15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伊賀市議会 2017-12-07 平成29年第 6回定例会(第2日12月 7日)

そして経営改善に関する5年後の目標とその達成に向けた方策を内容とする農業経営改善計画書を作成し、市町村に提出します。市町村計画内容基本構想に照らして適当であると認めた場合に計画認定を行い、その認定を受けた農業者認定農業者になります。認定農業者になるのも、なかなか一苦労です。計画計画どおり遂行するのも大変です。融資を受けるのも大変、融資を受けてからも大変。

いなべ市議会 2015-03-04 平成27年第1回定例会(第3日 3月 4日)

農林商工部長(川瀬 勉君)  認定農業者は、専業の農業経営者として頑張っていこうという農業者を幅広く育成するために設けられた制度で、みずから経営改善に取り組むやる気能力のある農業者が、みずから農業経営改善計画を作成し、その計画をいなべ市農業経営基盤強化促進に関する基本的な構想に照らして認定をする制度ということでございます。  

伊賀市議会 2011-09-15 平成23年決算常任委員会( 9月15日)

細目番号288の農業振興地域整備計画促進事業では17万6,969円を、細目番号290の地域農政推進対策事業222万9,967円を支出し、農業経営基盤強化促進協議会開催によります農業経営改善計画協議認定農業者対象とした経営改善目的とする研修会開催いたしました。  270、271ページをお開きください。

伊賀市議会 2008-09-11 平成20年第9回定例会(第5日 9月11日)

これにつきまして、農業経営改善計画というのをそれぞれのいわゆる担い手皆さんにご提出をいただいて、それが、その計画がこのいわゆる構想とマッチングしていたら認定農業者として認定していきましょうと、こういう制度になっているわけでございます。したがいまして、このいわゆる構想の中では、一つ目標というのを定めております。

伊賀市議会 2006-12-12 平成18年第7回定例会(第3日12月12日)

主なものといたしましては今言わせていただいたものでございますが、もう一つは、農業経営基盤強化促進委員会の審議につきまして主なものといたしましては、地域農業者申請によります農業経営改善計画の審査であります。これが主な取り組み状況でございます。  また、ご質問農業委員さんへの研修と指導でございますが、農地部会終了後でございますが、適時ではありますが、課題事項を提案し、勉強会を実施しております。  

名張市議会 2006-02-27 02月27日-02号

農業経営改善計画に基づいて取り組んでおられております、努力されておられます。その中で、どんな状況ですかねとお聞きしましたが、なかなか厳しい状況を聞きました。さらに、担当者から聞きますと、現在認定農業者皆さん年齢が、20代、30代の方もおられますが、その多くは50代、中には60から70代の方も頑張っておられます。後継者づくりがまさに重要な課題となっております。 

名張市議会 2006-02-27 02月27日-02号

農業経営改善計画に基づいて取り組んでおられております、努力されておられます。その中で、どんな状況ですかねとお聞きしましたが、なかなか厳しい状況を聞きました。さらに、担当者から聞きますと、現在認定農業者皆さん年齢が、20代、30代の方もおられますが、その多くは50代、中には60から70代の方も頑張っておられます。後継者づくりがまさに重要な課題となっております。 

桑名市議会 2005-09-22 平成17年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2005-09-22

まず、Iの農業施策のうち、1の認定農業者制度につきましては、平成5年に制定されました農業経営基盤強化促進法によりまして、農業者みずからが経営改善に取り組み、やる気能力のある農業経営スペシャリストを目指しまして、農業者みずからが農業経営改善計画を作成し、その計画内容が、市が作成いたしました農業経営基盤強化促進に関する基本構想に照らしまして、適正であると認められた場合には認定農業者として認定し、

津市議会 1995-12-12 12月12日-03号

次に、認定農家になぜ減反義務を負わすのかという御質問でございますが、御所見にもありましたように、認定農業者制度、これは農業経営担い手が少なくなってきて、その確保が深刻な状況の今、将来に向けて効率的、安定的な農業経営の確立を目指そうとする方の農業経営改善計画市町村地域における将来の担い手として認定をいたしまして、この方々に対して支援措置を講じていくというものでございます。 

津市議会 1995-09-19 09月19日-03号

質問の2点目の認定農業者制度のメリットについてでございますが、認定農業者になりますと、専門家による農業経営改善計画の実現に向けたアドバイスや簿記記帳などの研修会が受けられ、経営管理合理化が図られるほか、農地の優先的な集積が配慮されたり、必要な資金の融資や税制の優遇措置対象にもなるわけでございます。

  • 1