3512件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-12-25 令和元年第 6回定例会(第5日12月25日)

ところが、行政はやっぱりあくまでも伊賀市初の公立美術館と位置づけ、この青山讃頌舎が行う事業として条例の中に、美術作品等の収集・保管・展示を行い、美術作品等の調査・研究もするとしています。条例で規定するこのような事業は誰がするのでしょうか。青山讃頌舎の管理をするのは、指定管理者がするということになるという中身なんですけれども、じゃあ、指定管理者がするのかといえば、その業務の中には入っていません。

鈴鹿市議会 2019-12-20 令和元年12月定例議会(第7日12月20日)

山中氏の略歴につきましては,議案説明資料の2ページのとおりでございますが,昭和52年,東京経済大学を卒業し,昭和56年,佛教大学文学部教育学科を修了後,市内の小学校教諭を経て,平成12年からは鈴鹿市教育委員会同和研究同和教育係長,平成16年からは市内の小学校教頭,また,平成21年からは市内小学校校長を歴任され,その後,鈴鹿市青少年育成市民議会長などを経て,平成28年1月からは本市の教育委員会委員

鈴鹿市議会 2019-12-19 令和元年議会運営委員会(12月19日)

山中氏の略歴につきましては,議案説明資料の2ページのとおりでございますが,昭和52年,東京経済大学を卒業し,昭和56年,佛教大学文学部教育学科を修了後,市内の小学校教諭を経て,平成12年からは鈴鹿市教育委員会事務局同和研究同和教育係長,平成16年からは市内の小学校教頭,また,平成21年からは市内小学校校長を歴任され,その後,鈴鹿市青少年育成市民議会長などを経て,平成28年1月からは本市の教育委員会委員

亀山市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第4日12月11日)

今後、先進地での現在やられております実証実験の事例なども参考にして、国や県の動向等情報収集も行いながら研究をしてまいりますが、まずはコミュニティバスへの交通系ICカードの導入、そのほかスマートフォンを活用した乗合タクシー予約など、現状の市内地域公共交通のICT化による利便性向上について研究を進めまして、取り組みを行ってまいりたいと考えておるところでございます。

亀山市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

この研究では、全国の1,741の全基礎自治体を対象としまして、人口変動との関係で地域の貨幣価値と非貨幣価値の双方から自治体の魅力を評価した地域フロー指標と、地域経済の循環を支える側と支えられる側の人数構成から自治体の持続可能性を評価する地域力ストック指標の2指標を掲載されております。

伊賀市議会 2019-12-09 令和元年第 6回定例会(第2日12月 9日)

こういうふうに流れ、公共交通、いろんな部分が便利よく流れていく流れ、そういうものの研究につきましても、今後、十分に進めていかなければならないものというふうに認識しております。 ○議長(中谷一彦君)  山下議員。 ○8番(山下典子君)  こちらも前向きな回答をいただきましてありがとうございます。  

志摩市議会 2019-12-09 令和元年第3回定例会(第3号12月 9日)

具体的なその成果については参事のほうから答弁をさせたいと思いますけれども、このサミットに参加をした中から、新たな肉だけではなく、皮の提供が可能にならないのかというような問い合わせが複数あったことであるとか、あるいはジビエ料理研究会、フードコーディネーター、食材コンシェルジュといった方々、また日本食糧新聞といったような専門の新聞社等からも問い合わせ等もいただいているということであります。  

鈴鹿市議会 2019-12-06 令和元年12月定例議会(第5日12月 6日)

本市の調査研究するという答弁は,何もしないという答弁なんです。5年ぐらいに前になりますけど,検討していくという答弁が,ここで,はやったんです。検討って何もしていないじゃないかと議会で追及されたら,今度は,調査研究になったんです。今回,調査研究って何もしていないんです。

鈴鹿市議会 2019-12-06 令和元年議会運営委員会(12月 6日)

その経緯といたしましては,その当時の委員長の御発言の中では,当時は特別委員会等の設置もございましたので,例えばということで,防災特別委員会が当時ありましたので,防災特別委員会で調査研究を行われているということがありますと,では,防災関係について一般質問ができなくなるという,そこまでの制限をかけるのはどうかというような,そういった意味合いで申し合わせによる制限は行わないが,各議員のモラルによるという整理

鈴鹿市議会 2019-12-05 令和元年12月定例議会(第4日12月 5日)

また,子供たちの課題につきまして,教員一人一人が自分が担当する教科では何ができるか,研究授業等で議論したことを自分の授業ではどう生かすかなど,自己の研修を深めるとともに,各教科における授業づくり等につきまして,各教科担当者で構成される教科部会の一層の活性化が図られるよう努めてまいります。  

鈴鹿市議会 2019-12-04 令和元年12月定例議会(第3日12月 4日)

三重大学平成29年度に教職大学院を新設し,高度な教育実践を研究する現職教員の募集をしており,本市においては,平成30年度から,市内小学校教員三重大学教職大学院への派遣を開始しております。現在2名が在学中であり,教師の力量形成や,総合的な学習の時間を中心とした教科横断的な学習について研究を進めているところでございます。  

鈴鹿市議会 2019-12-03 令和元年12月定例議会(第2日12月 3日)

こういった取り組みを受けまして,私も委員の一人を務めさせていただきました2017年度の産業建設常任委員会では,水素社会についてと題して,先進市での視察も交え,調査研究を行いました。そして,委員会ではその成果としまして,市政に反映させるべき項目を大きく3点,1つ目,水素エネルギーの普及に向け継続した啓発を強化すること。