7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鈴鹿市議会 2019-03-08 平成31年予算決算委員会産業建設分科会( 3月 8日)

続きまして,第4節都市計画,街路事業債4,690万円の減額でございます。こちらにつきましては,歳出にて御説明申し上げました地方道路整備事業費減額に伴う財源補正でございます。  次に,7ページをごらんください。  第2表繰越明許費補正といたしまして,款土木費項道路橋りょう費事業名道路新設改良事業,金額7,000万円でございます。  資料番号整備-11から整備-13をごらんください。

鈴鹿市議会 2018-03-12 平成30年予算決算委員会産業建設分科会( 3月12日)

第4節都市計画,街路事業債1,850万円の減額でございます。こちらにつきましては,歳出にて御説明申し上げました地方道路整備事業費減額に伴う財源補正でございます。  次に,繰越明許費でございます。7ページをお開きください。第2表繰越明許費補正,上から5番目の款土木費項都市計画費街路整備事業5,300万円でございます。内訳は汲川原橋徳田線(庄野・国府区間)でございます。

鈴鹿市議会 2017-03-10 平成29年予算決算委員会産業建設分科会( 3月10日)

第4節都市計画,街路事業債1億7,320万円のうち,道路整備課所管分は1億6,880万円でございます。こちらにつきましては,歳出にて御説明申し上げました地方道路整備事業費減額に伴う財源補正でございます。この起債充当率国費当初配分事業については90%,国費補正配分事業については100%でございます。  次に,繰越明許費でございます。7ページをお開きください。  

鈴鹿市議会 2016-03-09 平成28年予算決算委員会産業建設分科会( 3月 9日)

第21款市債の左側の第4目土木費市債の第4節の都市計画でございますが,2,220万円の減額を計上しております。  これは,白子駅前広場整備事業の今年度国庫補助金が当初予算に対して減額となったことに伴います減額と,公園施設整備事業にかかる記載計画の内容の変更に伴う減額補正でございます。歳入は以上でございます。  続きまして繰越明許費でございますが,戻りまして7ページをお開きください。

鈴鹿市議会 2015-03-10 平成27年予算決算委員会産業建設分科会( 3月10日)

目の欄の3の土木費市債の節の4の都市計画補正額9,580万円の減額のうちの白子駅前広場整備事業の8,120万円の減額市街地整備課計上分でございます。これも歳出で説明させていただきましたように,今年度国庫補助金が当初予算に対して減額交付となったことに伴います整合のための減額補正でございます。  続きまして繰越明許費でございますが,ページを戻りまして12ページの第2表でございます。

鈴鹿市議会 1997-09-04 平成 9年 9月定例会(第1日 9月 4日)

42ページの市債は、農業費市債から都市計画に至る各事業費変更に伴いますそれぞれの事業債及び臨時税収補てん債補正しようとするものでございます。  次に44ページからの歳出の主なものについてご説明を申し上げます。まず総務費でございますが、別館第2の庁舎の狭隘を解消しようとする施設整備費のほか、財政調整基金をはじめとする基金積立金などを計上いたしております。

  • 1