37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

志摩市議会 2020-02-27 令和 2年予算決算常任委員会( 2月27日)

その調定予算の差額を見たら、それは2億円も3億円も脱税しておる人が、言葉は悪いけども、見えて、個人が上がれば別ですけどね。そんなこと、あり得んやで。わかった段階できちんと。最後につじつま、プラスマイナスゼロに合わすんやなしにね。歳入は特に、わかった段階で上げるべきやと思いますけど。  この予算書で9月決算歳入欠陥は出ませんね。政策推進部参事。 ○委員長金子研世) 政策推進部参事

四日市市議会 2018-08-07 平成30年8月定例月議会(第7日) 本文

ですから、これは下手をすると、消費税脱税にもつながることでありますので、その辺もきちっと正しておくべき。自分たちでつくったルールを自分たちで破っているということについての決算については反対をいたしたいというふうに思います。  決算全体について、こんなことはわずかなことだから大したことがないという、委員長報告で意見がありましたけど、私はそうは思っていません。

伊賀市議会 2016-12-15 平成28年教育民生常任委員会(12月15日)

それで今まで二重課税とか脱税防止など、そういったことを回避するために民間の間で租税取り決めということで、この27年11月26日に民間レベル契約締結をしたということで、それを有効にするために今回国内法整備をもって、改正を行ったというところでございまして、相互主義による所得税等の非課税に関する法律っていう中身につきましてまでは、ちょっと把握しておりませんで大変申しわけございません。

志摩市議会 2016-09-28 平成28年第3回定例会(第4号 9月28日)

議案第63号 志摩市税条例の一部改正については、条例改正背景は何であるか、また、市内で関係する事例はあるかとの問いに、日台間は非政府間の実務関係のみという特殊な関係であり、二重課税の排除と脱税防止などを目的とする租税条約を締結できないため、それに相当するものとして、日台租税取り決めが作成された。

志摩市議会 2016-09-12 平成28年総務政策常任委員会( 9月12日)

まず、租税条約のほうからお話しさせていただきますと、租税条約というのは、外国の地域における二重課税回避、あとは脱税及び租税回避等の対応を通じて、二国間の健全な投資、経済交流を促すというようなことがありまして、これについては、日本では、66条約を97カ国の地域平成28年7月1日現在でも結んでいます。  

松阪市議会 2015-12-17 12月17日-06号

多大な費用をかけて国民、市民所得だけでなく、資産も透明にし、脱税を防げば、それなりの税金の徴収はふえるかもしれませんが、市民のプライバシーは侵害され、それと引きかえになる費用効果も疑わしい以上、マイナンバー制度には反対です。ですから、この議案第122号にも、そもそものマイナンバー制度反対する意味から、反対討論といたします。 以上です。     

松阪市議会 2015-12-02 12月02日-02号

違法なこととか、この前、協議会でやりましたけれども、例えば脱税とか偽りの申請とか、これはあきませんよ。しかし、今の運営の中で不公正・不公平、いろんなうわさや流言は別として、あったら本当におかしな話であって、それがよりこのマイナンバーによってなくなるんだという話にはならないわけです、今の話でも。そういう答弁だったと私は思いますけれども。 

松阪市議会 2015-10-08 10月08日-05号

脱税とかできない状態になっちゃう。あんたの貯金はこれだけあるじゃないかということが全て、これはどうやって入ってきたのか、出入金全て把握できますから。そんな国家を目指しているシステムなんだけれども、そういった部分に関しては総務省は一言も触れていないわけです。

名張市議会 2015-09-11 09月11日-04号

マイナンバー制導入により、年金や福祉などの申請時の証明書が要るなどの行政手続簡素化、また脱税不正受給を防いだり、本当に助けが必要な人に支援ができるなどの公平な負担や給付の実現などが考えられます。 また、平成29年からはマイナポータルの運用の開始も予定されると聞いておりますが、今後どのようなことができるようになるのか、市のお考えをお教えください。 

桑名市議会 2015-03-04 平成27年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2015-03-04

このマイナンバー制度について、各個人所得水準年金医療等受給実態を正確に把握し、効率的な社会保障給付を実現することを目的とするとしており、行政事務簡素化効率化生活保護不正受給脱税防止効果が期待されるとしていますが、幾つかの問題があると考えます。  一つは、個人情報コントロール権の侵害です。二つに、個人情報流出危険性です。

松阪市議会 2011-06-30 06月30日-05号

それから、罰則は、背景といたしましては、平成23年、国税庁が報道発表しております資料から、平成22年以前に着手した事案について、平成22年じゅうに処理をした件数は216件で、脱税額は総額で248億円と言われております。そのうち告発分は約213億1500万円という状況でございます。

志摩市議会 2011-03-24 平成23年第1回定例会(第6号 3月24日)

○5番(井上裕允) これ、私思うのに、脱税悪い人が考えたら脱税するためのへ理屈やと思います。以上で終わります。             (「それはおかしい」と坂口議員呼ぶ) ○議長(小河光昭) 坂口議員。 ○12番(坂口 洋) そういう立場からね、皆さんはそれじゃ白色を選んでいるんですか。そうじゃないですよ。白色だってちゃんと記帳の義務もあるし、きちんと申告する義務はあるわけですよ。

鈴鹿市議会 2011-03-15 平成23年総務委員会( 3月15日)

○市川(義)委員  私もかって,この青色と白色に携わるということがありまして,ちょっともう時代がさかのぼりますけど,鈴鹿でも,花,植木がすごく隆盛になってきたときに,農家の方が申告の仕方があんまりよくわからないということで,自主的に白色でやっとってね,脱税というか,修正申告せんならんと。3年ぐらいさかのぼってというのを,かなりその件数を見てきました。

鈴鹿市議会 2010-12-14 平成22年総務委員会(12月14日)

昨今の,この経済情勢からいきますとね,私なんか西部で住んどる人間はね,いわゆる家族がよかったときには,かなり脱税でね,やられたといううちが,やられたというか,正式な申告をしてなかったということで,さかのぼって税金かけられたというのが結構あったんですね。

  • 1
  • 2