5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

松阪市議会 2019-03-06 03月06日-05号

昨年、土地改良法の一部が改正され、事業に対する費用負担受益者かわり国負担することにより、未整備地区農地整備がより進むように新たな農地中間管理機構関連農地整備事業が創設されております。この事業が創設されたことを受け、市内5地区から事業内容についての説明会開催要望をいただき、実施したところでございます。 

菰野町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日目12月11日)

また、農業用用排水路整備に当たりましては、さまざまほかにも事業がございまして、受益地のすべてに農地中間管理事業による賃貸借使用貸借設定受益面積10ヘクタール以上などの厳しい要件がある農地中間管理機構関連農地整備事業につきましては、この中山間地域では農地高低差があることから、なかなか受け手が限られまして、受益地のすべてに農地中間管理事業による賃貸借権使用貸借設定をすることが困難となっております

津市議会 2018-09-07 09月07日-05号

今の質問の中、また御答弁の中に、農地中間管理機構関連農地整備事業という言葉が出ておるわけでございます。あらかた私は理解しておるんですけれども、ちょっと端くれでもよろしいんで、説明をお願いしたいと思います。 ○議長(岡幸男君) 答弁を求めます。

亀山市議会 2017-12-13 平成29年12月定例会(第4日12月13日)

それから、農地中間管理機構関連農地整備事業これは平成30年新規事業ですけれども、これは農地中間管理機構が借り入れる農地について、受益者負担はゼロというのがあります。これは10ヘクタールを基本とすると。それからもう一つ、団体営農業基盤整備促進事業、これは国の補助率が50%で、地元の負担が50%、基本的に中山間地域においては55対45と。

  • 1