3800件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-12-18 令和元年教育民生常任委員会(12月18日)

それが例えば国からの補助とかいろんな意味でそのやり方を変えることによって、何かマイナスになるようなことは特にないですよね。この例えば生活介護とか就労継続とかっていうのうたってなくてもそういったことはないのか教えてください。 ○委員長(北出忠良君)  障がい福祉課長。 ○障がい福祉課長(川口敏幸君)  失礼します。  マイナスになることはございません。

伊賀市議会 2019-12-16 令和元年予算常任委員会(12月16日)

第6目企画費では、目全体で8,974万1,000円を増額していますが、地域振興経費の空き家等対策推進事業経費では、国の空き家対策総合支援事業補助を財源として、令和2年5月のニッポニア開業に向けて誘客を促進するための情報発信に要する経費として、古民家等再生活用事業情報推進業務委託料220万円を計上しています。  

伊賀市議会 2019-12-11 令和元年第 6回定例会(第4日12月11日)

一昨日、川上議員の鳥獣害防止柵に関する御質問の中で、伊賀市鳥獣害対策議会において補修に対しての補助はあるが、補強に対しての補助はないというような御答弁をさせていただきましたが、補強に対しましても補助は適用可能ということでございますので、ここで訂正をさせていただきます。  よろしくお願いいたします。 ○議長(中谷一彦君)  以上で、市政一般質問及び本日の議事日程は終了しました。  

鈴鹿市議会 2019-12-11 令和元年予算決算委員会産業建設分科会(12月11日)

それとプラスして市のほうで,有害鳥獣捕獲の委託料を年間で猟友会さんと結んでおりますので,国の補助プラス市の補助というのを出しております。 ○石田委員  聞きたかったのは,国の補助といっても,それが市に入ってくるのか,猟友会に直接入るのか,県に入るのか。県が主導的にこれをやっているわけですから,ここは県がお金出しとるんかなと思っていたんやけど,今,出てきておる冷凍庫や運搬は一般財源ですよね。

亀山市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第4日12月11日)

危機管理監(服部政徳君)(登壇)  市といたしましては、安心・安全なまちづくりの観点から、最近では増加傾向にあるスーパー、コンビニ、先ほども申しましたんですけど、いろいろな商店街等々で設置管理していただいているところもありますので、現在、亀山市として補助事業により集落内の防犯対策としては防犯灯の整備を行っているところでございます。  

亀山市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

衝突被害軽減ブレーキ及びペダル踏み間違い加速抑制装置を後づけした場合の補助でございますが、先ほども議員おっしゃるように、三重県内では志摩市が70歳以上の人に、衝突被害軽減ブレーキ及びペダルの踏み間違い時加速抑制装置搭載の新車の自動車を購入した場合は3万5,000円、ペダル踏み間違い時の加速制限装置を後づけした場合、2万円の補助を交付されております。

伊賀市議会 2019-12-09 令和元年第 6回定例会(第2日12月 9日)

また、人・農地プランに位置づけられた地域や担い手に対しまして、協力金や補助が手厚いことも利点でございます。  具体的には、一定の要件を満たして農地集積を進めている地域に対して、地域集積協力金などの補助地域の中心的な経営体として位置づけられた農業者に対して、農業機械購入や施設の導入に活用ができる担い手確保経営強化支援事業がございます。  

鈴鹿市議会 2019-12-09 令和元年12月定例議会(第6日12月 9日)

また,地域の自主防災隊が,防災減災対策として小型発電機などを購入される場合には,自主防災組織活性化補助として,15万円を上限として費用の2分の1を補助いたしているところでございます。自主防災組織が活性化することは,地域防災力,いわゆる共助の向上が図られると考えられますので,制度の啓発等に努めてまいりたいと考えております。  

志摩市議会 2019-12-09 令和元年第3回定例会(第3号12月 9日)

国の農水省水産庁あたりの補助も活用する上での基本的な調査ということですので、そこは御理解いただきたいのと、和具方面においては、漁民の皆さん用には津波避難タワー、先ほど申し上げた町の中心部のところ、あるいは、学校の分においては志摩小学校の屋上部分の強度の調査を行っているということです。  

鈴鹿市議会 2019-12-05 令和元年12月定例議会(第4日12月 5日)

このようなことから,災害時要援護者の方々に対してライフジャケットを配布する考えは,現在は持ち合わせておりませんが,地域自主防災組織で,災害時の救助活動用にライフジャケットを購入するような場合には,自主防災組織活性化事業補助を利用していただくことにより,購入金額の2分の1,上限15万円を補助できますので,御活用いただければと考えますので,御理解いただきますようお願いいたします。

鈴鹿市議会 2019-12-04 令和元年12月定例議会(第3日12月 4日)

なお,1番の子ども食堂の開設支援では,子ども食堂開設経費──初期経費として必要となる消耗品や備品等の購入──として,1カ所当たり上限10万円,または子ども食堂を開設する際に改修等に要する経費として,15万円の補助が設定されております。この補助は,子ども食堂を開設するハードルを低くして,子ども食堂の啓発と開設に非常に有効な施策であります。  

鈴鹿市議会 2019-12-03 令和元年12月定例議会(第2日12月 3日)

なお,財源としましては,70万4,000円のうち3分の2が国庫補助,残りの3分の1が一般財源でございます。  続きまして,妊婦乳幼児健康診査費262万7,000円の補正内容についての御質疑につきまして説明申し上げます。  本補正予算につきましては,マイナンバー情報連携に係る保健総合システムの改修費用でございます。  

志摩市議会 2019-11-19 令和元年全員協議会(11月19日)

補助につきましては、予算編成方針でも、使えるものは補助を使うということで、各部署においてはその旨で予算編成もお願いしておるところです。  したがいまして、今、中村孝議員の言われましたとおり、使ってない補助とか有利な補助はまだあるかと思いますので、そういった点、探し出して、事業に生かしたいと思っております。 ○議長(濵口三代和) 中村孝議員

鈴鹿市議会 2019-11-18 令和元年議会運営委員会(11月18日)

次に,国庫支出金でございますが,障害者通所支援事業費の増額に伴いまして,国庫負担金として障害児通所支援事業費負担金を,また,特定の年代への風疹ワクチンの接種が法定化されたことに伴う抗体検査等の経費が国庫補助として交付されますので,これらを合わせました1億4,685万2,000円を増額しようとするものでございます。  

松阪市議会 2019-10-08 10月08日-04号

長野部長が先ほど申し上げましたように、国の補助がございます。その中でその額を控除した部分において市債を借り入れるという予定でおりまして、公共事業等債というのを充てておりますので、来年度事業を行う部分についても、こういった起債で対応していくということになります。充当率は90%でございまして、一部交付税において元利償還金の措置がされるというものでございます。よろしくお願いいたします。