運営者 Bitlet 姉妹サービス
35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-11 志摩市議会 平成30年総務政策常任委員会( 9月11日) 大きく分けてやはり営利目的なのか、そうでないのかという部分が基本的な考えのところで仕分けされる部分あろうかと思いますけれども、行政実例の中ではかなり広義の部分もございます。 もっと読む
2018-03-09 伊賀市議会 平成30年第 1回定例会(第5日 3月 9日) 行政実例でございますけれども、秘密とは一般的に了知されていない事実でありまして、それを一般に了知せしめることが一定の利益の侵害になると客観的に考えるものを言うということでございます。 もっと読む
2016-12-15 伊賀市議会 平成28年教育民生常任委員会(12月15日) これまでの行政実例がございまして、その中ではいわゆる公共的団体っていうふうな位置づけ、例えば赤十字社であるとか社会事業協会であるとか、そういったものと同じように公共的団体っていう考え方になりまして、無償での貸与、貸し付けっていうことが可能になるということが過去の実例で出ております。 ○委員長(中谷一彦君)  生中委員。 ○委員(生中正嗣君)  ありがとうございます。よくわかりました。 もっと読む
2014-11-28 松阪市議会 松阪市 平成26年 11月 定例会(第5回)-11月28日−02号 非常に実務処理的な質問でございますけれども、昭和25年の行政実例があって、それが今も判例のような形になっておりますけれども、じゃ議会がということになってくるわけですけれども、議会が専決処分の権限を市長に包括委任するような形式は適当ではなく、具体的基準を示した上で委任すべきであるというふうに行政実例の中には描かれておりますけれども、その具体的基準というのはどのようなことを例えば列挙することを想定され得 もっと読む
2014-06-13 伊賀市議会 平成26年第 4回定例会(第4日 6月13日) 分の2以上の同意が必要である、こういう内容について、今まで議会としても議長からも早くこの条例を提出するようにと、そういう要請も市長のところにあったかと思うんですけれども、一方で、伊賀市の市庁舎問題を考えてみますと、県庁舎隣接地の民間の土地に対して仮契約を済んでいない、あるいは予算も裏づけもない段階で、果たして移転条例が提案することができるのかどうかということを少しお尋ねをしたいんですけども、過去の行政実例 もっと読む
2014-03-26 志摩市議会 平成26年第1回定例会(第6号 3月26日) 続いて、議案第7号 志摩市税外収入金に係る督促手数料及び延滞金徴収条例の一部改正についてでは、今回の改正理由は何かとの問いに、地方自治法第231条の3に、税外収入金の手数料及び延滞金について規定されているが、その取り扱いについて、市税との均衡を保ち処分すべきであるとの行政実例等があり、これに基づき改正させていただくものであるとの答弁でございました。   もっと読む
2014-03-11 志摩市議会 平成26年総務財政常任委員会( 3月11日) 今回の改正につきましては、地方自治法の第231条の3に基づきまして公金の取扱手数料、督促手数料等の条文が載っているわけなんですけども、その中で、それは市税の取り扱いと均衡を崩さないようにという行政実例等があります。 もっと読む
2014-02-26 志摩市議会 平成26年第1回定例会(第1号 2月26日) 本案は、本定例会に議案上程しております、志摩市税条例の一部を改正する条例において、督促手数料の徴収を廃止にする旨の改正に伴い、本条例についても、督促手数料の取り扱いについては、行政実例において、地方税法との均衡を失しないよう措置することが求められていることから、これらと同様に、督促手数料の徴収に関する規定について、改正するものでございます。   もっと読む
2012-03-14 亀山市議会 平成24年教育民生委員会( 3月14日) したがって、団体事務については、本項の規定による意見書の提出は、法の予想しないところであるというということで、行政実例でも差し控えるというようなことが出ておりましたので、説明を終わらせていただきます。 ○服部孝規委員長  鈴木委員。 もっと読む
2011-03-09 松阪市議会 松阪市 平成23年  3月 全員協議会-03月09日−01号 議員が市長の諮問機関である各種審議会等へ委員として就任することについては、当該審議会等において、当該委員1人の意見が議会全体の意見とみなされるなど、過去の議会運営の中でも問題が生じていたことから、また、行政実例では、議決機関の構成員たる議員を執行機関の附属機関の構成員とすることは、自治制度の根本理念に反することとなり、不適当とされていることや、全国市議会議長会においても「議員の審議会等への参画の見直 もっと読む
