91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11

そこには、「市民知る権利保障して、公文書を開示する権利を明らかにし、市政の諸活動を市民に説明する責務を全うするため、公文書の開示に関し必要な事項を定めることにより、市が保有する公文書の一層の開示を図り、もって市民の市政に対する理解と信頼を深め、市民参加による開かれた市政を一層推進することを目的とする」と位置づけております。  

桑名市議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-12-14

次に、(2)情報公開基本についての御質問でございますが、公文書情報公開につきましては、桑名市情報公開条例において、「市民知る権利保障して、公文書を開示する権利を明らかにし、市政の諸活動を市民に説明する責務を全うするため、公文書の開示に関し必要な事項を定めることにより、市が保有する公文書の一層の開示を図り、もって市民の市政に対する理解と信頼を深め、市民参加による開かれた市政を一層推進することを

桑名市議会 2017-03-10 平成29年総務安全常任委員会 本文 開催日:2017-03-10

まず、第1条につきましては、1行目の若干右側になりますが、「市民知る権利」の後を「保障」としております。これは、改正前は「尊重」としておりましたが、市民知る権利保護し、守ることを意味するよう「保障」という表現に変えております。  次に、第2条につきましては定義となっておりまして、第2号では公文書を規定しております。今回の改正で一番大きな改正部分でございます。

川越町議会 2017-03-03 平成29年第1回定例会(第1日 3月 3日)

それは、知る権利としてみんなが見るというのは当然のことなんですけども、それ以外に、3年ぐらい前の12月議会で、私、ふるさと納税について質問をさせてもらったことがあるんです。そのときの内容は、ふるさと納税のお礼をもっと充実をさせてすればふるさと納税が川越町ふえるんじゃないかというふうな質問をさせてもらいました。そのときの御回答は、考えていませんというふうな御回答だったと思います。

菰野町議会 2016-12-14 平成28年第4回定例会(第4日目12月14日)

この条例は町政に関して町民の知る権利保障するとともに、町政に対する町民の理解と信頼を深め、町民参加の開かれた行政を一層推進することを目的として、平成10年に制定されたものであります。  請求の内容につきましては、上下水道工事関係や道路工事関係の設計内訳書などの請求が非常に多い状況となっております。  

松阪市議会 2016-10-03 松阪市 平成28年  9月 定例会(第4回)-10月03日−04号

4つ目は被害者、遺族への真相を知る権利が曖昧な点。5つ目には家族への義務づけの問題。これらの点は今回の条例化の中でどう扱われるのか、お伺いします。  これで第1回目の質問とします。      〔教育長 東 博武君登壇〕 ◎教育長(東博武君) 今回、いじめ防止についての質疑をいただきました。この場でいじめ防止についての議論ができるということは大変うれしく思っております。ありがとうございます。  

志摩市議会 2016-03-07 平成28年第1回定例会(第5号 3月 7日)

民主主義に反しますよ、知る権利という部分について。その条例をつくるなということではないのですよ。でも、今の答弁を聞いていますと、本当に閉鎖的で、民主主義の根幹を揺るがすと、私はこう思いますけれど、総務部長、もう一度、お答えください。 ○議長(谷口 覚) 総務部長。 ○総務部長(西尾重昭) 先ほども言いましたけれども、濫用の類型というのは、特定部局の全ての公文書請求、普通なかなかあり得ない。

亀山市議会 2015-03-16 平成27年産業建設委員会・総務委員会連合審査会( 3月16日)

そこらがもう半年も前から起こっておる、1年前から起こっておったということを、やっぱり随時その時点で我々も市民と対話する中では、やっぱり知る権利があると思うんです。決定するのは市長かわからんけど、そのプロセスを今市長も言うけど、そのプロセスの中で、議会議会としてやっぱり審議し、協議せんならんと思うんですよ。  

