85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2020-06-17 令和2年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-06-17

ちょっと発言させていただきますと、もともとインバウンド政策は、日本の自然、文化、芸術を基本として観光立国を目指し、明治時代から外貨獲得のために外国人旅行者誘致に重きを置いてきた政策で、戦後では、先ほど言いましたように、1964年の東京オリンピックが最大の私はイベントだったんじゃないかなと思っています。  

桑名市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-03-02

国の想定においては、世界各国で実際IR統合型リゾートが運営される中において、観光立国を目指す日本においては、リゾート色が強いシンガポールをモデルにしているようであります。そういう各国いろいろ形がある中で、どういうモデル日本が導入するかによって、コンセプトや受入れ印象納付金や、先ほど経済効果のお話もありましたが、納付金や税収までもが変わるのではないかと考えております。  

伊勢市議会 2020-02-25 02月25日-01号

観光立国を目指し、国は2020年訪日観光客数4,000万人、観光消費額8兆円の目標を掲げておりますが、日韓関係の悪化や、特に新型コロナウイルス感染症感染拡大により、厳しい予測がされております。 その新型コロナウイルス感染症については、経済活動にも大きく影響が出ておりますので、感染症対策ととともに、国や県の動向に注視をし、対応してまいりたいと考えております。 

四日市市議会 2019-11-05 令和元年11月定例月議会(第5日) 本文

この自転車活用推進計画では、自転車交通役割拡大による良好な都市環境の形成、サイクルスポーツ振興などによる活力ある健康長寿社会実現サイクルツーリズム推進による観光立国実現自転車事故のない安全で安心な社会実現、この四つの目標が掲げられました。  この法律では、地方公共団体におきましても、国の計画を勘案し、自転車活用推進計画を策定することが可能となっております。  

松阪市議会 2019-03-08 03月08日-06号

観光立国を目指す国のほうにおきまして、観光立国推進本部というのが立ち上がり、その中でさまざまな議論がされました。その中の一節を少し御紹介させていただきますと、心身の健康と子どもの成長観点から、極めてこのスポーツツーリズムの果たす役割は大きく、今後のまちづくり国づくりにしっかりと位置づけながら、あすへの活力を育む原動力になるものと確信しているという発信がございます。 

松阪市議会 2018-12-06 12月06日-04号

また、政府東京オリンピックパラリンピックが開かれる2020年までに年間の外国人観光客を4000万人までふやすことを目標とし、観光立国実現を目指しております。 松阪市におきましても、総合計画観光・交流の振興での観光入り込み客数数値目標を、平成31年、2019年度で300万人として、目標達成に向けさまざまな取り組みをされております。 

津市議会 2018-12-03 12月03日-02号

そして、目標3は、サイクルツーリズム推進による観光立国実現という項目であります。 前回、僕が美杉の道の駅、道の駅美杉でのレンタサイクルの話とかもありましたけれども、道の駅が拠点となってサイクリングを楽しむような、そういったものがこういったところに含まれると思いますけれども、またそういうようなものもこれからいろんな施策をつくっていかなければいけないのかなというふうには感じました。 

鈴鹿市議会 2018-07-02 平成30年総務委員会( 7月 2日)

また,2020年にオリンピックパラリンピック東京開催を控えておりますことから,観光立国推進する観点から整備の促進に取り組んでおり,訪日外国人による無料公衆LAN利用がより円滑に行える環境実現に向けた,利用開始手続簡素化,一元化を掲げ,実証実験を進めているところでございます。  3,県の動きでございます。

名張市議会 2018-06-14 06月14日-03号

続いて、観光立国日本の中の名張として、これから人口減少社会消費減少社会を迎えるに当たり、また地方創生切り札として、政府日本観光先進国として成り立たせていくために大きなかじを切っています。観光は真に我が国成長戦略地方創生の大きな柱であるとの認識もと官公庁ムスリムおもてなしガイドブックを作成しました。 

名張市議会 2018-06-14 06月14日-03号

続いて、観光立国日本の中の名張として、これから人口減少社会消費減少社会を迎えるに当たり、また地方創生切り札として、政府日本観光先進国として成り立たせていくために大きなかじを切っています。観光は真に我が国成長戦略地方創生の大きな柱であるとの認識もと官公庁ムスリムおもてなしガイドブックを作成しました。 

桑名市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017-09-12

国土交通省は、観光立国に向けたアクションプラン2015をもとに、2020年のクルーズ客船による外国人入国者数100万人を設定して進めていたそうですが、5年前倒しをして実現したと発表いたしております。このような中、来年から、お隣の四日市港に豪華客船が寄港すると報道をされておりました。そこで、お尋ねをいたします。  豪華客船って、新聞のあれなんですが、こんな立派な船、ホテルが動くんだって。

津市議会 2017-09-06 09月06日-04号

これ、ちょっと古い本なんですけれども、デービッド・アトキンソンという知っている人は知っている「新・観光立国論」という本があるんです。これをちょっと引用したいと思うんですが、二条城は、大政奉還を諸大名にされた場所であって、徳川幕府から近代国家へ向けて大きくかじを切ることになった歴史ドラマの舞台であると。

伊賀市議会 2017-06-12 平成29年第 4回定例会(第2日 6月12日)

観光立国実現に向けては、観光立国推進基本計画において地域における観光振興推進母体の強化として日本版DMOの設立の必要性が改めて掲げられております。また単一自治体での観光振興においては財源、人材においても不足しており、さらに観光プロモーションを実施する上でも伊賀市単独ではなく周辺自治体との連携による広域連携の組織が必要ではないかと考えます。  

伊勢市議会 2017-02-27 02月27日-01号

また、観光立国を目指す我が国において、訪日外国人観光客は増加を続け、昨年は過去最高の2,400万人を記録いたしました。国は、観光地方創生切り札、GDP600兆円達成への成長戦略の柱と位置づけており、旅行産業や運輸及び宿泊産業のみならず、飲食や物販など、さまざまな産業への波及が見込まれ、本市においてもおくれをとらないよう一層の努力を重ねていきたいと考えております。 

四日市市議会 2017-01-02 平成29年1月緊急議会(第2日) 本文

国土交通省においては、観光立国実現に向けたアクションプログラム2015に基づき、2020年にクルーズ船による外国人入国者数目標を100万人に設定して取り組みを進めてまいりましたが、実に5年前倒しでその数字を実現したところであり、一昨年、クルーズ船が寄港した港湾は全国の104港にも及んでおります。  

伊賀市議会 2016-06-10 平成28年第 3回定例会(第2日 6月10日)

やはり文化財というものの考え方なんですけれども、これは私が最近読んだ本なんですけども「新・観光立国論」と、先ほど市長にもちょっとお示しさせていただきましたけれども、その中で、文化財を活用していくということが必要である中で、稼ぐ文化財と、そういった考え方をしていかないと、文化財自体お金、予算が回ってこないと修復もできないし、そうすると文化財の価値も下がるし、そうすると集客もできなくなっていくと、そういった

四日市市議会 2016-06-02 平成28年6月定例月議会(第2日) 本文

クルーズ客船につきましては、国土交通省観光立国実現に向けたアクションプログラム2014ということに基づきまして、2020年のクルーズ100万人時代実現に向けまして官民一体となった取り組みを進めているところでございまして、議員からご紹介ありましたように、全国的にも誘致に取り組む機運が高まっているというような状況でございます。