111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

四日市市議会 2019-11-05 令和元年11月定例月議会(第5日) 本文

本市では現在、電子黒板型の大型提示装置学習者用タブレットと連携する機能を持たせたプロジェクター型の大型提示装置学校規模に応じて各校に6台から16台、傾斜配備しております。  また、本市が導入しているプロジェクター型の大型提示装置には、先ほど申し上げましたが、学習者用タブレットと連携する機能を持たせており、タブレットは大型提示装置を通してインターネットにつながる仕組みになっております。  

鈴鹿市議会 2019-07-12 令和元年文教環境委員会( 7月12日)

また,普通教室及び特別教室に大型提示装置として据えつけ型または可搬型のプロジェクターあるいはパネル型の電子黒板,実物投影機は,小学校は普通教室及び特別教室に,中学校は各学校に3台の配備を計画しております。あわせて無線通信環境を整備することにより,各教室においてさまざまな授業展開が可能となります。  具体的に,各教室では,スライド20のようなことができるようになります。

鈴鹿市議会 2019-06-21 令和元年 6月定例議会(第4日 6月21日)

本市の整備状況につきましては,文部科学省平成29年度に平成30年3月現在の調査をしており,その際の数値でございますが,教育コンピューター1台当たりの児童生徒数は12.7人,教員コンピューター整備率は78.3%,普通教室電子黒板整備率は13.2%,統合型校務支援システム整備率はゼロ%,普通教室のLAN整備率は52.7%などとなっております。  

菰野町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目 6月13日)

次に、電子黒板、映していただけますか。  これは、先生用、子ども用のデジタル教科書を映すものです。将来の黒板を補完するものです。  岐阜県では、デジタル教材などが活用できる電子黒板の設置を決めています。電子黒板はホワイトボードに映像を映すプロジェクター型で、デジタル版の教科書を表示し、数学や物理のグラフを動画のように変化させたり、国語文法問題をゲーム形式で解かせたりできます。

四日市市議会 2019-06-04 令和元年6月定例月議会(第4日) 本文

電子黒板、プロジェクターの準備、そして、タブレット端末の充電などをこのアシスタントが行うことで、教員がスムーズに授業を行うことができるものと考えております。機器のトラブルが発生した場合には、業者を派遣する体制をとっております。  また、地域人材の活用についてご質問をいただきました。  

鈴鹿市議会 2019-02-28 平成31年 2月定例議会(第2日 2月28日)

全ての普通教室にプロジェクターまたは電子黒板,そして普通教室に先生のパソコン,小学校にはさらに実物投影機,普通教室で1人1台を使って授業ができる環境や無線LANの整備,これらが求められております。  今,鈴鹿市の現状は,ステージ3どころか,今,そこのステージ1の横に書いてあります,赤く書いてあるところが鈴鹿市の現状でございます。この部分をよくよく御理解いただきたいと思っております。  

いなべ市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第1日 2月21日)

電子黒板とタブレットパソコンを活用したICT教育を充実させ、児童が興味を持ち、参加しやすい授業を目指します。  また、義務教育の9年間を見通した「小中一貫教育」を推進し、教職員の交流を活性化します。  員弁東保育園の新園舎が完成し、1歳から3歳までの乳児にも対応した保育が始まります。

四日市市議会 2019-02-02 平成31年2月定例月議会(第2日) 本文

また、近年においては、電子黒板の配備であったり、英語学習の先進的な取り組みも進められておりますが、しかしです。  教育とは、単に学問を修め、知識をふやし、テストの点数を上げるためのものではないはずです。  多くの保護者は、子供学力向上を願っていますが、同時に人としてすばらしい成長を子供に期待しているものであります。  

四日市市議会 2019-02-01 平成31年2月定例月議会(第1日) 本文

また、電子黒板機能つきプロジェクターを全小学校の各学年1台ずつ使えるよう拡大配備し、ICTを活用した学習環境を整備し、効果的な活用を促す取り組みを進めてまいります。  児童生徒のさまざまな悩みに対する支援としては、スクールカウンセラー等における相談体制の強化を図ってまいります。  

鈴鹿市議会 2018-08-17 平成30年全員協議会( 8月17日)

もちろん,現在も電子黒板は全クラスに設置されていました。  社会教育施設の区域には,貸し館としてのホールや会議室,調理室があり,何より驚かされたのは,地下の温水プールでした。プールの床面が上下し,利用年代の身長に合わせ調整されるとのことでした。このプール小学校児童も冬に数回利用できると聞きました。  

鈴鹿市議会 2018-08-03 平成30年文教環境委員会( 8月 3日)

それと,台東区ですけど,やはり鈴鹿市とは全く違って,地形,地物,気象環境,全部違いますので,比較するのもなんでございますけれども,ただ古くから教育の水準といいますか,各教室電子黒板とかいろんなものを含めて違うなというふうなこと,先進地という感じで,教育について思いました。  それから,温水プールとかいろいろございましたけれども,やはりよく考えられた施設であったなと,かように思います。  

いなべ市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2日 6月 7日)

十社小学校研究成果に基づきまして、本年度から市内全ての小学校の全ての学級電子黒板を導入するとともに、小学校五、六年生にはタブレットパソコンを1人1台配布、そして4年生以下では、学級児童数分配布する形で、電子黒板とタブレットをうまく効果的に活用して、教育的な効果を上げていこうという、まさにいなべ市の特徴ある教育の取り組みだと考えております。  

いなべ市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日 3月 2日)

要は、ICTを利用しますと、今までは、皆さん、一斉教室で一斉に先生が一斉に言い、それを生徒が学ぶという姿勢でしたが、電子黒板とかアイパッドとかそういうものを加えることによって、理解度とか興味とか個別に合った教育が別々に可能になってきます。家庭に持ち帰って、予習、復習がクラウドでできるような、インターネット回線を利用して、家で予習、復習ができるような環境が最終的には目標です。

鈴鹿市議会 2018-02-08 平成30年文教環境委員会( 2月 8日)

今後の予定といたしましては,学校現場への整備実施は1年先の平成31年度からとなりますが,現在,全体計画として想定しております整備内容の全普通教室へ拡大提示可能な電子黒板機能つきプロジェクターや,パソコン教室児童生徒用パソコンやサーバーの再整備,デジタル教科書の導入などにつきましても,整備内容の妥当性の検討や第三者評価を平成30年度に行い,順次計画的に進めていくことを考えています。