71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2019-11-19 令和元年全員協議会(11月19日)

特に、人口推計では、合併当時の平成17年(西暦2005年)の国勢調査と約20年後の令和7年(西暦2025年)推計の人口を比較すると、約1万7,000人、率にいたしまして、29.1%の減少が予測されています。また、2025年問題とされる団塊の世代が75歳となる令和7年には、75歳以上の人口が27%を超えると推計されています。

鈴鹿市議会 2019-11-13 令和元年総務委員会(11月13日)

(1)人口減少等に伴う施設総量の抑制ということで,保有量の適正化を図りましょう,(2)民間の技術・ノウハウ・資金等を活用した経費の削減,運営管理を適正化していきましょう,(3)計画的な点検や財政負担の平準化を図った対策として長寿命化を推進していきましょうという3つの視点で,総合管理計画における数値目標は,令和17年度,西暦2035年でございますが,この年度末までの20年間で公共建築物の保有量を5%縮減

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

東京都は申請をしなかったらしいんですけれども、ほかの4自治体に関しては、申請をしたけれども、税控除のほうが認められなかったというような報道なんですけれども、日経新聞の5月14日版に、これ西暦表記なんですけれども、2018年度、泉佐野市は497億円、ほかにも申請が認められなかった自治体は250億円、196億円、168億円、ふるさと納税で集められているというような実績があったと。  

亀山市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第2日 6月13日)

私はもう令和、平成ってややこしいんで、もう全部西暦でいきますけれども。2007年の第1次のときに、確かに関分館は載らなかったです。同時に本館も載らないんですよ、載ってないんですよ。つまり、総合計画に位置づけがないんですよ、これ。だから、あなたの答弁はおかしいんですよ。関分館は総合計画に載せなかったんでやりません。じゃあ本館も載ってないんですよ。なのにやるんですよ、これ。

鈴鹿市議会 2019-03-08 平成31年予算決算委員会文教環境分科会( 3月 8日)

当初,現契約の終了後から5年間と計算し,平成35年度(2023年度)末までの期間といたしましたが,平成31年8月1日から起算し60カ月,5年の経過時点が平成36年(2024年)の7月31日であるため,債務負担行為期間平成36年度,西暦2024年度までに変更するものでございます。なお,この変更に際しまして限度額についての変更はございません。  続いて,9ページをごらんください。  

鈴鹿市議会 2018-12-11 平成30年12月定例議会(第6日12月11日)

このような動きを受け,本市では,平成から新元号への変更に伴い,各情報システムの改修を進めているほか,本年8月には,往復文書契約関係文書等におけます新元号の公表までの取り扱いにつきまして,文書内で期間を示す場合など,市民の皆様の混乱を防ぐための配慮が必要なものにつきましては,平成の和暦と西暦の併記に努めることを全庁的に通知を行い,改元に伴う配慮等について周知を図ってきたところでございます。  

四日市市議会 2018-11-02 平成30年11月定例月議会(第2日) 本文

抗体のないというご発言もございましたけれども、風疹の定期接種、これにつきましては、国の制度として、平成2年、西暦で言いますと1990年になりますが、平成2年4月2日以降に生まれた方は2回接種となっており、また、それよりも前にお生まれになった方につきましては1回又は接種がない方でありまして、免疫が低いとされております。  

鈴鹿市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例議会(第4日 9月20日)

また,西暦2055年,今から37年後でございますが,国が発表しております。国民の2.5人に1人は高齢者になると推測をしております。  そこで,本市において65歳以上の高齢者は現在およそ4万8,000人で,人口20万人に対する高齢化率は約24%であります。まだまだこれから上昇はあるかと思います。また,本市では,ことし100歳を迎える人は46名おります。今後は,さらに増加傾向であろうかと思います。  

桑名市議会 2018-09-19 平成30年都市経済常任委員会 本文 開催日:2018-09-19

具体的には、現状値の居住誘導区域内の人口密度が1ヘクタール当たり42.9人であったものが、現状のまま推移した場合には、西暦2035年には1ヘクタール当たり39.2人になると推計されますが、この計画により居住の誘導や都市機能の集積を図り、西暦2035年において1ヘクタール当たり40人の人口密度を確保することを目標といたしました。  

桑名市議会 2018-09-19 平成30年総務安全常任委員会 本文 開催日:2018-09-19

システム改修でお聞きしたいんですけれども、私もニュースとか何かで、報道によると、公官庁西暦でいくんだという話、そっちに変わるんですよね。じゃないのかな。システム改修、今回の。そこをちょっと確認したいんですけど。多分元号だと、元号がいい悪いはおいておいて、元号を使っているのは日本だけだそうですけど、この是非はおいておきます。

鈴鹿市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例議会(第1日 9月 7日)

また,これら3件の工事請負契約については,いずれも平成31年12月6日,西暦で申し上げますと2019年12月6日までの工期とするものでございます。  なお,工事箇所等につきましては,別冊の議案説明資料5ページから11ページまでにお示ししております図面のとおりでございます。  次に,議案集7ページ,議案第47号 工事請負契約について説明申し上げます。  

鈴鹿市議会 2018-08-31 平成30年議会運営委員会( 8月31日)

また,これら3件の工事請負契約については,いずれも平成31年12月6日,西暦で申し上げますと2019年12月6日までの工期とするものでございます。  なお,工事箇所等につきましては,別冊のオレンジ色の議案説明資料5ページから11ページまでにお示ししております図面等のとおりでございます。  次に,議案集7ページ,議案第47号 工事請負契約について説明申し上げます。  

志摩市議会 2018-06-15 平成30年総務政策常任委員会( 6月15日)

最後に、この資料の中に、主な改正のところで、平成33年1月1日から施行となっておるのですけれど、これ、平成33年という年号はないわけですので、これから、行政の資料なんかには、この平成30年度以降は平成と入れるのか、西暦でいくのか、その点は総務部長、どうですか。 ○委員長(谷口 覚) 総務部長。