11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

亀山市議会 2019-06-19 令和元年産業建設委員会( 6月19日)

電気設備は、各水槽内に設置してあります水位計ふぐあいが要因で、処理場において計水槽水位高さが表示できていないものが複数ありました。ただ、ポンプの稼働は、先ほど中継ポンプ説明したフロートスイッチで管理しておりますので、汚水を処理する過程で支障は出ておりません。水槽については、骨材の露出があるものや被覆の剥がれがあるものも確認されております。  

松阪市議会 2016-10-04 10月04日-05号

ポンプ緊急停止原因についてですけれども、当日、業者を呼びまして、受電電圧確認とか計の異常、リレーの動作について確認を行いましたが、異常はございませんでした。 過負荷となった原因ですけれども、ポンプの外側から吸い込み口、ポンプ確認したところ、上流からの異物が吸い込み口に入り込み、羽根等負荷がかかってポンプが停止したと考えられます。

川越町議会 2012-06-08 平成24年第2回定例会(第1日 6月 8日)

公共下水道事業につきましては、平成21年度より老朽化が進んでいる川越排水機場長寿命化、再構築についての事業に取り組んでいるところであり、平成22年度の実施設計に基づき、平成23年度より2年間にわたり排水機場機械設備監視操作制御を行う電気設備電気更新工事を実施しております。

桑名市議会 2007-09-26 平成19年建設企業常任委員会 本文 開催日:2007-09-26

直流電源盤あるいはポンプ、計を含めまして、かなりの本数がございます。  ただ、厚生さんもたまに立ち入り検査があると、そういうところ指摘が出るんですけど、ひとつ厚生さんの出されております委託歩掛に基づいて積算しておるということで御理解いただきたいんですが、以上でございます。

亀山市議会 2007-09-11 平成19年 9月定例会(第2日 9月11日)

例えば計、電気類、あるいはポンプ関係、そういったことで、現在では部品も年数がたってありませんので、その取りかえもしなければならないようなことでございまして、それぞれかなりの、億単位のお金が更新にはかかるものと思っております。決して余裕のあるものではなく、その施設更新の財源に年間の平準化を図りながら充てて、計画的に推進してまいりたいというふうに考えております。

川越町議会 2007-03-08 平成19年第1回定例会(第1日 3月 8日)

次に、水道事業費用は327,252千円で、主な内容は受水費149,543千円、配水及び給水費委託料14,879千円、総係費委託料28,732千円、減価償却費47,381千円で、新規には約25年経過し老朽化している朝明川配水場更新工事に伴う設計管理委託料3,744千円、電算関係改修業務として7,541千円、民間委託業務としての配水場維持管理滞納整理業務11,582千円、貯水槽水道の調査・

鈴鹿市議会 2006-09-04 平成18年 9月定例会(第1日 9月 4日)

工事内容は,汚水処理施設機械設備及び電気設備を施工するもので,機械設備といたしましては,水中曝気スクリーン水中攪拌機汚泥掻寄機,散気装置脱臭装置ブロワ設備等を,電気設備といたしましては,動力制御盤,計等を製作,据えつけするものでございます。  施工箇所等につきましては,別冊の議案説明資料の7ページから12ページにお示しをいたしましたとおりでございます。  

菰野町議会 2005-12-22 平成17年第4回定例会(第6日目12月22日)

工事概要は、機械設備工事といたしまして、前処理設備破砕機1台、流量調整設備として水中攪拌装置1台、し渣脱水機汚水計量槽を1基、ばっ気攪拌装置を2台、汚泥掻寄機脱臭装置を1基ずつなどを、また電気設備工事では、高圧受電盤及び計を1面ずつ、動力制御盤を4面、流量積算記録計1基などを設置いたすものであります。  

  • 1