6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

亀山市議会 2018-09-18 平成30年予算決算委員会( 9月18日)

また、平成29年度に行った事例でございますけれども、建造物屋根、もしくは柱であるとか基礎部分、こういった建造物にかかわる大規模修理、それから雨どいとかしっくいの剥離、また建具や格子戸、そういった部分的な修理及び修景を行ったものが主でございます。 ○中村嘉孝委員長  新委員

亀山市議会 2018-09-12 平成30年教育民生委員会( 9月12日)

今般、議案として補正予算を計上させていただいておりますが、管理展示棟改修工事につきましては、屋根傷みが想定より大きく、当初計画の部分ふきかえを全面ふきかえに改め、また構造補強見直し、並びに補強追加などの必要が生じてございます。そのため、これらの対応に伴う設計変更の必要があり、設計監理委託期間と工期を10月まで延長したところでございます。

亀山市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第3日 9月 6日)

2点目は、構造補強見直しでございまして、の立て起こし作業に取りかかったところ、小屋ばりの状況などが想定していたより傷みが大きく、内部に新たな軸組みを挿入して荷重を負担するよう設計変更をいたしました。  3点目は、内部の解体時に行った調査により得られました新たな文化財的な知見によりまして、間取りや建具等変更が生じたところでございます。  

亀山市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会(第4日 3月 9日)

また、現状の補助制度においても、伝統的建造物については構造、構造にかかわる部分については、外から見えるだけでなく、やはり建物そのものを維持するために必要ということで補助の対象などにもしているところでもございまして、そういうふうな啓発も含めて有効にご活用いただければありがたいなというふうに思っております。 ○議長(西川憲行君)  新議員。

亀山市議会 2009-06-15 平成21年教育民生委員会( 6月15日)

関中学校につきましても、品質管理について、木造建築であるということで、特にこの備考の右側に書かせていただいておりますけれども、この評価の視点ということでありますけれども、大規模木造建築を行うため、具体的には工事における施工精度を確保するための提案評価し、木材養生については外部での保管、建て方時の養生についての提案評価するということで、私どもの求めている内容を示し、それに基づいて提案していただいたことについて

亀山市議会 2009-06-09 平成21年 6月定例会(第2日 6月 9日)

さらに、技術力要件につきましては先ほどご説明したとおりでございますけれども、品質管理におきましては具体的には木造という観点で、工事における施工制度であるとか、木材養生であるとか、建て方の養生等について問うたものでございます。周辺環境については、学校という環境の中でどういった施工方法の工夫があるかということで提案をいただき、それについて評価をした結果でございます。

  • 1