8255件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-02-25 令和 3年教育民生常任委員会( 2月25日)

税率等の引上げに伴い、1ページの第3条から3ページの第12条までは、医療給付費分後期高齢者支援金分及び介護納付金分税率変更に係る改正で、変更部分に下線を付しています。また、3ページから6ページまでの第26条では、税率を上げることにより減額制度による軽減額も変わってくるため、7割軽減、5割軽減、2割軽減それぞれの額を変更しています。

伊賀市議会 2021-02-25 令和 3年総務常任委員会( 2月25日)

第1段階としては住民記録システムであるとか、第2段階、第3段階と順次2025年度までに移行をしていくというふうな部分もあります。そういった部分も含めて、この情報システム管理係で行っていくというふうになります。当然、市民向け情報の、何というのかな、政策的な部分というのは、はっきり申し上げましてこれまではそんなにできてはいませんでした。

伊賀市議会 2021-02-19 令和 3年第 1回定例会(第3日 2月19日)

そうじゃなくて、唯一無二部分、市長の冒頭の御答弁でもありましたように、唯一無二部分をもう少し深めてみる必要がある。それが農産物であるのか加工品なのかサービスのものなのか歴史的遺産なのか、それを光を当ててみたときに、例えば食という切り口もあるんだろうし観光という切り口もあるんだろうし健康という切り口もあるんだろうと私は思ってるの。  

伊賀市議会 2021-02-18 令和 3年第 1回定例会(第2日 2月18日)

があるということをもって、私は闇のような部分が従前あったというふうに申し上げているわけでありますし、今議員がこの課題を提議されたということは、しっかりとその辺のところはよい方向に持っていこうよねということで提議をしていただいたというふうに理解をしていますので、これから皆さんとともにそうした部分も改めるところがあれば、しっかりと根拠を持って改めていく努力をみんなでしていくことが大事ではないか、それがなければ

亀山市議会 2021-02-15 令和 3年第1回臨時会(第1日 2月15日)

鈴木議員が最初におっしゃっていた12月の補正予算で可決いただいた分ですけれども、大部分が先ほど申し上げた接種券を印刷するシステム修正費でございます。もうこのシステム修正はほぼ終了しております。今からそのシステムを使って接種券を印刷して、65歳以上の高齢者に郵送にかかってまいります。

鈴鹿市議会 2021-02-10 令和 3年総務委員会( 2月10日)

藤浪委員  実際に最新のということで見させていただきまして,やっぱり安全部分にも大変気を遣って管理しているのかなと思います。今後も亀山市との共同という形で,委員長が言われたように使わないにこしたことはないんですけれども,必要な設備ですので,またこれからもしっかりと我々も確認をしていきたいと思います。  以上です。 ○宮本委員長  ありがとうございます。矢野委員お願いします。

鈴鹿市議会 2021-02-09 令和 3年全員協議会( 2月 9日)

小林保険年金課長  まず,金額につきまして1,200円を算出しました根拠といたしましては,全体の令和3年度賦課額を試算する上で,歳入と歳出のバランスを見ましたところ,歳入額が上回るという見込みが立ちましたので,その歳入額を上回る部分について検討しまして,減額分をシミュレーションいたしまして,細かく刻んで幾らぐらいの影響があるかということを見ていきました。

鈴鹿市議会 2021-01-22 令和 3年文教環境委員会( 1月22日)

ですので,ちょっとこの部分の手直しがしたいなとか,それから教材研究をもう少しここで進めておけばよかったなといったようなことが,職場までわざわざ出向かなくても,自宅で作業をすることができるようになったんです。  ですので,校長に一言言って持って帰ってはくれますけれども,そういう意味でも,非常に職員からの評判はよくて,こうして外でも仕事ができるようになったことは非常にありがたい。

鈴鹿市議会 2021-01-08 令和 3年産業建設委員会( 1月 8日)

後の修理等については,これはもうこれで技術的に完結してる部分でしょうから,特に問題はないかと思いますけども。  以上です。 ○中村委員  一番感じたのは,インジェクターか,輪ゴムで押しとったけど,あんな昔のやり方ではあかんさ。やっぱり機械で注入するようなメカニックに変えやなあかんのちゃう。あんな昔の輪ゴムでさ,押しとるなんてあんなんないと思うけどな。

志摩市議会 2020-12-25 令和 2年議会運営委員会(12月25日)

ちょっとその部分については、なかなかううまく伝えられないところがあるんですが。  本来は、今、委員長が言われたように、議会改革特別委員会の中で差し戻しして、もう一度、再度、皆さん意見を聞いて、やり直すという方法もあるのではないかというふうには思います。 ○委員長山下 弘) 金子委員

志摩市議会 2020-12-25 令和 2年議会運営委員会(12月25日 2)

委員金子研世) 詳細に記載することは、私は大賛成なんですけど、逆に、詳細に記載した、通告したことによって、逆に、僕、答弁がおかしい部分があるような一般質問が今回、見受けられたんですよ。もちろん、僕も含めてなんですけど。そこら辺は、何か議会事務局長、感じたこととかなかったですか。 ○委員長山下 弘) 議会事務局長

伊賀市議会 2020-12-24 令和 2年第 6回定例会(第5日12月24日)

さらにまた委員から、受給者や家族へのセーフティーネットについてどう思われるのかとの質疑に対し、当局から、福祉へのニーズは複雑かつ多様化してきており、行政はまだそれに追いついていない部分がある。今後は、国・県の補助金メニューを最大限活用しながら検討していきたいとの答弁がありました。  そのほか、受給者の中での日常生活自立支援事業対象者について質疑がありました。  

津市議会 2020-12-23 12月23日-05号

その委託先使途につきましては、どうあるべきかという委託業務としての視点からは、そういうことでどのように使途がなされているか、どのように活用されているかという部分については確認をさせていただいていない、通常どおりでございますが、ほかの全体を捉まえて…… ◆29番(川口和雄君) それは要らないの。環境パトロール事業のことを聞いておるんだよ。委託業務委託業務、そんなのどうでもいいんだよ。