221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-02-10 令和 3年第 1回定例会(第1日 2月10日)

また、畜産振興では、伊賀牛地域内一貫肥育モデル事業令和2年度に開始をしまして、乳牛に黒毛和牛の受精卵を移植する事業で種つけされた最初の子牛が4月頃、数頭誕生する見込みです。現在、県外から導入している和牛素牛地域内でも生産できる体制を整えているところであり、伊賀牛のさらなるブランド化を推進します。  

松阪市議会 2020-11-27 11月27日-01号

第6款農林水産業費は、主にジャンボタニシ防除対策といたしまして、令和2年度から実施しております水稲移植時期の薬剤散布に対する補助金の増などや、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策といたしまして、ベルファーム施設内トイレにおける飛散による感染を防止するために、便器の洋式化を実施するための追加でございます。 

伊勢市議会 2020-09-23 09月23日-02号

皆さんも御存じにように、白血病再生不良性貧血、また先天性免疫不全症候群、また代謝異常症骨髄形成症候群悪性リンパ腫多発性骨髄腫などの血液難病に苦しむ患者への有効な治療法の一つが造血幹細胞移植であります。 平成24年の法整備で、骨髄移植、末梢血管細胞移植、臍帯血移植の3種類の移植術のうち、患者が最適な治療法を選択できる実施体制が整備されました。

松阪市議会 2020-09-15 09月15日-05号

また、園路付け替え樹木撤去等を必要としますが、園路は小川やメダカ池に沿って散策できるように付け替えることと、樹木につきましても可能な限り移植を行うことで検討しております。 建設予定地にあります水飲み場につきましては撤去が必要なことから、近くに移設する計画でございます。また、あずまやでございますが、こちらも撤去が必要でございます。

松阪市議会 2020-06-29 06月29日-04号

波瀬に在住されている御家族も御高齢であり、明和町にお住まいの長女の方が、このままでは父が守ってきた波瀬ゆりを消滅させてしまうと、明和議員である下井さんに相談したところ、下井さん自ら明和町と伊勢市から10人ほどの仲間を集め、昨年より毎週土曜日に訪れ、背丈ほどある雑草や、さびて破れた金網など、荒れ果てたモデル園を整備し、そこに100株以上を移植しました。 

桑名市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-06-18

骨髄バンクに関しましては12月にも質問させていただきましたが、その直後、今年度三重県が三重骨髄移植ドナー助成制度を新たに設けました。これはちょっと県から頂いたんですけれども、県内では四日市、松阪、津、伊勢、名張の5市に加え、4月から鈴鹿も助成制度を設けました。  池江璃花子選手が退院し、オリンピックを目指すと発言したことで、生きる希望を持った患者も多いのではないかと思います。

伊賀市議会 2020-03-11 令和 2年予算常任委員会( 3月11日)

概要というか、一覧でいただいています骨髄移植により定期接種で得られた効能とかがなくなってしまうということで、再度予防接種を受けないといけないという方々に対しての助成金ということなんですけれども、これは自己負担ゼロで接種、今後できるのか。あと、これは単年度だけなのか、毎年計上していくものなのか。教えていただきたいと思います。 ○副委員長上田宗久君)  健康推進課長

伊賀市議会 2020-03-10 令和 2年予算常任委員会( 3月10日)

第4款衛生費、第1項保健衛生費、第2目感染症予防費予防接種業務経費では、国の緊急風疹抗体検査事業費補助金及び子育て支援基金繰入金を財源に、令和2年10月から定期接種となる乳幼児に対するロタウイルス予防接種ほか各種予防接種に係る業務委託料2億4,089万円、及び令和2年度から新たに設ける助成金として、骨髄移植等により定期予防接種で得られた免疫が低下または消失し、再度予防接種を受ける必要がある方を対象

伊賀市議会 2020-02-26 令和 2年第 1回定例会(第1日 2月26日)

健康づくり事業では、骨髄移植手術やその他の医療行為によって予防接種法に基づく定期接種予防効果が期待できない20歳未満の人に対して、ワクチンの再接種費用助成を4月から開始します。  障害福祉では、障害者重度化高齢化や親亡き後を見据えながら、住みなれた地域で安心して暮らし続けられるよう、さまざまな支援を途切れなく提供できる仕組みを構築しなければなりません。

桑名市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-12-12

しかしながら、骨髄移植を必要とする患者と適合するドナーが見つかる確率は兄弟姉妹間でも4分の1、血のつながっていない他人になると数百から数万分の1と極めて低く、一人でも多くの方のドナー登録への協力が必要とされております。  ドナーにはさまざまな御負担をおかけすることから、本人、また事業所に対し補助金を支給する自治体が近年ふえてまいりました。

伊賀市議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 9日)

それから、公共工事を行う場合ですけれども、希少種を一度別のところに移植した上で、工事完成後にはその移植したものをもとの場所に移すというようなことで、地域植生を取り戻すといういいますか保全する、配慮する取り組みをしているものもございます。  ただ、それ以外の地域での植生ということになりますと、ちょっと規制についてはないと考えております。 ○議長中谷一彦君)  宮﨑議員

鈴鹿市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例議会(第3日 6月20日)

国民健康保険を悪用するケースで多いのが,肝炎の治療新薬ハーボニーや,高額ながん治療薬のオプジーボを使った治療移植医療などの高額医療を受けるというケースが多くあります。1回の施術が3,500万円の白血病治療もしかりであります。  国民健康保険を悪用しているのは,主にアジア地域から日本を訪れている外国人で,その多くは日本での治療が終わると帰国するというものであります。