運営者 Bitlet 姉妹サービス
347件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 志摩市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月 7日) その内容としましては、レジ袋有料化の義務化、それから、発展途上国へのノウハウを輸出、スクラブ製品の一次マイクロプラスチックの削減を徹底、バイオマスプラスチックの利用促進を図り、2030年までに約200万トンを導入、2030年までにプラスチック製容器包装の6割を再資源化、または再利用する。2035年までに全ての使用済みプラスチックを100%有効利用するというものでございます。   もっと読む
2018-09-21 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月21日) 現地の日本貿易振興機構で、農林水産食品担当の職員と面談いたしまして、食材輸出に係るバイヤーや仕入れ先、取り組みの仕組みなど、輸出に関する情報を入手させていただき、参加いただきました事業者にも後日、情報提供を行っております。以上です。 ○委員長(西﨑甚吾) 下村委員。 ○委員(下村卓也) ということは、志摩市の食材を売り込むような交渉は別段したわけではないということですか。 もっと読む
2018-09-14 桑名市議会 平成30年決算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2018-09-14 364 分科会委員(箕浦逸郎)  最後ですけど、毎回言っていると思うので言われると思っていると思いますけど、今回もいきいき調査もされていたり、いろんなデータをとられているので、実際に何がいいか何が悪いかというのが見えると方向性を打ち出しやすいので、また、それを日本中に輸出というか、展開できるので、何かそのデータが示せて発表できると各地にも波及するので、そういう もっと読む
2018-09-06 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月 6日) 三重県産真珠の輸出拡大に向けて、海外の宝飾バイヤーやインバウンド向け真珠体験ツアーを初め、真珠の魅力を伝える情報発信に取り組むこと等について、生産・加工・流通に携わる事業者、志摩市、南伊勢町及び三重県が一丸となって、国際競争力のある真珠産地を目指すということを宣言いたしました。   もっと読む
2018-06-11 志摩市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月11日) また、アジアでの日本産真珠の人気が高まっておりまして、2017年の日本の真珠輸出額は、リーマンショック後の2009年に比べて約2倍に増加しておるということでございます。   もっと読む
2018-06-08 いなべ市議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月 8日) ②どのような経過を経てきたのかでございますが、経緯として、平成18年6月ごろから、当該地におきまして、廃プラスチック類、リサイクルにおける輸出貿易販売業者テクノアート株式会社が、買い付けた廃プラスチックの出荷前保管ヤードとして使用しておりました。  平成20年夏ごろから市場の下落等により出荷がとまり、保存量が増大しました。   もっと読む
2018-06-01 四日市市議会 平成30年6月定例月議会(第4日) 本文 国土は小さいながら、世界第2位の輸出額を誇るオランダのスマートアグリという、ITで設備を集中管理する手法をこのときは学んだということです。   もっと読む
2018-03-22 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 3月22日) 主導は福井県が行って、その中でこの志摩市も何らかの産品を打って出たいというふうなお話だと思うんですが、これ、先ほどシンガポールでは伊勢えびが、向こうの食材としてターゲットに上がっているというふうにお聞かせいただいているんですが、これ単刀直入に聞きますが、本当に輸出できると思ってますか。あ、ごめんなさい、質問変えます。 もっと読む
2018-03-13 伊賀市議会 平成30年予算常任委員会( 3月13日) それは国が東京オリパラを見据えてとか、食材の提供を見据えてとか、これから海外に輸出をしていくんだということを見据えてそういうことを義務づけたわけですけど、研修の内容を見てたらオンラインでパソコンで簡単にできるものから、民間事業者とか自治体が研修会を開いてやるという、すごい幅広い簡単なものからかなり学べるというとこまであるんです。 もっと読む
2018-03-12 菰野町議会 平成30年第1回定例会(第3日目 3月12日) 近年、林業の情勢につきましては、アジアを中心とした木材需要の増加に伴い、国産材の輸出量が増加しておりますが、林業従事者は減少し、森林所有者の経営意欲は低い状況であります。  当町におきましても、森林管理の担い手が十分確保されていない状況であり、森林の持つ公益的機能の低下による山崩れの発生等が懸念されています。 もっと読む
