399件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-18 令和元年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2019-09-18

156 分科会委員(水谷憲治)  決算成果報告書のほうの59ページなんですが、桑名グローカルカンパニー認証ということですけれども、これは認証条件、また件数、効果がどのようなものがあったのかというのを伺いたいのと、あわせていいのかわからないですが、事業成果のほうで、これは観光ツアー2件、24人で消費額、純利益と出ていますけど、これはどうやって出てきたものなのでしょうか

伊賀市議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 9日)

ただ、この伊賀市におきましては、コンビニで住民票印鑑登録あるいは戸籍関係の証明書をとれるサービスを行っており、年々ふえているんですけども、コンビニ利用以外となりますと、主に公的個人認証サービスの活用とか高齢者の方を中心に運転免許証にかわる本人確認書類として利用されてるという状況が大部分ということになっております。  もう少し言わせていただいてよろしいですかね。  

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

がかかったことと、ネットにつながっていないパソコンで行い、企業協定を結んで取り扱いには気をつけているが、当実験の各世帯同意はとっていないという人権上の問題からも不成功と言われていますが、このようにAIの使い方について不可と言えるのは、故障等により人命や人権を奪う可能性のある無人運転のリニア等の新交通システムやパイロットの判断と逆の判断をする飛行機等への導入、また、サンフランシスコでは誤認が多く、警察などが顔認証技術

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

さらに、2019年には海女小屋体験施設のさとうみ庵が同サイトにおいて、旅行者から高い評価を受けている施設へのみ贈られる賞であるエクセレンス認証2019を受賞したということで、志摩市におきましても、これらの高い評価を受ける観光施設等が二次交通を必須とする地域に点在しているということから、当市の事業においても、タクシー船舶などを活用した着地型旅行商品を造成・販売し、観光地までの二次交通対策を図り、さらなる

伊賀市議会 2019-06-13 令和元年第 3回定例会(第2日 6月13日)

一応3年間のこの事業が終了いたしまして、ことし31年度から次なる事業にと進めているそうでございますが、内閣府から認証していただいたシティプロモーションとIGABITO育成につきましてですが、この3年間の検証、いい部分は新聞なんかでも報道されております。それはよくわかる部分があるんです。例えば、移住は三重県下の中で伊賀市がずっと断トツに一番多かった。

桑名市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-06-13

また、5月8日には、この卓球カフェが、自治体が住民向けに実施する事業として初めて内閣官房創設の「beyond2020マイベストプログラム」に認証され、認証書の交付を受けたところです。  今後は、施設の活用を広げていくとともに、新たなまちづくりに対する機運が芽生えるよう、プロジェクトのさらなる推進に向け取り組んでまいります。  次に、子育て支援についてであります。  

いなべ市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日 6月 7日)

そして、その6%といえば大きな数字で、それをどういうふうに国は減らすのかという発表でしたが、認知症予防には今まで適当な運動をする、二つ目に、社会孤立の解消が役立つと、いなべ市もこの2項目については十分に今までも積極的に取り入れられておりますが、政府が5月16日に発表した三つ目の新しい取り組みは、サプリメント認証する仕組みを検討するとあることです。

いなべ市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日 6月 6日)

フェアトレード事業の今後の方針につきましては、3月末に申請したフェアトレードタウン認定申請について10月までに認証が受けられるよう、いなべ市フェアトレードタウン推進委員会の活動を支援してまいりますし、また、認定後は東京オリンピック・パラリンピックなど、世界の目が日本に注がれる絶好の機会でございますので、いなべ市フェアトレード推進委員会と連携して活動のPRに努めてまいりたいと思います。  

伊賀市議会 2019-06-04 令和元年第 3回定例会(第1日 6月 4日)

歳出補正の主な内容ですが、物件費では、全体で1億5,403万7,000円を増額していますが、主なものとしまして、団体営ため池等整備事業で国の補助認証によるため池氾濫解析ハザードマップ作成業務委託料7,626万1,000円のほか、橋梁塗膜補修事業で、PCB含有調査業務委託料2,400万円、予防接種業務経費で、風疹抗体検査委託料1,431万7,000円などを計上しています。  

