33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

亀山市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第6日 3月12日)

2027年にリニアが開通する予定の長野県飯田市におきましては、アジア最大・最強を目指すといって、アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区と銘打って、リニア時代を見据えた航空宇宙産業による戦略的な地域産業振興を進めております。  また一方で、亀山市は、かつてない交通拠点性の高まりを受けて、今後どのように戦略的な企業誘致政策、地域産業振興を行っていくのでしょうか。

四日市市議会 2018-06-01 平成30年6月定例月議会(第4日) 本文

次に、もう一点、新規事業への支援ということでございますけれども、こちらも何度もこれまでも答弁させていただいてございますけれども、中小企業の新技術とか新商品の開発を支援いたします新規産業創出事業補助金制度、こちらについても、今後成長が見込まれます航空宇宙産業、IoTあるいはヘルスケア産業などを新たに成長分野として加えまして、補助金の上限額を引き上げるなどして、今後、競争力の高い企業の創出と新たな事業展開

四日市市議会 2018-02-01 平成30年2月定例月議会(第5日) 本文

また、新たな産業分野への挑戦や新製品開発について、その開発に係る経費を補助していくと、こういった制度は既にございますけれども、平成29年度からは、企業の意識をさらに高め、IoTとか航空宇宙産業などの成長分野への参入をより一層促進していただくため、その支援内容を拡充してきたところでございます。  

四日市市議会 2018-02-01 平成30年2月定例月議会(第2日) 本文

一方、産業政策においては、事業所や研究所など新設、増設する事業者への継続的支援とともに、次世代電池、半導体、航空宇宙産業、次世代自動車などの分野について、引き続き重点的に支援をしてまいります。また、研究開発機能の集積強化、特にマザー機能の集積につながる投資を行う事業所にも重点的に支援を実施してまいります。

四日市市議会 2018-02-01 平成30年2月定例月議会(第1日) 本文

具体的には、事業所、研究所などを新設、増設する事業者に対して継続して支援するとともに、特に、次世代電池、次世代半導体、航空宇宙産業、次世代自動車などの分野について、引き続き重点的に支援してまいります。  また、研究開発機能の集積を強化する事業所に対する奨励金として、特に、マザー機能の集積につながる投資に対しても、引き続き、重点的に支援してまいります。  

松阪市議会 2017-12-08 松阪市 平成29年 11月 定例会(第5回)-12月08日−05号

これらの産業構造に加えまして、航空宇宙産業、ヘルスケア産業など、今後成長が期待される産業や先端技術関連産業の企業誘致を戦略的に推進していきたいというふうに考えておるところでございます。  その中で現在、松阪市の航空宇宙産業とかヘルスケア産業の現況でございますが、航空宇宙産業につきましては、国際戦略特区でありますアジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区の指定地域としての強みがございます。

松阪市議会 2017-12-06 松阪市 平成29年 11月 定例会(第5回)-12月06日−04号

企業の誘致について、松阪市では航空宇宙産業の発展拠点というものが出てまいっております。そしてもう一つは、ヘルスケア産業の拠点というものが新しく名前が出てきておるんでございますが、この2つの分野について、ちょっと詳しくお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。 ◎産業文化部長(村林篤君) それでは、まずは松阪市の産業構造についてから御説明させていただきます。  

菰野町議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2日目 3月 8日)

今回、企業誘致の質問で、大企業の誘致も大型スーパーの誘致も僕は否定はしませんが、僕は航空宇宙産業の誘致をお願いしたいなと思います。  インターが供用されれば、航空宇宙産業がある名古屋近郊、松阪、飛島等へ1時間以内に行けます。またできることなら法人税ねらいも含めた小さな町工場でいいなと思いますので、工場をお願いしたいですね。  

松阪市議会 2017-02-21 松阪市 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月21日−02号

◎産業経済部長(村林謹一君) さまざまな新規事業も今回考えさせていただいておりますが、やはり大都市圏での企業誘致アドバイザーを活用して、関係機関、団体との広域的なネットワークを構築していくこと、そして、企業立地アンケート調査の実施、その結果によって効果的・効率的に企業の誘致情報や動向等を把握して、誘致熟度の高い企業案件をふやすことで、航空宇宙産業であるとか、ヘルスケア産業、そういった今後成長が期待できる

