340件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-19 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-09-19

款14.災害復旧費、項1.公共土木施設災害復旧費、目1.河川施設災害復旧費、33ページの説明欄、河川施設1,210万円は、本年7月22日の豪雨により、長島町松蔭地内の上松白川の護岸及び管理用道路が崩壊したことから、このたび、復旧に必要な調査設計業務を委託するものでございます。  なお、財源は市債でございます。  議案第69号につきましては以上でございます。

亀山市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第5日 9月13日)

その後、ここでパネル出した野尻の公民館の前と、それからあそこの和賀白川線のところ、井尻の歩道橋がこけたところの白線は引いてあったんですけれども、いろんな箇所をやっていただいたと思うけれども、みなみ保育園の歩道は、まだいまだに補修されておらん。一体この381カ所という報告やったんですけれども、今までどんだけの手当てをされたのか、一遍報告願いたいと思う。 ○議長(小坂直親君)  服部産業建設参事

桑名市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-09-04

災害復旧費では、本年7月の豪雨により長島地区内の上松白川の護岸及び河川管理用道路擁壁が損傷したことから、災害復旧工事を行うための費用を計上いたしました。  続きまして、歳入の主なものについて御説明申し上げます。  国庫支出金及び県支出金につきましては、歳出事業に対する内示の状況等に応じて所要の額を計上いたしました。  このほか、繰入金及び諸収入につきましては、所要の額を計上いたしました。  

亀山市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第2日 6月13日)

もう一点、この図書館に充てるためには、現在、和賀白川線に充当している合併特例債を合併特例債の対象から外さなきゃならんと、こういう問題が出てきましたね。そのときに、私も3月議会の分科会におりましたけれども、和賀白川線の用地買収ですか、これが難航しそうで、とても合併特例債の活用期限までに間に合いそうにないと、こういうふうに言われたんですよ。これは私はうそやと思うんですよ。

亀山市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第6日 3月12日)

産業建設部長(大澤哲也君)(登壇)  被害がふえた理由ということで、まずご答弁させていただきますけれども、議員が先ほど資料で出していただきましたとおり、市内の獣害被害の傾向ということでございますけど、ニホンジカにつきましては、やはり山間地と河川区域、イノシシは丘陵地、ニホンザルは山間地から市街地への被害がふえてきておるというところでございまして、具体的に申し上げますと、ニホンジカにおきましては川崎地区や白川地区

亀山市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第2日 3月 6日)

確かに、都市計画道路の計画、野村布気線、和賀白川線、それから駅前の通りのところをやっていますけれども、やはり道路計画というのは、基本的に都市計画決定をやった中できちんと計画的に進めていくのはええんですけれども、それはなかなか難しいものがあるんですけれども、そういうものはともかく、やっぱり道路計画に伴う用途地域土地利用をどのように今後考えていくのか。  

亀山市議会 2018-12-21 平成30年12月定例会(第6日12月21日)

次に、討論では鈴鹿農業協同組合の葬祭場用地の取得のための農事調停であるが、土地利用が明確になっておらず、時期尚早であるとの理由から反対討論が、また、この用地を取得することで、周囲の市有地と合わせると大きな土地になり、今後の市道和賀白川線の開通により、一体的な活用の可能性があるとの理由から賛成討論がありました。  

亀山市議会 2018-12-14 平成30年予算決算委員会(12月14日 産業建設分科会)

あの和賀白川線の土地でもあれだけかかるんですよ。1軒の所有者の人の交渉だけでね。これが何軒もあるわけですよ。  こういうことが、組合が設立されたら予算がついたんでスムーズに進みますなんていうことをなぜ平気でそんなことが言えるのか、到底私はいかないと思いますよ。その辺の見通しをもう一度お聞きしたいと思います。 ○伊藤彦太郎会長  亀渕次長

亀山市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第3日12月11日)

具体的に申しますと、まず亀山中央居住誘導区域につきましては、大規模商業施設文化会館等の集客施設集積地から半径800メートルの圏域及び総合保健福祉センター等の医療福祉拠点から半径300メートルの圏域、亀山宿及び亀山城下町地区、亀山駅周辺の既成市街地及び亀山駅より800メートルの圏域を前提に、国道306号と都市計画道路和賀白川線間の用途地域を指定している範囲としております。

亀山市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第2日12月10日)

きょうは地図を持ってきてないでわかりづらいですけど、ちょうど和賀白川線の計画されている道に対して斜めにずうっと所有者の土地が横断する形で走っているんですね。その和賀白川線の道路から左側というか、西側については、先ほど言うた葬祭場の部分に入るんで、そこは事業目的がある。それから和賀白川線の部分も事業目的がある。ところが問題はその東側ですよ。ここのところは事業目的がないんですよ。  

亀山市議会 2018-11-29 平成30年12月定例会(第1日11月29日)

次に、道路の保全・整備のうち和賀白川線整備事業につきましては、用地測量を進めるとともに、国道1号亀山バイパスから北側200メートル間の用地買収や、これに伴う市営住宅の解体工事を進めているところであります。また、野村布気線整備事業につきましては、長田池の池部及び国道1号バイパス付近の工事を行っているところであり、来年度の供用開始を目指して進めてまいります。  

亀山市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会(第6日 9月26日)

そのほか、完全給食をすることが決まったのに検討だけで具体化のない中学校給食、需要が明らかでない市道和賀白川線の延伸事業や国民プライバシーを危うくするマイナンバー事業の推進など、問題のある決算が含まれています。  以上のとおり、市民の命と暮らしを守り、切実な要求に十分に応えるものでなく、問題のある決算の認定には反対するものです。  次に、国民健康保険です。  

亀山市議会 2018-09-19 平成30年予算決算委員会( 9月19日)

その他、完全給食をすることが決まったのに、検討だけで具体化のない中学校給食、需要が明らかでない市道和賀白川線の延伸事業や国民プライバシーを危うくするマイナンバー事業の推進など問題のある決算が含まれています。  以上のとおり、市民の命と暮らしを守り、切実な要求に十分に応えておらず、問題のある決算の認定には反対するものです。  次に、国民健康保険です。  

亀山市議会 2018-09-11 平成30年産業建設委員会( 9月11日)

○大澤産業建設部長  この市道亀山市斎場線の整備ということで、こちらも今回理由の一つではありますけれども、平成29年5月の産業建設委員会の管内視察、さらに平成29年6月の産業建設委員会の折に平面図のほうを提出させていただいておるということでございまして、和賀白川線整備に関連いたしまして、市道亀山市斎場線の現道の交差点の位置を変更したことで、今回、住山住宅6戸の廃止を行うというものでございまして、この