44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

その北側につきましては、関宿伝統的建造物保存地区を配慮しながら接続します国道1号バイパスとの事業進捗調整を、国や県と事業調整会議を設置し、検討を進めていると伺っております。 ○議長小坂直親君)  前田議員。 ○15番(前田 稔君)(登壇)  そうしますと、次に聞こうと思っていましたんですけど、その国道号バイパス、これが県道四日市関線にアクセスする計画になっていますよね。

亀山市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第4日 9月 7日)

亀山バイパスができたときに、なぜバイパスができやんのやと歯ぎしりしました。鈴鹿峠バイパスが今から三、四十年前に完成し、亀山バイパス今井市長さんのときに完成し、バイパスは5.7キロ、その間、用地買収は1.1キロなされました。にもかかわらず、いまだに現道、バイパス号バイパスが完成できないのはどういうわけですか。  また、フラワー道路もそうです。  

亀山市議会 2017-03-21 平成29年予算決算委員会( 3月21日)

具体的には、新名神亀山区間2,400メーター、それから西丸関線野村布気線でございますけど、これを2,000メーター和賀白川線600メーター、それからバイパス事業化区間2,500メーターと、現在あくまでも事業化されているものを目標として入れて7,500メーター整備延長の増を割ると70.0%という数字が出てまいります。以上です。 ○前田耕一委員長  宮崎委員

亀山市議会 2013-03-15 平成25年産業建設委員会( 3月15日)

だから、1号線バイパスバイパスができるとかなり大きく変わってくるんやけど、そんな話はキャッチしておるのか。中勢バイパスが行き詰まった予算を、1号線へことしは回るだろうという話を県から地元へおろして話があったということについて、どの程度キャッチしてみえるのか、ちょっとお伺いいたしたいと思います。 ○前田耕一委員長  三谷部長。 ○三谷建設部長  申しわけありません。

亀山市議会 2012-12-11 平成24年12月定例会(第3日12月11日)

次に、未着手県決定路線は5路線で、井田川町から関町新所までの国道1号線、長明寺町から田村町までの長明寺鈴鹿線、太岡寺町から関町沓掛までの国道1号バイパス、関町会下から関町木崎までの四日市関線バイパス、関町会下から関町鷲山までの四日市関線です。  未着手市決定のものは3路線で、布気町内の布気白木線、関町木崎から関町新所までの木崎新所線、関町木崎から関町鷲山までの木崎鷲山線です。  

亀山市議会 2012-11-29 平成24年12月定例会(第1日11月29日)

一方、今月5日、6日の両日に、新名神高速道路三重区間国道1号バイパス、名阪国道及び国道25号、鈴鹿亀山道路国道306号の事業促進を図るため、国会議員、並びに国及び県の関係機関等に対し、関係自治体と連携しつつ、各同盟会を通じた要望活動を行い、早期整備必要性等について働きかけを行いました。  

鈴鹿市議会 2012-09-18 平成24年予算決算委員会産業建設分科会( 9月18日)

同盟会としましては鈴鹿亀山道路建設促進期成同盟会負担金として30万4,000円,一般国道1号,バイパス建設促進期成同盟会負担金としまして2万5,000円,国道306号整備促進同盟会会費としまして3万8,000円,鈴鹿中央線延伸バイパス道路整備促進期成同盟会負担金といたしまして7万5,000円,新名神高速道路三重区間建設促進期成同盟会会費として19万円,東海環状地域整備推進協議会分担金としまして1

亀山市議会 2010-06-18 平成22年 6月定例会(第4日 6月18日)

1番目に、亀山バイパスの4車線化、2番目にバイパス進捗状況、3番目に県道整備、306号、25号、駅前高塚線、ちょっと間違ったんですけれども、県道白木西町線、またその他各道路における危険箇所の確認及び今後の整備についてお伺いしたいと思います。  なお、県道においてもう一つ追加したいんですけれども、県道亀山城跡上野線整備状況等々もよろしくお願いしたいと思います。

亀山市議会 2010-03-11 平成22年 3月定例会(第3日 3月11日)

かつ、その両市・町だけでなく、この新名神がいよいよトンネル工事に取りかかる、あるいはバイパスにおきましてもいろんな事業が進められた。この周辺環境も含めて大変追い風の中で進められたことだろうと思います。  ゆえに、それぞれの市・町が抱えておりました懸案事項新市まちづくり計画の中に思い切り盛り込みまして、それを、手続を経て総合計画化された、それが一つの大きなベースであったろうと思います。  

亀山市議会 2010-02-26 平成22年 3月定例会(第1日 2月26日)

また、政権交代の影響などにより、国の新年度道路予算の2割削減や新規事業の原則不採択が示され、事業の実施が厳しい状況ではありますが、国道1号のバイパス延伸亀山バイパスの4車線化などについては、地域活性化に大きく寄与する道路網であることから、国などに対して早期整備働きかけを行います。  

亀山市議会 2009-03-13 平成21年 3月定例会(第4日 3月13日)

それから、県議会時代に25号線と306号、バイパス等のいろんな努力もしていただいたと思うんですけれども、これを国・県に強く働きかけますというようなことを、すぐやるというようなことを言うていますけれども、県議会のときにどんな仕事をしてみえたのか、一回聞かせていただきたい。  以上のことで確認します。以上です。 ○議長小坂直親君)  21番 櫻井清蔵議員の質問に対する答弁を求めます。  

桑名市議会 2008-09-18 平成20年建設企業常任委員会 本文 開催日:2008-09-18

ですから、この伊勢大橋の架け替えの件、それから、国道258号の4車線化事業、それから、北勢バイパス、それから、バイパス等の事業を担当しておりまして、今現在、聞くところによりますと、重点化しておるのは北勢バイパスバイパス、亀山市のほうのバイパスこちらのほうを重点化しておるということで、なかなか伊勢大橋とか国道258号のほうにまだまだ注目してもらっていないのが現状でございます。

亀山市議会 2008-03-13 平成20年 3月定例会(第4日 3月13日)

現在、事業を進めていただいている国道1号バイパスまた県道四日市関線亀山関線国道25号、これはさらに早期の完成をお願いし、また国道1号の亀山バイパスの4車線化、あるいはバイパス坂下地区への延伸県道鈴鹿関線の改良など、まだ事業化していただいていない部分につきましては、これから国土交通省や県に事業化を訴えてまいりたいと考えております。  

亀山市議会 2008-03-12 平成20年 3月定例会(第3日 3月12日)

この道路に、東名阪から伊勢自動車道への直結線や、それから国道1号線のバイパス工事が始まりましたときに、柱脚工事のために、生コン車が1日に何百台も通りますよというふうな話になりました。このために、地元との話の中で踏切を改修して拡幅してほしいということになりました。現在は、幅員9メートルとして踏切改修工事は終わりました。