29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

桑名市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-12

発達障害支援について、1)通級教室についてお伺いいたします。  通級指導教室は、通級学級に在籍する発達支援を必要とする児童の特性に合わせた個別の指導を行う教室で、現在、桑名市においては、小学校4校、5教室が設けられております。児童発達はもちろんのこと、子どもの成長に不安を抱える保護者の皆様にとっても、通級教室が支えとなっているとお聞きしております。  

名張市議会 2016-03-04 03月04日-02号

名張市立病院特徴として、小児発達外来について、関西医科大学から小児発達障害専門医を迎えて、専門外来小児発達支援外来平成23年4月7日から開設平成24年開設名張子ども発達支援センターが行う発達障害支援医療面からサポートしていただいています。1歳6カ月児、3歳6カ月児健康診査に加え、5歳児健診にも取り組んでいただいております。

名張市議会 2016-03-04 03月04日-02号

名張市立病院特徴として、小児発達外来について、関西医科大学から小児発達障害専門医を迎えて、専門外来小児発達支援外来平成23年4月7日から開設平成24年開設名張子ども発達支援センターが行う発達障害支援医療面からサポートしていただいています。1歳6カ月児、3歳6カ月児健康診査に加え、5歳児健診にも取り組んでいただいております。

名張市議会 2013-02-28 02月28日-01号

次に、民生費は、新たに保育所待機児童解消に向けて家庭的保育事業実施経費を初めファミリーホーム設置促進に係る経費並びに子ども子育て支援事業計画策定のための調査等経費を計上するほか、本年4月に開設子どもセンター内に移転する発達障害支援のための子ども発達支援センター運営費民間保育所運営費障害者自立支援給付費、また生活保護費生活困窮者等自立支援に向けた事業費、さらには国民健康保険、介護保険及

名張市議会 2013-02-28 02月28日-01号

次に、民生費は、新たに保育所待機児童解消に向けて家庭的保育事業実施経費を初めファミリーホーム設置促進に係る経費並びに子ども子育て支援事業計画策定のための調査等経費を計上するほか、本年4月に開設子どもセンター内に移転する発達障害支援のための子ども発達支援センター運営費民間保育所運営費障害者自立支援給付費、また生活保護費生活困窮者等自立支援に向けた事業費、さらには国民健康保険、介護保険及

桑名市議会 2012-06-21 平成24年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2012-06-21

大項目、発達障害支援についてお尋ねをします。  (1)発達障害児支援体制を問う。  1)子ども発達障害児)の相談窓口保健指導保育所幼稚園学校関係等連携はどのようになっているか。  2)発達障害児に関しての対応柱立てがあるのかについてお聞きします。  それぞれの部門で取り組まれているということは承知しております。

伊勢市議会 2009-03-04 03月04日-04号

また、県におきましても、国のモデル事業として、あすなろ学園市町支援グループにおいて、平成19年度から、発達障害支援モデル事業実施されております。事業の内容は、市町における保健、福祉、教育の各部局を一元化した発達総合支援室を設置し、その核となる人材を育成するものであり、幼保への巡回相談担当者の力量の向上、発達障害支援システムアドバイザーの育成であります。

亀山市議会 2007-09-13 平成19年 9月定例会(第4日 9月13日)

特に教育研究所連携重要性、またことしから始まってまいりました発達障害支援取り組み、こういうものも亀山市としては先駆的な取り組みもしておりますが、そのようなものとの連携も含めて、教育委員会として支援室のかかわり、評価について確認をしたいと思います。  次に3点目、横断的な取り組み推進のため、独立した組織づくり必要性について質問をいたします。  

伊賀市議会 2007-09-13 平成19年第7回定例会(第4日 9月13日)

平成19年、第7回伊賀市議会定例会今岡市長所信表明で、発達障害支援としての途切れのない支援づくり構築、及び夏休み期間中の障害児童の日中一時支援事業実施、並びに知的障害者就労実習の場としての障害者職場実習モデル事業実施していただくことになり、障害を持つ家族の方々の民意を反映していただき、今岡市長さんには心よりお礼と感謝を申し上げます。どうもありがとうございました。  

名張市議会 2007-03-02 03月02日-03号

対応につきましては早期発見し、適切な療育が必要なことから、保健センターでの健診時において早期発見に努め、経過観察が必要な児童につきましては感覚統合教室への案内教育機関への紹介など早期療育につなげており、また保育所におきましては障害児の個別の指導計画を作成し、それに基づく支援をしておりますが、生まれてから就労期に至るまで一貫した総合的、継続的な支援が必要なことから、本年度国モデル事業を受けまして発達障害支援

名張市議会 2007-03-02 03月02日-03号

対応につきましては早期発見し、適切な療育が必要なことから、保健センターでの健診時において早期発見に努め、経過観察が必要な児童につきましては感覚統合教室への案内教育機関への紹介など早期療育につなげており、また保育所におきましては障害児の個別の指導計画を作成し、それに基づく支援をしておりますが、生まれてから就労期に至るまで一貫した総合的、継続的な支援が必要なことから、本年度国モデル事業を受けまして発達障害支援

  • 1
  • 2