513件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2019-03-14 平成31年予算決算常任委員会( 3月14日)

あと、省力化とか近代化とか、迅速化を進める上でも、一番現況図データや家屋現況図データ等の更新も行いながら、適正に課税業務の合理化の推進を図るということが目的でございますので、金額の御指摘がありましたけれども、必要な業務と考えております。以上です。 ○委員長(西﨑甚吾) それでは、以上で終わります。  引き続き、第2款、総務費についての質疑を行います。  上村委員。

亀山市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第1日 2月25日)

また、歴史博物館につきましては、春の企画展として、古代から近代にかけての印刷技術や印刷物に関する展示を、秋の企画展では、明治時代の亀山の武家に関する展示を行うほか、改元に関する常設展示を計画しております。  さらに、学校との連携事業では、小学校を会場とした移動展示を行い、子供たちが地元の歴史や文化を学ぶ機会づくりを進めてまいります。  

伊賀市議会 2018-09-28 平成30年第 4回定例会(第7日 9月28日)

旧城下町の都市景観と、この南庁舎などの近代建築群を活用して、町なかへ人を誘導する施策を一刻も早く進めてほしいと言っているのです。  そうした市民の思い、市民負担を軽減できるこの時期に取り組むために、私は、この原案に賛成させていただきます。 ○議長(岩田佐俊君)  中谷議員。 ○18番(中谷一彦君)  議案第109号、一般会計補正予算(第4号)については、反対の立場で討論させてもらいます。  

桑名市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2018-09-18

次に、農業振興費4,467万420円中、農業経営近代化促進事業費38万1,740円につきましては、農業機器の購入等を目的に農業経営近代化資金を借り入れた認定農業者に対し利子補給をしたものでございます。  有害鳥獣対策事業費2,120万6,839円は、有害鳥獣捕獲の委託や獣害防止柵の購入、猿の追い払いに使用する花火等に要した経費でございます。

桑名市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-09-10

そのほかには平成29年度に全国近代化遺産連絡協議会桑名大会でのシンポジウムの開催や、平成30年度には第60回近畿・東海・北陸ブロック民俗芸能大会の開催を予定するなど、幅広く市民の皆さんに文化や芸術などに親しんでいただく場の提供に努めております。  そこで、文化施策関連の予算でございますが、厳しい財政状況の中、今年度と同程度の事業が実施できるように努めてまいりたいと考えております。  

亀山市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第4日 9月 7日)

○生活文化部次長兼関支所長(嶋村明彦君)(登壇)  まず、今回、関の山車会館として整備をいたしますのは、旧三谷家と申しまして、関宿で近代になって産業として興っていた関万古という焼き物の創業者のおうちでございます。

四日市市議会 2018-08-01 平成30年8月定例月議会(第3日) 本文

展示では四日市市立博物館が近世の時代までを展示し、近代以降の時代は四日市公害と環境未来館が展示しておるわけでございます。しかし、産業や公害以外の近現代史、例えば地域の風習や伊勢湾台風等の自然災害等に関して資料収集や調査研究等の必要が生じた場合、近現代史だからといって四日市公害と環境未来館の職員が担当するのですか。

桑名市議会 2018-03-14 平成30年都市経済常任委員会 本文 開催日:2018-03-14

次に、目3.農林水産業振興費、説明欄、農業振興費110万6,000円の減額のうち、農業経営近代化促進事業費65万6,000円の減額につきましては、農業経営近代化資金利子補給経費の実績によるものでございます。アイリスパークみぞの管理運営費45万円の減額につきましては、雇用賃金執行見込み額の精査及び電気使用料の節約によるものでございます。  

伊賀市議会 2018-03-07 平成30年第 1回定例会(第4日 3月 7日)

そして鶴岡八幡宮境内の旧神奈川県立近代美術館、伊賀市役所と同じ設計者の坂倉準三による設計で、日本で初めてできた公立の近代美術館です。  こうした場所とともに、伊賀上野城下町の文化的景観が旧城下町の都市景観にあわせた近代建築群の代表例として選ばれました。そして2月10日には、この選定を記念してシンポジウムが開かれました。同僚議員の質問にもありましたように、このシンポジウムは市民団体が主催しました。

