176件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

四日市市議会 2020-02-02 令和2年2月定例月議会(第2日) 本文

ごみ発生の抑制に向け、とりわけ二酸化炭素の発生量が多い廃プラスチック類ごみ量削減に力を入れるとともに、分類分別徹底、例えばペットボトルなど、資源化できるものは資源化するといった取り組みをより強化し、焼却するごみ量全体をさらに減らすよう努めてまいります。  また、焼却時の燃料であるコークスにつきましても、植物由来バイオコークスなどの新たな技術開発も進められています。

松阪市議会 2019-10-11 10月11日-06号

これは、プラスチック類、生ごみ類、木・竹類繊維類、その他がそれぞれ燃えるごみの中で占める割合を調べたものでありまして、統計資料等を作成し、事業を進める上での資料となっております。しかし、議員が紹介いただきました豊中市のように、生ごみの中で未開封の食品がどのくらい存在するのかといった調査は現在行っておりません。 以上、答弁とさせていただきます。

志摩市議会 2019-09-10 令和元年総務政策常任委員会( 9月10日)

ごみ対策課長濱口真吉) 集団回収というところで、ほかの自治体では集積所の横に資源用集積所を、例えば、自治会が設置して、自治会が設置したところに搬入されましたそういった資源物に関しましては、その自治会リサイクルをして、当然、有料で引き取っていただくようなもの、ペットボトルとか、缶、でありますとか、有料化されるものに関しましては、ほかの自治体でも当然やっておるところがございまして、そういった

志摩市議会 2019-08-20 令和元年全員協議会( 8月20日)

総務部長山田達也) 分別という形で、とか、それから燃えるものということでの分類をしながら、分別して、それをやまだエコセンターのほうに運ぶ形をとっておりますけれども、料金につきましては、支払いのほうはしておりません。 ○議長中村和晃) 中村孝司議員。 ○7番(中村孝司) 市は支払わなくてよろしいんですか。それと、分別して、その中に産業廃棄物はありませんか。

鈴鹿市議会 2018-12-06 平成30年12月定例議会(第3日12月 6日)

また,燃やせるごみの17%を占める再生可能な資源化や,事業系ごみの中に含まれる等の再生可能なごみ分別徹底を図る等,市民事業者,行政が協力して,積極的な資源化率向上施策の展開を図ることが必要ですというふうに書かれております。まさにそのとおりだと思います。  では,具体的にどのような施策を考えられているのでしょうか。

鈴鹿市議会 2018-11-13 平成30年全員協議会(11月13日)

また,事業者に対して,可燃系廃棄物に含まれる事業系段ボールなどの草類資源化啓発を推進していきます。  ウ,資源化向上取り組みとしましては,家庭系燃やせるごみに含まれる贈答品やお菓子の箱,梱包紙,メモ用紙などのである雑紙を燃やせるごみから資源ごみへ移行できるように,市民に周知,啓発を行っていきます。

亀山市議会 2018-06-19 平成30年教育民生委員会( 6月19日)

その下の図1-3のリサイクル量内訳にありますように、金属類ペットボトル白色トレイなどのように、わずかではございますが、前年度よりリサイクル量が増加しているものがある一方で、受け入れ量減少や、刈り草コンポストについて、施設民間移譲に伴う環境整備工事実施のため、昨年夏以降、堆肥化処理を中止したことで減少幅が大きくなったことが、リサイクル量減少の主たる要因となっているところでございます。

伊勢市議会 2018-03-05 03月05日-02号

それから、雑がみというところで、まだ利用できるごみに出されておるという状況も、こちらもございますので、その辺も削減していきたいというふうに考えております。 ○議長西山則夫君) 黒木議員。 ◆19番(黒木代春君) ありがとうございました。 2Rについて優先していくことに関しては、市民に対する啓発についても含めて御説明いただきました。 

いなべ市議会 2018-02-22 平成30年第1回定例会(第1日 2月22日)