桑名市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-14

次に、情報推進費中、住民情報システム更新事業費について、個人情報保護の仕組みを問う質問があり、システム自体を一般のインターネットから切り離した閉鎖空間で運用することに加え、作業を行う職員は全て登録制で、指紋認証等を使用しログインする仕組みになっているとの説明がありました。  

いなべ市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第2日 3月 1日)

いなべを食すにつきましては、いなべ市内で生産された農産物、農産加工品を市内各店舗が使っていただいていることを市が認証するといった制度で、いなべで食すというのぼりでメニュー看板を配布しまして、各店主さんがこれを利用して宣伝いただくシステムをつくりました。今も続いておりますので、いなべの食材を利用した食堂や店舗をどんどんふやしていけるように頑張っていきたいと思っております。  

桑名市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-02-27

鈴鹿市では各デスクパソコンが指紋認証で出勤管理されており、給与システムリンクの上、時間外についても上司確認の上、システムを反映しているというような状況です。いなべ市につきましては、勤怠システムが導入されており、パソコンで出退勤、時間外勤務、休暇、出張等申請を行い、上司承認するようになっています。

志摩市議会 2019-02-12 平成31年第1回臨時会(第1号 2月12日)

基本的に、今回のSDGsがこの志摩市認証されたのは、そういった地道な里海創生にかかわる運動があったからだと思っております。そういった基本的なことを忘れて、SDGsという言葉の中でたくさんのところに問題を広げてしまう。じゃあ、何の特徴ある行政ができるのかと、こうなってしまいます。  やはり、一つの部門にするべきなのか。それとも、一つに主軸を置いて、政策を練っていくのか。

四日市市議会 2019-02-02 平成31年2月定例月議会(第2日) 本文

このような農業のビジネス化、農作物の高付加価値化が今後の農業経営には求められていることから、平成31年度においても6次産業化セミナーや情報発信力のスキルアップ講座などを開催するとともに、GAP、HACCPの認証取得など、品質管理や経営改善に向けた取り組みを奨励し、競争力の強化を図ってまいります。  

四日市市議会 2019-02-01 平成31年2月定例月議会(第1日) 本文

次に、農業施策につきましては、平成29年度に立ち上げました農業再生戦略会議で種々議論をしてきました内容を受け、市内の農業者や生産組織等の方々による海外も視野に入れた販路拡大を促進させるため、農産物安全性及び品質の向上等を推進する国際水準GAP等の認証取得に係る経費への補助や、認証取得のために必要となる施設整備費に対する支援を図ってまいります。  

四日市市議会 2019-02-01 平成31年2月定例月議会〔附録〕

今後はHACCPなどの認証を取得していかなければならないし、日 本の野菜の作り方では世界に通用しなくなる。農業の大転換が始まろうとしているのだから、数 十年スパンで物を見て中勢南勢含めていい場所に北勢地方卸売市場を建て替えて、三重県全体に 恩恵を波及させるなどの発想を持たないと時代の変化に対応していけない。官は官の根回しをし、 市場管理会社は民の出身で運営していかないと柔軟な対応はできない。

桑名市議会 2019-01-07 平成31年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-01-07

今現在、議員の皆様につきましては、南の立体駐車場なんかは、議会事務局、もしくはガードマンのところで無料認証していただいているというようなところでございます。こちらといたしましては、今回貸し付けに当たって、議員の皆様についても、これまでどおりというようなことを想定はしております。

いなべ市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日)

(7)担当部としての課題をどのように認識しているかですが、昨日もお答えしたとおり、施設運営に当たっては、見回りや捕獲されたとめ刺しの運搬と効率のよい作業が行える人的配置の見直しと、10月にみえジビエの認証登録を受けたばかりであって、現在、販売活動は行っていないものの、今後の枝肉販売や大阪、四日市での販売先に高額で販売できるヒレ、ロース、もも肉の確保が課題と考えております。  

いなべ市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日)

処理頭数60頭は三重県保健所許可を受けるためや、みえジビエの認証登録を受けるための実施練習個体として処理をしたと聞いております。  株式会社ダイキの事業計画では、1日当たりの処理能力を3頭から4頭として、年間300頭以上を目標にしておりますが、7月から10月の4カ月間で105頭の捕獲の実績があるため、年間300頭は可能な数字と見ております。