伊賀市議会 2018-03-05 平成30年第 1回定例会(第2日 3月 5日)

史跡上野城とその城下町周辺の近代建築郡が日本の20世紀遺産20選に選ばれたわけでございます。選定理由としては、旧城下町の都市景観に合わせた近現代建築群の代表例となっておりまして、都市景観と江戸、明治、大正、昭和の建物が調和していることが評価されたところであります。  

伊勢市議会 2018-03-05 伊勢市 平成30年  3月 定例会-03月05日−02号

まず、賓日館の市文化行政に対する役割についての認識でございますが、賓日館は、明治期から昭和前期にかけての建築技術や意匠の進展をよく示している大規模な近代和風建築として高い評価を有しております。本市の近代史を伝える上で、名勝二見浦のみならず、伊勢市を代表する歴史的建造物として、本市の文化行政における象徴的存在であると認識しております。  

伊賀市議会 2018-02-27 平成30年第 1回定例会(第1日 2月27日)

昨年12月8日ユネスコの世界文化遺産に関する諮問機関であるイコモスの日本イコモス国内委員会において、日本の20世紀遺産20選の1つに伝統と20世紀遺産の対比・融合として、伊賀上野城下町の文化的景観旧城下町の都市景観にあわせた近代建築群の代表例が選定されました。これは世界に通じる伊賀の宝が1つふえたことで大変誇らしいことであります。  

伊勢市議会 2017-12-13 伊勢市 平成29年 12月 定例会-12月13日−03号

これは、和菓子製造を行っております株式会社赤福から、工場施設の近代化及び自然災害による被災リスクの低減を目的とした移転のため、平成28年1月4日に土地の取得の申し出があり、申し出者及び当市において立地条件に必要な調査を行った結果、申し出者の条件に合致しましたので、平成29年11月24日に売買契約の仮契約を行ったものでございます。  

菰野町議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2日目12月11日)

その後、「農業振興地域の整備に関する法律」が制定され、昭和40年代後半から労働生産性の向上・生産種目の選択拡大など、近代農業への転換を目指し、町内各地で圃場整備事業が実施され、現在では菰野町らしいすばらしい田園風景を見ることができます。  しかし、最初の事業から50年以上経過し、水路やバルブ、埋設管などの老朽化が進んでいる箇所が見られます。  

松阪市議会 2017-12-08 松阪市 平成29年 11月 定例会(第5回)-12月08日−05号

例を挙げてみますと、「軍隊と兵士」というパネルでは、近代日本の軍隊は、国民の軍隊ではなく、天皇の軍隊であった。兵士の命は無視され、犠牲を大きくした。「軍人勅諭」というパネルでは、日本の軍隊は天皇の軍隊である。天皇に忠誠を尽くすのが軍人精神の第一であると説かれていた。「大日本帝国憲法」のパネルでは、天皇が絶対的な権利を持っていた。議会は天皇の権利を少ししか制限できなかった。

伊賀市議会 2017-12-07 平成29年第 6回定例会(第2日12月 7日)

近代農業の若者の負担ですが、今もうかる農業をするにはまず機械、設備の投資をしないと農業を始められないのが現状です。例えば利益を出す農業経営を1からするとなれば、お米をつくろうとすると、農舎、機械、一式そろえると3,000万円以上はかかりますし、園芸作物であればハウスや設備に2,000万円以上かかります。お茶の設備をつくるのであれば今は1億円の先行投資が必要になってきます。  

志摩市議会 2017-12-01 平成29年第4回定例会(第1号12月 1日)

続きまして、農業経営近代化資金利子補給金(平成29年)につきましては、新たに利子補給の対象者が発生したため、債務負担行為の追加補正を行うものであります。  続きまして、磯部小学校に通学する児童の送迎業務につきまして、平成30年4月から業務を開始するため、今年度中に契約を締結することから、債務負担行為の追加補正を行うものであります。  

桑名市議会 2017-09-20 平成29年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2017-09-20

次に、備考欄、農業振興費7,715万1,278円中、農業経営基盤強化資金利子補給金8,400円につきましては、農地の取得等を目的に農業経営近代化資金を借り入れた認定農業者に対し利子補給をしたものでございます。財源につきましては、農業経営基盤強化資金利子補給補助金4,200円でございます。