266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-11

それは無償化という大きな変革が起こった中、公立幼稚園の3歳児保育空洞です。桑名市として保育事業の大きな役割は待機児童ゼロであること、そして就学前の幼児教育の充実です。その役割は果たしている現状にありますが、それは私立幼稚園と連携、努力で維持されているものと大変感謝しております。  

伊賀市議会 2019-09-10 令和元年第 5回定例会(第3日 9月10日)

世帯者数減、高齢化率、空き家率、住環境をよくする施策で居住の促進を図り中心市街地の空洞スポンジ化を防ぐことであるということでございますが、原課に聞けば余り改善されてないということでございますし、商業に関する課題では、空き店舗数の増加や後継者数不足など商業集積地の機能をまさに失いつつあるのに、消費者が少ないところには、もうこれは当然のことでございます。

伊賀市議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 9日)

ちょっとそこと絡んでくるので、そこについても質問させていただくんですけれども、今、やはり中活の基本計画、2期計画を策定するに当たっても、問題となっているのは、市街地のエリア、いわゆる旧町と言われる部分が非常に後半な地域ですけれども、その広い地域の中で、市街地のスポンジ化、空洞ではなくてスポンジ化が進んでいっているというふうな状況が問題であるというふうにされております。

伊賀市議会 2019-06-17 令和元年第 3回定例会(第4日 6月17日)

まちのこの今の状況は、本当に空洞というかスポンジ化というか、もうちょっと大きくしてください。あの赤い点が全て空き家なんです。空き家、空き店舗なんです。この状況が今の状況です。  以前は、中心市街地をコンパクトシティーにという表現がございましたけれども、これは全国的な中心市街地の傾向になってる。

伊賀市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会(第6日 3月22日)

市街地の空洞を顧みず、市民生活はもちろん、伊賀市が飛躍していく機運を逃してしまいかねない当初予算案を否決しようとする暴挙にひるんではならないと思います。  改めて、南庁舎の利活用を積極的に進め、市街地に人とお金の流れをつくり、文化的な伊賀市を守っていくことを強く求めて反対の討論といたします。 ○議長(岩田佐俊君)  他にございませんか。               

菰野町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日目12月11日)

これはもう課長も御理解いただけたと思いますけども、ニホンミツバチは空洞した木の幹などに巣をつくりますが、そういった木が少なくなったために、今では民家の屋根裏や縁の下などに巣をつくったりします。  でも、そういうところにつくった巣は駆除されてしまいます。ハチも一緒に殺虫剤等で殺されてしまいます。山に住むところをつくってやる必要があります。難しいことではありません。巣箱を設置すればいい。  

亀山市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第4日 9月 7日)

最近、やはりこの地震ということで、液状化もあるんですけど、道路の陥没ということで私も再三議会の中でお話しさせていただいてまいりましたが、このアクションプログラムも2015年からもう既に出てきておりまして、交通ネットワークの強靭化の推進というわけで、とりわけ路面の空洞ということについて非常に関心を持ってきております。  

伊賀市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会(第1日 9月 3日)

このため、利用促進や空き家の抑制の方策として、空き家を地域資源として捉え、古民家の歴史性を尊重しながら客室や飲食店、店舗としてリノベーションを行い、その土地文化歴史を実感できる複合宿泊施設として再生するNIPPONIAモデルの事業を展開し、空洞問題等の解決に向け取り組みを進めたいと考えています。  次に、道路です。

伊賀市議会 2018-06-13 平成30年第 3回定例会(第4日 6月13日)

最後になりました、にぎわいまちづくり、中心市街地の空洞についてお尋ねします。最近、特に銀座通り、町なかの銀座通りのメーン通りに売家、売り土地の看板が目立つようになりました。市内業者の店舗数の減少と人通りの減少も目につくようになり、どの通りが顕著になっているのか、まち中の小売業の景況指数の移り変わりはどのようになっているのか。

亀山市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会(第4日 9月 7日)

中心市街地はどんどん空洞していく。これはあなた方、容認するんですか。それが問われているんですよ、これ。  それで、特定用途制限地域の指定というのは、用途地域が定められていないうちらのような、いわゆる線引きがされていないところ、そういうところについては、商業工業などの人の集中するようなところ、騒音が出るような発生のあるおそれ、建物の制限をする区域を決めていくということですよ。

四日市市議会 2017-08-05 平成29年8月定例月議会(第5日) 本文

次に、計画的な道路空洞調査についてお聞きしたいと思います。  これは、具体的には平成26年度ですけれども、市道を民間の企業協力をいただきましてサンプル調査をしていただいております。翌平成27年度はこのサンプルで発見されました空洞の箇所の経過調査ということでしていただいておりまして、平成28年度に、これは325万円の予算をつけていただいて19.3kmの調査をしていただいております。

四日市市議会 2017-08-01 平成29年8月定例月議会〔附録〕

をどうつくるのか問われる自治体の対応        2.高齢者の移動を支援する          シルバーパスのあるまちへ  18    樋口博己       公明党         60分        1.防災減災災害に強いまち 四日市を目指して        (1)四日市版「国土強靭化地域計画」の進捗状況は           ~脆弱性評価項目の数値的評価~        (2)計画的な、道路空洞調査

桑名市議会 2017-06-21 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2017-06-21

また、桑名駅東地区におきましては、現在、商業機能の低下、空洞への懸念に対し、商業、業務機能を誘導する特別用途地区の指定にも取り組んでいるところでございます。さらにソフト面におきましては、商業振興として関係機関協力し、新規創業を促進するための創業支援や空き店舗対策事業にも取り組んでおります。  

亀山市議会 2017-06-14 平成29年 6月定例会(第4日 6月14日)

本市のみならず、中心市街地の空洞が指摘をされて久しいことでありますが、平成24年策定の第1次亀山市総合計画の後期基本計画から始まり、今回、今春から第2次亀山市総合計画におきまして、戦略プロジェクトの一つとして市の中心的都市拠点でありますJR亀山駅周辺のにぎわいと都市機能を高めることで、その再生を目指して亀山駅周辺整備事業に取り組んでまいったところであります。  

四日市市議会 2017-06-07 平成29年6月定例月議会(第7日) 本文

また、納屋小学校と中部東小学校が統合した中央小学校も適正基準を下回る状況となっており、戦災復興のまちづくりにおいて、行政が市中心部の空洞対策に知恵がなかったために、中心部で豊かな生活を送ることが困難になっているように感じる。  子供は宝であり、これからの社会を支える力となるが、現在の社会秩序、情勢の中では、子供を産み育てられる環境が整っていない。

亀山市議会 2017-03-21 平成29年予算決算委員会( 3月21日)

そういう中にあって、私どもとしては、190平方キロの亀山市が、やはり都市全体の中心部の空洞は久しいわけでありますが、これをもう一度、都市の中心的な市街地の求心力を高めるような施策が、これは間違いなく必要であろうと。これは多分多くの議員の皆様にとりましても論点は異なるものではないと思っております。  

菰野町議会 2017-03-10 平成29年第1回定例会(第4日目 3月10日)

交通弱者に大変影響を与える可能性が高い道路や橋梁など、主にインフラ整備についての老朽化問題ですが、道路路盤の空洞による陥没での事故、これは自然災害ではなく、人災と言えます。近年で一番衝撃だったのは、博多駅前の陥没事故であります。駅前という繁華街の中において、直径30メートルというとんでもない面積道路が陥没したニュースは、皆さんも驚かれたと思います。