燃えるごみの中にはのように資源ごみとしてリサイクルできるものが大量にまざっています。資源ごみへの分別徹底をお願いします。  2 広がる子どもの未来  2-1【子育てコンシェルジュ事業】  現在、さまざまな機関が子育てに関する事業を展開していますが、どこでどのようなサービスを利用できるかがわからないという声があります。

津市議会 2017-12-07 12月07日-05号

環境部長蓑田博之君) 燃やせるごみの中には、多くのが混入をしておる現状がございます。それらは、資源化されずに焼却処理をされているという状況でございます。これまでも広報津環境だより、市のホームページ等多くの機会を捉え、啓発を実施してきたところではございますけれども、現状ごみ排出量を踏まえますと、市による啓発が十分ではなかったかなとそのように反省しておるところでございます。 

鈴鹿市議会 2017-09-14 平成29年予算決算委員会文教環境分科会( 9月14日)

具体的には,空き缶が8%減,空き瓶が15%減,古紙類が13%減,金属類が3%減,ペットボトル10%減ということで,全てにおいて減少しておるわけですけども,特に新聞・雑誌類などが,量にいたしまして約200トンぐらい減っております。ほかに空き瓶とかも72トン減っておりまして,全体として年315トン減少しております。

志摩市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第3号 9月 8日)

このも、もう一度見直していただき、簡素化できるものはしていただきたいと、このように思うわけですけれども、担当部局としては、どのようにお感じでしょうか。 ○議長西﨑甚吾) 市民生活部長。 ○市民生活部長(松井しおみ) 担当といたしましては、先ほどの野名議員と同様に、紙の分類簡素化などについても、審議会自治会と相談をさせていただいて、できることから取り組んでいきたいと考えております。

亀山市議会 2017-06-16 平成29年産業建設委員会( 6月16日)

図1-3のリサイクル量内訳にありますように、金属類小型家電、刈り草のように、わずかではございますが前年度よりリサイクル量が増加しているものがある一方で、受け入れ量減少幅が大きいことがその要因となっております。  2の一般廃棄物処理基本計画に対する実績につきましては、掘り起こしごみ、し渣、脱水汚泥災害廃棄物等を含まない一般廃棄物に係る実績の数値でございます。  

伊賀市議会 2017-06-12 平成29年第 4回定例会(第2日 6月12日)

ごみの組成がどうなっているのかということですけれども、であるとか、布類、あるいは木、ビニール、合成樹脂、そういった7つに分ける項目のうち、厨芥類と申しまして家庭の台所から発生する野菜くずや食べ物の残りなど、こういう成分が約9.4%、年平均で含まれているということで、2万7,000トンのうち単純にこれを計算をしますと約1,946トン、大体2,000トンぐらいあるということです。  

いなべ市議会 2017-06-08 平成29年第2回定例会(第2日 6月 8日)

施設に搬入される燃えるごみごみ質検査を年3回実施している結果、プラスチック類割合が全体の約40%を占めています。この部分について正しく分別され、リサイクルに回ることで燃えるごみ減少となり、経費削減とCO2削減につながります。  員弁町分の市内処理に向けて、今年度よりごみ減量化啓発として、各自治会協力のもと、ごみの出し方等の減量化説明会を実施することを予定してございます。

桑名市議会 2016-09-20 平成28年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2016-09-20

その理由は、平成27年度の後期において、資源物のうちの単価が平均1.5円程度上昇したことによるものでございます。これにより自治会資源物売上金を還元する予算に不足を生じたものでございます。なお、流用した金額は、資源物売上金として清掃費収入入金済みでございます。  

菰野町議会 2016-03-10 平成28年第1回定例会(第3日目 3月10日)

環境課長諸岡俊樹君) 可燃ごみの中から生ごみを、それから廃棄プラスチックの中からプラスチック製容器包装品等分別資源化しまして、これ以上分別できない状態になれば、可燃ごみ廃棄プラスチック混合収集が可能と考えておりますので、よろしくお願いいたします。 ○議長矢田富男君) 中山文夫議員