松阪市議会 2015-03-05 松阪市 平成27年  3月 建設水道委員会-03月05日−01号

センターに任せてあっても、やはりそれ以上に財源も必要ですもので、なるべく接続いただけるように、回っていただいて、頑張っていただきたいんですけれども、今度の6月議会ぐらいまでに、ちょっと面倒くさいと思いますけれども、1回、この水洗化率の地区で一体どのようになっておるのか、私らもさっぱり知りませんもので、どの地区が100%行っておるのか、どの地区が30%なんかさっぱりわかりませんもんで、私らもやっぱり知る

亀山市議会 2014-03-27 平成26年 3月定例会(第6日 3月27日)

ただ、可能性だけで物を言われることの中身は多いんですけど、その中には知る権利保障ということも、マスコミの言う知る権利保障はされておると、それから秘密についても、今の秘密保護法よりは大きく拡大するという意思はないんだと、ある程度限られた防衛外交に関する、特に国家公務員罰則規定が1年だったのが10年にするということについても、今より、より厳格に、国家秘密を守るべきものは守るということだっただろうと

松阪市議会 2014-03-24 松阪市 平成26年  2月 定例会(第1回)-03月24日−08号

また、国民知る権利が奪われるというが、公務員が守らなければならない秘密の範囲は、同法が成立しても変わらず、情報公開法の公開除外の範囲が拡大されるわけでもない。防衛秘密、特別防衛秘密はそのままであり、各省庁の特別管理秘密でも、その中の重要なものが特定秘密に指定され、厳重に管理されるだけである。

松阪市議会 2014-03-14 松阪市 平成26年  3月 総務生活委員会-03月14日−01号

そうした中身におきまして、国民主権国民知る権利や、それから情報公開という今の流れの中にも逆行する、そして、いろんな意味で、例えば基本的人権という中身ですけれども、こうした、いわゆる適性評価制度というようなものまで導入されるということもあって、そして結局は軍事秘密、あるいは外交秘密という形で憲法平和原則というものが侵されるというような中身であり、また多くの、その後、今、世論といいますか、いろんな

菰野町議会 2014-03-10 平成26年第1回定例会(第2日目 3月10日)

知る権利」という国民基本的人権に関することであり、民主主義を根底から覆すことになると指摘し、十分な議論を尽くすよう求めたところであります。  ところが、この意見書に対して担当相である森まさこ国務大臣から、菰野町議会議長あてに「その適正かつ効果的な運用が図られるように、施行準備を進めてまいります。

菰野町議会 2014-03-03 平成26年第1回定例会(第1日目 3月 3日)

条例は、公文書の公開をすることにより、町政に関して町民の知る権利保障するとともに、町政に対する町民の理解と信頼を深め、町民参加の開かれた町政を一層推進し、公正で民主的な町政の発展に資することを目的としており、平成11年4月の施行以来、多くの公開請求をいただいているところであります。  

松阪市議会 2014-03-03 松阪市 平成26年  2月 定例会(第1回)-03月03日−05号

今までのこの議場での答弁の中でも私のほうから申し上げたとは思いますが、今なぜ図書館改革が必要であるのかという、1つ大きな理由といたしましては、やはり全国的な図書館改革が進んでいる中で、1つは、やはり市民が自分たちの図書館であるという、先ほども伝えていただきましたが、そういった意識の中で知る権利をしっかり保障しながら、新しいまちづくりの基軸に進めていきたいというところが1つございます。

伊勢市議会 2013-12-17 伊勢市 平成25年 12月 定例会-12月17日−05号

この法律は、国民権利である知る権利を奪うものであり、国民多数の反対にもかかわらず、議論も尽くされないまま与党により強行採決されたものです。この法律は、我が国の安全保障に関する防衛外交、特定有害活動の防止、テロ活動の防止について、特定秘密事項を指定するとしていますが、指定する決定権が行政機関の長に委ねられているため、政府当局の恣意的判断で秘密は際限なく広がります。