四日市市議会 2017-02-01 平成29年2月定例月議会(第2日) 本文

それから、その次に、第2の方針として、航空宇宙産業、それから成長産業、これの新規参入、これが提案されています。それから、中小ベンチャー企業への課題の解決に向けた相談業務、こんなことが提案されているんです。  そこでちょっと触れてみますと、工業系のベンチャー企業の育成で、経済センサスの事業所に関する集計、平成24年から平成26年を見てみます。  

四日市市議会 2017-02-01 平成29年2月定例月議会(第1日) 本文

具体的には、事業所、研究所などを新設、増設する事業者に対して継続して支援するとともに、特に、次世代電池、次世代半導体、航空宇宙産業、次世代自動車などの分野について重点的に支援してまいります。また、研究開発機能の集積を強化する事業所に対する奨励金として、特に、マザー機能の集積につながる投資に対しても重点的に支援してまいります。  

四日市市議会 2017-01-01 平成29年1月緊急議会(第3日) 本文

また、昨年度からは、航空宇宙産業や次世代自動車、次世代半導体などの今後成長が見込まれる産業に係る事業や高シェアを誇る製品を生産する事業等を奨励制度の重点分野として指定し、奨励金を拡充交付する内容を新たに設けることで、競争力の高い企業の誘致、創出と産業の多様化を図っているところです。  

松阪市議会 2016-12-06 松阪市 平成28年 11月 定例会(第5回)-12月06日−04号

ただやはり詳細な内容ということになりますと、そもそも航空宇宙産業というものは産業機密というものが多くありますので、なかなかそこら辺のところは明らかにされない部分もございます。しかし、アジアナンバーワン航空宇宙産業クラスター形成特区に指定されていることから、国のさまざまな支援、金融、財政等の支援を受けられることになっているということでございます。

亀山市議会 2016-11-25 平成28年12月定例会(第1日11月25日)

今回の新規立地をきっかけに、さらに関連企業が集積し、航空宇宙産業が市内の大きな産業の柱となることを期待するところであります。  次に、農林業の振興につきましては、来月10日に全国お茶まつりが鈴鹿市文化会館で開催されます。全国からよりすぐられたお茶に関する展示や体験イベントなどが行われますことから、多くの方にご来場いただくことで、茶業振興につながるものと期待するところであります。  

松阪市議会 2016-09-05 松阪市 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月05日−01号

また、アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区として指定を受けた航空宇宙産業分野においては、松阪産業クラスターの形成を推進するとともに、国産初の小型ジェット旅客機MRJ三菱リージョナルジェット等の量産化事業を後押しし、この地域が航空宇宙産業の拠点の一つとしての競争力を強化していくことで、新たな次世代産業の育成や雇用確保への支援を行いました。  

伊勢市議会 2016-07-05 伊勢市 平成28年  6月 定例会-07月05日−03号

また、県北部を中心に、サミット後前倒しで発表されました、意義を見据えた将来のビジョンの策定や国際戦略特区、アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区に沿った航空宇宙産業へのチャレンジ、それに伴う企業誘致などが語られております。  三重県は、サミット誘致をきっかけに、まさに夢のある、夢を語れる地域へと進歩しようとしております。

四日市市議会 2016-02-01 平成28年2月定例月議会〔附録〕

航空宇宙産業クラスター形成特区について、三重県下では特区指定はあるものの、本市には航 空宇宙産業に取り組む事業所がないことから特区指定がないとのことである。しかし、関連産業 はあると考えており、当該特区の申請に向けた企業の誘致・育成の取り組みは必要であると考え る。今後の本市の産業の活性化に向け、航空宇宙分野の支援についても検討してほしい。

四日市市議会 2016-02-01 平成28年2月定例月議会(第4日) 本文

三重県においては、鈴木知事の強いリーダーシップもあり、みえ航空宇宙産業振興ビジョンを策定し、積極的に航空宇宙産業への取り組みが進められております。  そのような状況の中、近隣の東員町や桑名市、いなべ市を初めとする県内八つの市町が区域指定されておる、アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区に本市、四日市市は残念ながら入っておりません。

  • 1
  • 2