43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鈴鹿市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例議会(第5日 9月 9日)

白血病再生不良性貧血などの重い血液の病気と診断される方は,全国で年間およそ1万人と言われております。医学の進歩により,投薬を初め,さまざまな治療法があらわれていますが,年間2,000名以上の患者さんが骨髄移植による治療を望んでいます。  このように,多くの患者さんが望む骨髄移植ではありますが,当然,骨髄提供を希望される方がいなければ移植を行うことはできません。

津市議会 2019-03-06 03月06日-05号

検査内容でございますけれども、身長、体重、BMI、腹囲の身体計測、それから診察、それから血圧測定尿検査、それから血液検査において脂質、肝機能血糖貧血、腎機能といった検査です。それから心電図、これらによって、生活習慣病早期発見、治癒に役立つ健康診査を行っておるところでございます。 ◆5番(安積むつみ君) ありがとうございました。 

亀山市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第3日 3月 7日)

市民文化部長坂口一郎君)(登壇)  特定健康診査検査項目につきまして、亀山市におきましては、亀山医師会と契約をいたしまして、市内の医療機関で受診する場合におきましては、血中脂質検査、総コレステロール、眼底検査心電図検査貧血検査を追加することとなっておりまして、新しく心電図検査貧血検査につきましては、県のほうも今回、項目に入ったところでございますが、従来からこういった項目につきまして亀山

四日市市議会 2018-02-03 平成30年2月定例月議会(第3日) 本文

脳障害貧血急な体重減少などもリスクが高いと評価し、そのような患者さんに対しましては、低床のベッドベッドから離れたら作動するセンサーを使用するなどの対策を講じております。  また、睡眠導入剤を服用される入院患者さんが多くおみえの中、筋肉が緩むといった副作用の発症によりまして、転倒、転落の可能性が高くなる事例も見受けられました。

松阪市議会 2017-10-10 10月10日-07号

20歳のときに貧血がひどくて、輸血したことが原因で、それまで全く自覚症状もなく、40歳のときに健康診断で肝炎のおそれがあると判明して、治療に専念されてきたそうでございます。それからはインターフェロンで治療をしていたんですが、その方の体に合わずに、いろいろな薬を使って副作用との闘いであったと言われておりました。

菰野町議会 2017-06-16 平成29年第2回定例会(第3日目 6月16日)

こういったことが原因で、子どもたちの中にも栄養過多、あるいは栄養不足、塩分、糖分の摂り過ぎなどによる肥満、あるいは無理なダイエットによる貧血などがふえているそうです。  冒頭申し上げましたが、生活習慣病早期発見早期治療が大切ですが、予防となると、実は子どものときから気をつける必要があるようです。  以前、生活習慣病は成人病と言われていました。

菰野町議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第3日目 3月 9日)

平成20年の制度開始時から三重県、三重医師会、三泗地域においても四日市医師会と検討を重ね、効果的な健診と保健指導を実施するために、導入が見送られている血清クレアチニンなどの項目心電図眼底検査貧血検査必要性有効性が認められる必須項目として選定してきた経緯がございます。  

四日市市議会 2016-11-04 平成28年11月定例月議会(第4日) 本文

次に、その移植療法についてでございますが、白血病再生不良性貧血などの重い血液疾患にかかった患者に対しまして、ドナーから骨髄液等血液をつくる細胞提供を受けまして病状を回復させるという治療方法を指すものでございます。  骨髄バンクが行います移植には、ドナーから採取した骨髄液移植する骨髄移植と、造血幹細胞をあらかじめふやしてから移植する末梢血幹細胞移植がございます。

伊勢市議会 2014-03-04 03月04日-03号

伊勢市 平成26年  3月 定例会          平成26年3月伊勢市議会定例会会議録議事日程                    平成26年3月4日(火)午前10時開議日程第1 一般質問     ① 6番 吉井詩子君          ●地域包括ケア展望について     ② 7番 世古 明君          ●災害用井戸について          ●血液系疾患白血病再生不良性貧血患者支援

伊勢市議会 2014-03-03 03月03日-02号

向けて、今後の整理の仕方について     ③19番 小山 敏君          ●就学前の子どもの教育・保育について          ●新市立伊勢総合病院建設設計及び建設工事発注方法等について     ④ 6番 吉井詩子君          ●地域包括ケア展望について     ⑤ 7番 世古 明君          ●災害用井戸について          ●血液系疾患白血病再生不良性貧血

菰野町議会 2013-03-13 平成25年第1回定例会(第4日目 3月13日)

我が国では、現在、毎年6,000人の人が白血病再生不良性貧血などの難病を発症しています。そして、その血液難病に悩む患者への有効な治療法一つが、造血幹細胞移植です。昨年の9月、通常国会でこの移植医療を発展させ、患者によりよい治療提供するための「移植に用いる造血幹細胞の適正な提供を推進する法律」、いわゆる「造血幹細胞移植推進法」が成立をいたしました。  

桑名市議会 2013-03-07 平成25年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2013-03-07

我が国では、現在、毎年約6,000人の方が白血病再生不良性貧血など血液難病を発症していると言われています。実は私の周りにも親戚の者や友人のお母様が白血病と闘っておりました。その難病に苦しむ患者への有効な治療法一つ造血幹細胞移植です。造血幹細胞とは、骨髄や赤ちゃんのへその緒や胎盤の中にある臍帯血などに多く含まれている血液のもととなる細胞のことです。

名張市議会 2012-12-10 12月10日-03号

我が国では、毎年約6,000人の方が白血病や再生不良貧血など、血液難病を発症していると言われています。これらの患者に有効な治療法一つ造血幹細胞移植でございます。この移植医療を発展させ、患者によりよい治療提供するために、さき通常国会では移植に用いる造血幹細胞の適切な提供を推進する法律が成立いたしました。 

名張市議会 2012-12-10 12月10日-03号

我が国では、毎年約6,000人の方が白血病や再生不良貧血など、血液難病を発症していると言われています。これらの患者に有効な治療法一つ造血幹細胞移植でございます。この移植医療を発展させ、患者によりよい治療提供するために、さき通常国会では移植に用いる造血幹細胞の適切な提供を推進する法律が成立いたしました。