25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

四日市市議会 2018-11-01 平成30年11月定例月議会〔附録〕

                               :  └……………………………………………………………………………………………………………┘ (2)三重県周産期死亡症例検討会  ・平成25年度から年3回開催  ・委員:各周産期母子医療センター(総合・地域)の産婦人科医小児科医      周産期救急搬送協力病院産婦人科医小児科医      その他、オブザーバーとして産婦人科医県職員等が出席  ・対象症例:死産、新生児死亡胎盤早期剥離症例

鈴鹿市議会 2016-06-20 平成28年文教環境委員会( 6月20日)

勝田環境政策課長  これはお産のときの胎盤とか,そういうものでございまして,数年前までは1カ所の病院から申し込みがあったんですけども,多分,そちらのほうも業者委託,産廃になりますもんで委託されて排出されてまして,数年前から汚物の焼却はなくなっております。  以上です。 ○森委員長  ほかに。 ○今井委員  高齢者人口というか,今のピークになるのが平成45年ですか。

亀山市議会 2014-06-16 平成26年産業建設委員会( 6月16日)

また、病院から搬出される身体の一部、胞衣等胞衣と申しますのは胎盤のことでございますが、胞衣等につきましては、1件当たり10キログラムまでを現行の3,080円から4,320円に、10キログラムを超える場合、5キログラムまでの現行の1,020円から2,160円に改正をお願いするものでございます。  なお、施行日は本年10月1日といたします。  

桑名市議会 2013-12-12 平成25年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2013-12-12

しかし、それ以外の原因胎盤血流が阻害される抗リン脂質抗体凝固異常、子宮形態が悪い、糖尿病などの原因がはっきりしている場合には、治療法が確立している血が固まらないようにするアスピリン投与自己注射ヘパリンカルシウム製剤との併用で約80%以上の人が出産を迎えられるとのことです。ヘパリン注射は月2回の投与が必要であり、一月約5万円程度の負担になります。

鈴鹿市議会 2013-09-04 平成25年 9月定例会(第3日 9月 4日)

そのほか,胎児以外の要因といたしましては,子宮の形の異常,甲状腺の異常,免疫異常で,胎盤などに血栓がつきやすい抗リン脂質抗体症候群など,さまざまなリスク因子があるとされておりますが,要因は多岐にわたっておりますため,検査を継続的に行わなければ,原因の解明が難しいというふうにも言われております。

桑名市議会 2013-03-07 平成25年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2013-03-07

造血幹細胞とは、骨髄赤ちゃんへその緒胎盤の中にある臍帯血などに多く含まれている血液のもととなる細胞のことです。これらを移植することにより治療効果を期待するものです。このほかに、血液中に薬を投与して採取する末梢血幹細胞移植に利用されています。  この造血幹細胞移植には3種類方法があるということです。

四日市市議会 2013-02-04 平成25年2月定例月議会(第4日) 本文

そもそもこの造血幹細胞とは、骨髄赤ちゃんへその緒胎盤の中にある臍帯血などに多く含まれている血液のもととなる細胞で、これらを移植することによって治療効果を期待するものです。また、ほかに血液中に薬を投与して採取する末梢血管細胞移植に利用されています。つまり造血幹細胞移植には3種類方法があるということです。  

四日市市議会 2012-11-04 平成24年11月定例月議会(第4日) 本文

中でも、自己免疫の異常によって胎盤血液が固まって流れにくくなる抗リン脂質抗体症候群、舌をかみそうですけれども、このような原因があります。これは、血液をさらさらにする在宅自己注射ヘパリン治療で8割が出産されるとされています。しかし、注射だけで1回2000円。これは、毎日注射が必要であるために、月に6万円かかると言われています。  

名張市議会 2012-03-07 03月07日-03号

育症原因大半は偶発的な胎児染色体異常で、それ以外では胎盤血流が阻害される抗リン脂質抗体症候群、あるいは夫婦どちらかの染色体異常などです。このうち治療法が確立しているのは、抗リン脂質抗体陽性の血が固まらないようにするアスピリン投与自己注射ヘパリンカルシウム製剤との併用で、約80%の人が出産を迎えられることがわかっています。 

名張市議会 2012-03-07 03月07日-03号

育症原因大半は偶発的な胎児染色体異常で、それ以外では胎盤血流が阻害される抗リン脂質抗体症候群、あるいは夫婦どちらかの染色体異常などです。このうち治療法が確立しているのは、抗リン脂質抗体陽性の血が固まらないようにするアスピリン投与自己注射ヘパリンカルシウム製剤との併用で、約80%の人が出産を迎えられることがわかっています。 

伊勢市議会 2012-03-06 03月06日-03号

しかし、胎児以外の要因胎盤血流が阻害される抗リン脂質抗体凝固異常、子宮の形が悪い、また糖尿病など、原因がはっきりわかった場合は、治療を行うと85%が出産にたどり着くことができるそうです。 厚生労働省研究班の作成したポスターに--このようなポスターを、これはインターネットでとったのですが、これが出ております--あきらめる前に検査治療を受けましょうとあります。

松阪市議会 2012-03-02 03月02日-05号

月数十万円の費用がかかっていた胎盤など血栓治療効果があるヘパリンカルシウム製剤ヘパリン在宅自己注射に、ことしから保険適用が始まりました。大きな朗報ではありましたが、これも抗リン脂質抗体症候群と診断されるなどの場合に限られ、保険適用対象は不育症患者全体の約5%であります。関係団体調べによりますと、平成22年度岡山真庭市を最初に、全国20ほどの自治体において現在公費助成の支援が始まっています。

津市議会 2011-12-07 12月07日-04号

ほかに、胎盤血液が固まって流れにくくなる抗リン脂質抗体症候群という名前だそうですが、夫婦染色体異常、母体の糖尿病などが考えられるということであります。 不育症は、治療した患者の8割近くが出産可能と言われております。しかし、治療のための両親の染色体検査子宮形態検査ヘパリン注射などには保険が適用されないケースが多く、患者負担通常妊娠より30万円以上も多くなると言われております。

桑名市議会 2011-09-15 平成23年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2011-09-15

そのほかには、胎盤血液が固まって流れにくくなる抗リン脂質抗体症候群や、夫婦染色体異常、子宮の奇形などがあります。不育症原因は個人によってさまざま違いがあり、不育症治療を行う場合、最初は御夫婦検査をいたしますが、その検査で大体5万円から、網羅的に行うと15万円ほどかかるとも言われております。これは保険適用外でありますので全額自己負担になります。

亀山市議会 2011-03-11 平成23年 3月定例会(第4日 3月11日)

さらに、治療していこうと思うと、これも保険適用外ですので、また胎盤などの血栓治療効果があるヘパリン注射、これが月大体10万ぐらいかかると言われております。治療効果出産に至ったとしても、費用負担が重くのしかかって、次に出産をするというところまでいかない、こういうことも聞いております。  岡山県の真庭市では、今年度から不育症治療費助成を行っております。

  • 1
  • 2