月24日-08号

次に、議案第2号令和年度松阪競輪事業特別会計予算についてでありますが、「売り上げが好調な理由は」との質疑に対し、「令和年度は、全国的に発売可能な西日本カップが3年ぶりに開催できるほか、インターネット投票電話投票に重点を置いたミッドナイト競輪や、モーニング競輪も順調に推移しているためである」との答弁があり、採決の結果、挙手全員、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。 

津市議会 2016-12-06 12月06日-03号

理由といたしましては、本場売上金は、スタンド棟外向き発売所津インクル及び電話投票売上金の合計で、スタンド棟売り上げが前年度決算比9%減少するものの、電話投票による売り上げが同比38%の大幅な増加が見込まれますことから増額となるものでございます。スタンド棟本場での売り上げから電話投票での売り上げへのシフトは、業界全体の傾向ともなっています。 

津市議会 2015-12-17 12月17日-06号

また、別の委員から、売り上げが伸びてきたとはいっても楽観視できる状況にはまだ至っていないのではないか、また、企業会計に移行するための取り組みは進んでいるのかとの質疑があり、執行部から、電話投票場外売り上げは伸びているが、本場売り上げ減少傾向にあるため楽観視できないと感じており、また、企業会計への切りかえについては平成29年度を目標に準備を進めているとの答弁がありました。 

津市議会 2015-12-01 12月01日-02号

ボートレース業界全体で非常に売り上げの落ち込み、全国で1兆円を切るという状況のもとで、例えば電話投票、スマホなども含めて、それから場外発売、これに力を入れて24場全体で少しずつ持ち直す気配が出てきておりましたが、津市でも津インクルオープンさせたり、対岸の大型映像装置をつけたり、それからスタンド棟の中での映像機器発券機の交換など思い切った投資を行うこと、これは攻めの経営になるわけですが、これが功を

津市議会 2014-12-02 12月02日-02号

公営競技については、各競技とも厳しい状況が続いております中、近年のボートレースにおきましては全体での売り上げ微増傾向にあり、これは電話投票売り上げ場外売り上げが伸びていることが原因であります。一方で、本場については、入場人員減少により売り上げが減少しており、各競走場施行者にとっては大きな課題となっております。 

津市議会 2013-06-12 06月12日-05号

以上のように、平成25年度は新たなるお客様の開拓とファンの皆様の満足度アップが図れるように取り組みに力を注いでいき、これまで同様に電話投票他場、ボートピアなどでの広域発売についても戦略的な開催日程番組編成営業活動にも尽力し、売上向上を図っていきたいと考えております。 ◆20番(渡辺晃一君) ありがとうございました。

津市議会 2013-06-10 06月10日-03号

競艇事業部長平松宏之君) 平成24年度売り上げ増の主な要因といたしましては、電話投票場外発売委託及び受託によるところが大きく、本場来場者売り上げとも減少しているという傾向は依然として続いております。総売り上げといたしましても、グレードレースの有無によって増減はいたしますものの、同条件のもとで見ると、やはり減少傾向にあると認識しております。 

津市議会 2013-03-28 03月28日-07号

次に、議案第35号平成24年度津市モーターボート競走事業特別会計補正予算(第2号)では、経営状況について質疑がなされ、執行部からは、電話投票場外発売売り上げが伸びていること、また、年度後半において経費の抑制に努めた結果、平成24年度の実質単年度収支は約1億円の黒字となる見込みであるとの答弁がなされました。 このことを受け、委員からは、非常に努力をされたものと評価するとの発言がなされました。 

松阪市議会 2013-03-05 03月05日-05号

平成年度からの全国競輪場競輪場以外の年間利用者数推移を見ると、本場入場者数は年々減少しておりますけれども、本場以外、すなわち場間場外場外車券売り場電話投票利用者は年々増加をしております。こうした年間利用者推移は、松阪競輪あり方検討委員会でも把握されていたと思いますし、その対応策を早期に検討し、実施していれば、現在のような状況にはならなかったと思います。

松阪市議会 2012-12-14 12月14日-06号

対策はあるのか」との質疑に対し、「松阪競輪では電話投票売り上げが1億円ずつ伸びている。ホームページのリニューアルやフェイスブック活用等も含め、電話投票売り上げを伸ばしていくことを考えている。また、包括民間委託は基本的には経費の削減が主であり、今回の再生による抜本的な方策に期待している」との答弁。 

津市議会 2011-12-05 12月05日-02号

競艇事業部長村田孝憲君) いろいろと御指摘いただいたわけでございますけれども、やはり本場へ来ていただくということが一番大事でありますので、やはり電話投票をしていただくとか、本場へ来るように、こちらのほうもPRをこれからも努めていきたいと考えております。 ◆19番(岡幸男君) のみ行為のほうは警察に任せて、協力していっていただきたいと思います。 

松阪市議会 2011-09-27 09月27日-03号

歳入でございますが、款1事業収入、項1事業収入、目2勝者投票券売上金3億7200万円の追加は、普通競輪臨時場外売上げ見込みの増のほか、本場川越場外電話投票臨時場外での売り上げ組み替えでございます。 続きまして、款4繰越金1億5030万7000円の追加は、前年度繰越金の確定に伴いまして、予算計上分の全額を計上させていただくものでございます。 10ページ、11ページをお願いいたします。

津市議会 2011-09-05 09月05日-02号

平成23年度は、この外向発売所を当初予算の段階では10月からのオープンとし、半年間の発売見込みましたこと、またG1レースつつじ賞のほか、G2レースであるモーターボート大賞開催で、場内及び電話投票並びに場外委託、さらには場外受託を合わせた売り上げは、平成22年度予算現額で248億円に対し、平成23年度は271億円で23億円の増を見込んでおります。