75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

それとともに、異物混入の根絶というものなど、安全安心な給食の提供を第一に考えていきたいというふうに思っております。  以上です。 ○議長中村和晃) 橋爪議員。 ○6番(橋爪政吉) 学校給食における教育行政に関しては、さまざまな分野からの切り口を模索しながら、2030年SDGsの目標を達成していくことを考え、政策立案をしていくことが大事だと思います。

志摩市議会 2019-03-18 平成31年予算決算常任委員会( 3月18日)

生産体制であるとか、種苗をより効率的につけて、より品質の高いアオサを例えば育てることを要は生産面からも支える、あるいは異物混入に対しての除去するための装置等について、一定の助成等も検討していくということであるとか、あるいは、最終、販売の部分で、先ほど漁連の話をちょっといたしましたけれども、北海道でイセエビ等の話がありましたが、アオサ等は北海道にはないということでありますので、そういった漁協、あるいは

桑名市議会 2019-03-04 平成31年予算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2019-03-04

あともう一つ、学校給食管理運営費ですか、そちらのほうなんですが、ごめんなさい、私の記憶が間違っておったら申しわけないんですけれども、最近か去年やったかおととしやったか、給食の中に異物が混入しておったりとか、何かそんなことがあったようななかったような、記憶が済みません、定かではないんですがあったと思うんですけれども、そういうことに対する注意喚起であったりとか防止策であったりとかというのは常日ごろからやられてみえるだろうとは

志摩市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日)

1食当たり、賄材料費が安価であること、また、大量の給食を短い調理時間の間に異物混入のない安全な給食として提供するという必要があることなど制限の多い中での作業となりますので、残飯量につきましては苦慮しているというところです。  平成30年度予算で、賄材料費につきましては1億6,348万3,000円ということになりますが、単純に廃棄割合17.62%を掛けますと約2,880万円ということになります。

桑名市議会 2018-09-26 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018-09-26

次に、学校保健体育費及び学校給食センター費中、学校給食管理運営費について、給食に異物が混入した回数と今後の対策について問う質問があり、平成29年度は2回異物混入が発生したが、どちらも委託業者によるものであった。早速委託業者を集め、指導するとともに、調理員への徹底を求め、契約内容の見直しも含め検討していきたいとの説明がありました。  

桑名市議会 2018-09-14 平成30年決算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2018-09-14

ちょうど今開いたので、219ページの給食の業務委託をされているんですけど、これはいいと思うんですけど、また、定期的に異物が混入すると思うんですけど、それって民間に委託されたところが出しているんですか。それとも、今、公がやっているほうが出しているのか、民間がやっているほうが出しているのか、割合は変わらないのか、多分わからないかもしれないんですけど。

伊勢市議会 2018-07-02 伊勢市 平成30年  6月 定例会-07月02日−02号

今回の濁りについては、工事等による外部からの異物の混入ではなく、水道管の中だけで発生をしております。供給している水は、法に基づく検査を行い、水質基準に適合しております。濁りの主成分は水道水に含まれる鉄分等であり、色、濁りを測定し、正常に戻った段階で安全を確認し、お知らせをいたしました。  次に、今後の対策として、現在、濁りのあった水道管の内視鏡の調査を実施しているところであります。

桑名市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-06-19

次に大項目2、教育環境整備について、中項目1、給食への異物混入についてですが、この件については今までにも何度となく問題となり、その都度問題解決の対策をお伺いいたしましたが、その対策の甲斐もなく、ことしに入ってからも数件の異物混入の発生が報告されました。大量の給食を一度につくる場合には避けられないリスクなのかもしれません。

桑名市議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-03-09

さらにはまた、給食から異物と先ほども言いましたが、伊勢新聞報道されているように、大山田北小学校の給食のミートソースペンネに、長さ2センチの針金が、ざるの一部が混入して、給食を食べた児童が唇に異変を感じて、吐き出した事故だった。大きな事故にならなくて不幸中の幸いでしたが、財政削減とこれらの事故とは直接的な因果関係は多分ないと思っています。