2010-09-16 亀山市議会 平成22年 9月定例会(第4日 9月16日) なお、都市計画税の不均一課税につきましては、行政実例によりますと、都市計画税は都市計画税の目的税たる趣旨により、不均一課税は適当でないとされており、亀山市都市計画税条例第3条のとおり、都市計画税率は100分の0.3といたしているところでございます。 ○議長(水野雪男君)  小坂直親議員。 ○14番(小坂直親君)(登壇)  それは前回も聞いたところなんです。 もっと読む
2010-09-16 亀山市議会 平成22年 9月定例会(第4日 9月16日) なお、都市計画税の不均一課税につきましては、行政実例によりますと、都市計画税は都市計画税の目的税たる趣旨により、不均一課税は適当でないとされており、亀山市都市計画税条例第3条のとおり、都市計画税率は100分の0.3といたしているところでございます。 ○議長(水野雪男君)  小坂直親議員。 ○14番(小坂直親君)(登壇)  それは前回も聞いたところなんです。 もっと読む
2010-09-09 菰野町議会 平成22年第3回定例会(第3日目 9月 9日) ただし、行政実例では、地方公務員法に規定する非常勤の特別職の地方公務員に該当する。  民生委員の委嘱については、都道府県知事の推薦により、厚生労働大臣が委嘱する。知事等の推薦は、市町村に設置された民生委員推薦会が推薦したものについて、地方社会福祉審議会の意見を聞いて行われる。任期は3年で、無給であるが、交通費などの実費は弁償される。 もっと読む
2010-03-10 桑名市議会 平成22年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2010-03-10 退職手当引当金は国の過去の行政実例においては、経営状況等によっては退職手当引当金を積み立てることは任意となっております。さらに、現金の支出を伴わない減価償却費等に相当する金額が累積した累積欠損金は資本金と相殺することになり、いずれも債務にはならないと認識いたしております。   もっと読む
2010-01-21 志摩市議会 平成22年第1回臨時会(第1号 1月21日) 例えば、行政実例なんかをお読みになったことはあるんですか。 ○議長(森 昶) 総務部長。 ○総務部長(山本美弘) その辺についてもいろいろと勉強もさせていただいておるところもあるんですが、的確にだめという表示になっとるかどうかとかいうところも含めてもう一度検討はさせていただきます。 もっと読む
2009-03-10 桑名市議会 平成21年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2009-03-10 なお、国の過去の行政実例においては、経営状況の悪化等によっては退職給与引当金を積み立てることは任意となっております。  御質問の退職給与引当金の総額につきましては、平成19年度末の積算でおおよそ8億5,000万円程度となりますので、よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。 もっと読む
2009-02-23 伊賀市議会 平成21年第 2回定例会(第5日 2月23日) 地方自治法第218条の市長の予算提出権につきまして先ほどご質問いただいたわけでございますけれども、昭和28年の地方行政実例に基づきまして、この当初予算が可決されていない状態であっても提出することができると。 もっと読む
2008-12-04 松阪市議会 松阪市 平成20年 11月 定例会(第8回)-12月04日−03号 しかし、うち既に退職職員が5名含まれておりまして、これら退職した職員につきましては、行政実例により処分できないとされておりますので、結果的に9人を処分をしたものでございます。妥当なものと考えております。 ◆14番(安達正昭君) いろいろと状況があろうかと思います。 もっと読む
2008-11-20 菰野町議会 平成20年第3回臨時会(第2日目11月20日) 町長が専決を行うときは、町長の自由裁量権ではなく、客観性がなければならないと、こういうふうな行政実例がございます。そして、私は町長及び議員が、双方が住民からやはり負託を受けている者同士がお互いの立場を理解し合って、尊重し合いする行為でなければならないと考えております。今回のこの例等を考えていただきまして、再度町長のお考えをお伺いしたいと思います。 ○議長(中山文夫君) 石原正敬町長。 もっと読む
2008-09-16 亀山市議会 平成20年教育民生委員会( 9月16日) 工事請負契約につきまして、予定価格が1億5,000万円以上でありましたので、6月議会の議決を経て契約を進め工事を進めておるところでございますが、過去の行政実例、判例により、変更後の金額が契約に係る条例で定める額に満たないときは議決を要しないという実例、判例がございますので、当委員会で報告をさせていただきます。  当初契約額に対しまして166万1,100円を増額する変更契約でございます。 もっと読む
  • 1
  • 2