4402件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-02-25 令和 3年総務常任委員会( 2月25日)

この辺地債を活用しまして、火災発生時などに地域で迅速な初期消火を行えるように、耐震性の防火水槽設置しようとするものでございます。整備費については700万円で、全額辺地債を充当する予定となっています。資料といたしまして、辺地一覧表と、それから、設置を予定しています場所位置図、矢持のグラウンドの地図を配付させていただいていますので御確認いただきたいと思います。  以上で説明を終わります。

いなべ市議会 2021-02-18 令和 3年第1回定例会(第1日 2月18日)

施設はおおむね耐震性が確保されていますが、管路耐震化率は低く、順に更新が必要です。  また、火災発生時など水道水需要と供給のバランスが崩れたときに、ほかの水源地から水を供給できるよう、水道水源配水池配水管ネットワーク化が必要です。  そこで、石榑北山配水池の敷地内にもう一基配水池を増設し、二基体制とすることで配水池の容量を増やします。  

伊賀市議会 2021-02-10 令和 3年第 1回定例会(第1日 2月10日)

いずれも県内では最多で、耐震性において課題を抱えており、決壊すると人命に被害を及ぼすおそれがあります。昨年10月に、防災重点農業用ため池に係る防災工事等推進に関する特別措置法が制定されたことから、伊賀市では国の補助金を活用して、地震や豪雨によるため池の決壊を未然に防止すべく、集中的かつ計画的な整備を図っていきます。  3つ目は、「にぎわい」づくりについてです。  

志摩市議会 2020-12-14 令和 2年第4回定例会(第3号12月14日)

それから廃校になった学校の備品が倉庫として入れられているとか、まだちょっと残ってる学校はあるんですけれども、今の志摩市の考え方が分かりましたので、これ以上私は言いませんけれども、やはり新しい色づくりまちづくり色づくりとして、周りがやっているというのも結構なんですよ、費用がかかるしということで、できる形で安くやってみえるんだとは思いますけれども、この耐震改修した場合の例えばここに耐震化とか書いてあるわけなんですけれども

志摩市議会 2020-12-10 令和 2年第4回定例会(第2号12月10日)

そのうち、125棟は、昭和57年以降に建築された新耐震基準を満たした建物でございます。空き家全体の10.7%を占めております。今回、この新耐震基準を満たした125棟にスポットを当てていきたいと思います。  その中で、今後の活用意向で、地域のために有効活用してもらいたいという回答が2棟ありました。その建物所有者さん、そして、総合政策、観光、都市計画とか、行政連携ですね。

伊賀市議会 2020-12-10 令和 2年第 6回定例会(第4日12月10日)

確かに、ランニングコスト、この当時は薬品費電気費のみでございますけれど、それだけ見ればゆめが丘浄水場から送水するより安価でありますが、朝古川浄水場昭和48年、滝川浄水場昭和49年に建設されておりまして、両施設とも約半世紀近くが経過しており、現在では老朽化し、また耐震性に乏しいことから継続して浄水場として利用する場合は、施設更新費イニシャルコストが必須となってまいります。

菰野町議会 2020-12-10 令和 2年第4回定例会(第2日目12月10日)

また、空き家対策の一環として、昭和56年5月以前に着工された耐震性のない木造住宅空き家を対象に、解体し、除却した工事費に対し、補助金の交付を実施しているところでございます。  今後につきましては、引き続き現在の取り組みを進めながらも、前回の空き家等実態調査から約5年が経過し、空き家等状況につきましても、変化がしている、変化が起きていると推測できるところでございます。  

名張市議会 2020-12-10 12月10日-04号

市長は、財政逼迫の原因について、小・中学校耐震工事空調整備、またGIGAスクール構想のための整備需要が一気に起こったことを挙げられておりましたが、全て起債で行われたので、一部償還が始まったとはいえ一般財源に影響はなく、大きな理由にならないのではないでしょうか。ただ、何度も言いますが、都市振興税導入で一気に予算関連部署をはじめ緩みが出たのは事実だったと思います。 

桑名市議会 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020-12-09

国の防災減災の取組として国土強靱化推進が図られているところでございますが、本市におきましても、伊勢大橋の架け替え河川海岸堤防耐震対策などについて、国、県としっかりと連携を図りながら進めてまいります。  また、さらなる防災力の強化として、津波浸水地域にある消防本部機能の高台への移転を一刻も早く進めてまいります。

伊賀市議会 2020-12-09 令和 2年第 6回定例会(第3日12月 9日)

とりわけ、教育を実践するに当たって、児童生徒が1日の大半を過ごす場である学校施設整備については、これまで耐震補強についてはもう整備を終わっておりますけれども、長寿命化に加えて空調トイレ整備、それから学習環境の向上を目的に継続して今後取り組んでいかなきゃいけないというふうに思ってるとこでございます。  

亀山市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第4日12月 9日)

解消されていない空家等につきましては、木造住宅耐震補強事業の解体の補助金を活用いただくなど、引き続き相談、また助言もさせていただきながら解消につながるよう努めてまいりたいと考えておるところであります。 ○議長(中﨑孝彦君)  豊田議員。 ○8番(豊田恵理君)(登壇)  着々と解消に向けて進んで行っていただいているということは確認をさせていただきました。  

名張市議会 2020-12-09 12月09日-03号

学校耐震も一緒ですよ。今やる、今やるんですよ。財政当局。これね逆に、市長借金嫌いですけども、借金してやってしまっても、将来的に市民の健康、スポーツの増進、若者の定住を考えればプラスになってくると思うんですよ。その辺を考えてやらないとできない。だから、今やるんですよ、今。ぜひともお願いしたい。今できなかったらずっとできない。そうですよ。教育委員会でしょう。

松阪市議会 2020-12-08 12月08日-04号

上下水道事業管理者西川昌宏君) マンホールトイレ設置につきましては、平成23年度に策定しました松阪市下水道総合地震対策計画に基づき、マンホール浮上防止対策下水道管渠耐震化とともに、平成27年度から取り組んでいるところでございます。現在、令和3年度までをこの対策計画中期対策計画期間として位置づけ、令和3年度には6施設26基のマンホールトイレ設置を計画しているところでございます。 

伊賀市議会 2020-12-08 令和 2年第 6回定例会(第2日12月 8日)

取りあえず、耐震の関係もございまして、先にさせていただいてるところでございます。  そういった機能とかどういったものや、当然、私どもも今度新しい地域振興センターには、さきの議員全員協議会でも申し上げさせていただきましたように、そういった自治を進める、支援する職員を当然配置もしていく、こういったことも考えてございます。