菰野町議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2日目12月11日)

A全国の学校給食異物混入や食中毒など、あってはならない事故がたびたび発生をしています。そのほとんどはセンター方式や外部委託で起きており、今、改めて自校方式が見直されてきています。自校方式を最優先に考えてください。  B東南海トラフ地震も心配されています。避難所に指定されたときの災害対策としても考慮をしてください。地震だけでなく、台風災害も考えられます。

菰野町議会 2017-06-16 平成29年第2回定例会(第3日目 6月16日)

資源になるプラスチックにおいては、分別排出された物から異物を取り除いてベール化をするという作業工程が必要だと聞いております。この作業は大変な分別作業だと思いますが、これはどこでやっておられるのか、お尋ねをいたします。 ○議長(矢田富男君) 答弁を願います。  環境課長、伊藤 悟君。

志摩市議会 2017-05-23 平成29年全員協議会( 5月23日)

それから、志摩市の中でアオサ等は非常に使いやすい食材ではあったのですけれども、異物混入とか、実際にやってみると、職員等が相当手をさいていかないとうまくいかなかったというようなことがございまして、今後、志摩市の食材の特性を生かしながら、少量多品種でいいものがたくさんあるということですので、小中学校全部を一度にということではなくて、もう少し小さな単位で、地域別とかいうようなことも含めながら、あるいは学校給食以外

松阪市議会 2016-10-04 松阪市 平成28年  9月 定例会(第4回)-10月04日−05号

過負荷となった原因ですけれども、ポンプの外側から吸い込み口、ポンプを確認したところ、上流からの異物が吸い込み口に入り込み、羽根等に負荷がかかってポンプが停止したと考えられます。そのとき、業者も現場へ赴いたときに過負荷の状態ではあったんですけれども、何とか断続的にでもこのポンプを運転しておるということで、職員からも報告は聞いております。  

桑名市議会 2016-09-20 平成28年決算特別委員会教育福祉分科会 本文 開催日:2016-09-20

調理室の安全管理というのは本当に、子供たちが口にするし、それこそ口にした子供がやっぱりおかしいよと気がついてくれて大事に至らなかったのは、子供は偉いなと思うことなんですけど、そういう意味では大きな事故にならなかっただけよかったと思うんですけど、ですので、この安全性、あってはならないこととしてやっぱり細かく配慮していかなきゃいけないと思うんですけど、そういう調理器具そのものもそうですし、それから、前、異物混入

亀山市議会 2016-06-20 平成28年教育民生委員会( 6月20日)

(「異物混入」の声あり) ○宮崎勝郎委員  異物混入。メールいただいたのが本日と書いてあるけど、これ10日やな、関小学校の給食にと。  前回の質問の中で、私が関連質問で最後にさせていただいて、またかという感じは受けとめたんですが、今度は幸い教育委員会から連絡をもうたみたいなんやけれども、そこらはどういう……、原因があるのかな。そこらは検査していますのか、一遍ちょっと概要を教えてください。

亀山市議会 2016-03-15 平成28年教育民生委員会( 3月15日)

中原学校教育室長  追加で、この前の議会でありました関学校給食センターにおける異物混入事案についての対応等について説明をさせていただきます。  平成27年、2件のこういう事案が発生しまして、まことに申しわけございませんでした。保護者の方々にも心配をおかけしたことを深く反省し、今後の来年度へ向けての対応に気持ちを引き締めてまいりたいと考えております。  

菰野町議会 2016-03-10 平成28年第1回定例会(第3日目 3月10日)

もちろん異物混入などによる大量廃棄も含まれます。  また、食品流通業界には3分の1ルールというのがあります。  資料をお願いします。  3分の1ルール。これはですね、小売店への賞味期限の3分の1以内におさめて、店頭での販売は3分の2時点まで、2カ月、今、表示しているところの2カ月までに売れなければ廃棄をする。3分の2を過ぎると、いわゆる販売期限切れとなり返品あるいは廃棄となります。