2018-03-09 菰野町議会 平成30年第1回定例会(第2日目 3月 9日) 特に中国が針葉樹丸太の最大の輸出先となっており、健康志向の高まる韓国に向け、韓国向けに香りの強いヒノキも人気があります。  輸出が増加している要因として、日本製木材が割安であることが背景にあるとされており、輸出拡大は地域の活性化につながり、今後については、付加価値の高い製品を供給できるかが重要であるとされています。   もっと読む
2018-02-27 志摩市議会 平成30年第1回定例会(第1号 2月27日) 本当に向こうに行くとよくわかるのですけれども、デリバリーというか、配送の形が、いわば輸出というような形で考えたときに、イメージ的には、コンテナで運んでいくみたいなイメージがあるのですが、そうではなくて、本当に宅配便のこういう発泡スチロールを小分けで届けているというような形態でして、決して、量的に一気にどんというような輸出形態だけではないんだということも、ぜひ、そういった部分もいろんな関係の皆さんと話 もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会(第5日) 本文 全てアジアに向けて輸出されています。 もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会(第2日) 本文 1月22日に閣議決定されました、平成30年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度、これを見ますと、平成29年度の我が国の経済は、アベノミクスの推進により雇用・所得環境の改善が続く中で、緩やかに回復しているとした上で、海外経済が回復するもとで輸出や生産の持ち直しが続くとともに、個人消費や民間設備投資が持ち直すなど民需が改善し、経済の好環境が充実しつつあるというふうにされており、主要経済指標の平成29 もっと読む
2018-02-01 四日市市議会 平成30年2月定例月議会〔附録〕 <農業・福祉についての意見> ・障害者を受け入れる農業者の経営基盤の強化が重要であり、農作物の輸出等を視野に入れて、 農作物の国際基準であるグローバルGAPの取得を推進すべきである。 ・販路の確保が重要であり、小規模な農業であってもホテルや保育園給食などに農作物を卸した り、定期市や道の駅、北勢公設地方卸売市場等を通じて販売する仕組みを作る必要がある。 もっと読む
2017-10-04 桑名市議会 平成29年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2017-10-04 まず、平成28年度を振り返りますと、我が国の経済状況は、前半は海外経済の不透明感を背景に輸出や企業収益の足踏み、熊本地震や夏の台風による消費の落ち込みなど、一部に弱い動きが見られたものの、後半は海外経済の緩やかな回復を背景に輸出や生産が持ち直したことから企業収益は過去最高水準となり、雇用、所得環境の改善等を背景に消費者マインドも改善し、緩やかな回復基調が続きました。   もっと読む
2017-09-28 桑名市議会 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-09-28 まず、平成28年度を振り返りますと、我が国の経済状況は、前半は、海外経済の不透明感を背景に輸出や企業収益の足踏み、熊本地震や夏の台風による消費の落ち込みなど、一部弱い動きも見られましたものの、後半は、海外経済の緩やかな回復を背景に輸出や生産が持ち直したことから、企業収益は過去最高水準となり、雇用、所得環境の改善等を背景に消費者マインドも改善し、緩やかな回復基調が続きました。   もっと読む
2017-09-15 志摩市議会 平成29年予算・決算特別委員会( 9月15日) 農林水産物食品輸出促進対策事業のうちの輸出に取り組む事業者向け対策事業のうち、産地間連携等による輸出振興体制の構築を図る取り組みということで選定されております。  この御食つ国海外展開事業につきましては、福井県のほうが主となって動いていただいておりまして、福井県と兵庫県、それと、志摩市とこの3者が連携をして実施する事業ということになっております。   もっと読む
2017-09-14 松阪市議会 松阪市 平成29年  9月 決算調査特別委員会・文教経済分科会-09月14日−01号 松阪牛PR推進事業費300万円は、伊勢志摩サミットで世界の首脳や配偶者に松阪牛を提供するとともに、三重県と連携し、特産松阪牛を海外へ輸出いたしました。市長のトップセールスによるさらなるPRを行いました。 もっと読む
2017-09-06 桑名市議会 平成29年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2017-09-06 8月に内閣府から発表されました平成29年度年次経済財政報告によりますと、日本経済は、海外経済の緩やかな回復を背景に、輸出や生産が持ち直すなど企業部門を起点とした好循環が進展しており、緩やかな回復基調が続いている。一方、雇用情勢の改善が見られる中で、人手不足感はバブル期並みに高まっており、生産性の向上と多様な人材の労働参加をどのように図っていくかという課題がある。 もっと読む