26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

いなべ市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2日12月 4日)

一つは、病気に起因するもの、鬱病統合失調など精神的な病気原因によるケースでございます。二つ目は、社会に出て人間関係で挫折されたケース病気ケースと重なる場合もございますが、ひきこもりの原因がある程度特定できるケースでございます。三つ目は、過去に不登校の経験があり、その状況からひきこもりとなり、年齢を重ねても社会とのかかわりを持たないケースでございます。四つ目は、家庭環境でございます。

津市議会 2017-06-15 06月15日-05号

来年4月から雇用義務づけの対象に、統合失調などの精神障がい者が加わり、対象者数がふえるための措置であります。障がいの有無にかかわらず、就労を希望する人がその能力を職場で発揮できるようにすることは、多様な人材を積極的に活用しようという世界的潮流の考え方にも通じます。国や自治体、企業の積極的な取り組みが求められております。 そこで、質問をいたします。 

いなべ市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第3日 3月 8日)

次いで関節疾患統合失調、脂質異常症が高い状況となっております。  以上です。 ○議長(川瀬利夫君)  小川幹則君。 ○3番(小川幹則君)  非常に高いことがわかったわけなんですけども、こういったものを抑えていく意味合いでも取り組みをお願いしたいと思うんですが、市民全体の健康対策意味合いでは、国保以外の方にはどのようなことを考えてますでしょうか。

鈴鹿市議会 2014-12-10 平成26年12月定例会(第6日12月10日)

ストレスや悩みをため込んでしまいますと,鬱病統合失調などの精神疾患にかかり,自殺に至ってしまうケースも少なくありません。  一般的に,鬱病は,眠れない,食欲がない,一日じゅう気分が落ち込んでいるなどといった症状が2週間以上続くのが特徴であり,精神的ストレス身体的ストレスが重なるなど,さまざまな理由によって脳の機能障害が起きている状態であると言われております。

伊賀市議会 2013-09-10 平成25年第 5回定例会(第3日 9月10日)

さらに、精神障がいを持つ人のうち鬱病の人は46%を占めており、続いて、統合失調アルコール依存症となっております。平成19年から23年までの伊賀市の年間自殺者数は16人から25人を推移しております。鬱病との因果関係も大きいと考えられます。三重自殺対策情報センター資料によりますと、自殺するほとんどの人は、その意思を明確に告げていたり、周囲にその兆候やサインを出しているとのことでございます。

鈴鹿市議会 2013-09-04 平成25年 9月定例会(第3日 9月 4日)

自殺を図る要因としましては,身体病気のほか,鬱病統合失調,アルコール依存症などの精神疾患といった健康問題や家庭問題,経済・生活問題,勤務問題が多い状況にございます。  また,保健衛生の分野で国際協力を行っております国連の専門機関であります世界保健機関,WHOの自殺者に関する研究の成果では,自殺を図る人の90%以上が精神疾患を有していたと,そういうふうな可能性があると示されております。  

桑名市議会 2011-09-22 平成23年決算特別委員会福祉安全分科会 本文 開催日:2011-09-22

また、6カ月以上の入院患者を見ますと、その多くは統合失調ということでございますが、同時に生活習慣病に該当するケースが183人中53人というふうになっております。さらに人工透析患者さんにつきましては99人おられまして、疾病では糖尿病、あるいは高血圧症70人という基礎疾患が見られております。

四日市市議会 2011-09-02 平成23年9月定例月議会(第2日) 本文

このAさんは統合失調で、長期間入院しておりました。退院後も不動産を相続したんですけれども、この不動産管理ができないと、自分で財産管理ができない方、こういう方です。次は、悪徳商法の被害に遭うと。高価な商品を買ってしまったと。また、悪徳リフォームの契約をしてしまった、このような方を守るためのものです。

鈴鹿市議会 2010-03-08 平成22年 3月定例会(第4日 3月 8日)

昨年度に策定いたしました,本市の第2期障害福祉計画参考資料として,三重県が県内の精神科病院入院中の方を対象に行ったアンケート調査を活用いたしておりますが,それによりますと,退院可能な精神障害者として,入院期間が1年以上の任意入院者で,統合失調の65歳未満の人を退院促進対象者と定義づけております。  

桑名市議会 2009-03-13 平成21年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2009-03-13

糖尿病患者も、腎不全患者も、統合失調患者も、人格障がいの患者も、完全治癒はなかなか望めません。もし糖尿病維持的治療の条件を設けて打ち切ったら、患者は死んでしまう場合もございます。  また、腎不全でも、あなたは効果が上がらないといって透析をとめれば殺人行為になってしまいます。回復、完治する見込みがないのは脳卒中でも同じではないでしょうか。

名張市議会 2009-03-09 03月09日-02号

クラブハウスに行って何でこんなに元気なのかという、メンバーが来られて発表されてたんですけども、こうやって仕事に行ってます、ここに通ってることで元気になりました、統合失調の方もいらっしゃいましたけども、何でこういうふうになるんだろうという、そんなふうな、それまでの感覚だと理解がちょっとできなかったんですよね。きっと当局の方もなかなかわかりにくいんじゃないかな。

名張市議会 2009-03-09 03月09日-02号

クラブハウスに行って何でこんなに元気なのかという、メンバーが来られて発表されてたんですけども、こうやって仕事に行ってます、ここに通ってることで元気になりました、統合失調の方もいらっしゃいましたけども、何でこういうふうになるんだろうという、そんなふうな、それまでの感覚だと理解がちょっとできなかったんですよね。きっと当局の方もなかなかわかりにくいんじゃないかな。

松阪市議会 2006-09-21 09月21日-03号

合併時と現在のメンタル面病気休暇休職者職員数でございますけれども、精神疾患、うつ、適応障害統合失調による今現在の休暇休職者でございますが、平成17年1月1日合併時現在でございますが、5名でございます。平成18年9月1日現在が10名でございます。 2点目のメンタルヘルスに対する対応策という御質問をいただきました。

  • 1
  • 2