48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第1日11月29日)

下段生活保護事業一般管理費システム修正委託料522万円につきましては、制度改正による進学準備給付金創設に係るシステム修正費を計上し、過年度国庫支出金返還金6,447万9,000円につきましては、平成30年度生活保護費国庫負担金精算による返還金を計上いたしております。  次に、27ページをごらんください。  

いなべ市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1日11月28日)

続きまして、生活保護事業1,500万円の増額につきましては、医療扶助費介護扶助費増額でございます。  続きまして、23ページを開いていただきますと、母子保健事業134万9,000円の増額につきましては、医療費過年度還付金返還金でございます。平成30年度の精算が終わりましたので、その分を返還しようとするものでございます。  

いなべ市議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会(第1日11月30日)

23ページを見ていただいて、下のほうの生活保護事業、扶助費増額は、介護扶助件数増加したことによる増額でございます。  償還金事業精査により、事業実績による過年度返還金増額704万3,000円でございます。  その下の衛生費委託料でございますけども、地域自殺対策事業を外部に委託することを考えておりましたが、内部で作成しましたので、594万円減額でございます。  

亀山市議会 2018-11-29 平成30年12月定例会(第1日11月29日)

下段生活保護事業一般管理費790万5,000円につきましては、平成29年度生活保護費等国庫負担金などの確定に伴う国への返還金を計上いたしました。  次に、31ページをごらんください。  下段農業集落排水事業1,131万6,000円の減額につきましては、農業集落排水事業特別会計において、平成29年度決算による繰越金を計上したことなどに伴い、繰出金減額いたしました。  

いなべ市議会 2018-08-31 平成30年第3回定例会(第1日 8月31日)

27ページをお開きいただきますと、生活保護事業162万円は、法改正に対応するためのシステム改修でございます。2分の1は国庫補助でございます。  そして、下、廃棄物の適正な処理ごみ処理事業委託料254万8,000円につきましては、藤原の最終処分場鼎地区にあるんですけども、その堰堤工事測量設計委託料でございます。

亀山市議会 2017-12-18 平成29年予算決算委員会(12月18日 教育民生分科会)

下段生活保護事業説明欄一般管理費825万3,000円につきましては、平成28年度の生活扶助費等国庫負担金などの確定に伴い、国への返還金を計上いたしました。  次いで、30、31ページをごらんください。  上段生活保護費扶助費1,200万円につきましては、保護世帯及び人数増加によりまして増額いたしました。  続きまして、50、51ページをごらんください。  

名張市議会 2017-12-11 12月11日-05号

福祉子ども部長森嶋和宏) 生活保護事業費についてのご質問をいただきました。 そのような中で平成28年度と平成29年の保護状況につきましては、平成28年度末の生活保護世帯数保護人員を申し上げますと427世帯613人でございました。本年11月末現在で423世帯594人となっておりまして、平成28年度末と比べますと、世帯数で4世帯保護人数で19名の減となっている状況でございます。 

名張市議会 2017-12-11 12月11日-05号

福祉子ども部長森嶋和宏) 生活保護事業費についてのご質問をいただきました。 そのような中で平成28年度と平成29年の保護状況につきましては、平成28年度末の生活保護世帯数保護人員を申し上げますと427世帯613人でございました。本年11月末現在で423世帯594人となっておりまして、平成28年度末と比べますと、世帯数で4世帯保護人数で19名の減となっている状況でございます。 

亀山市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第1日12月 1日)

下段生活保護事業一般管理費825万3,000円につきましては、28年度の生活扶助費等国庫負担金などの確定に伴う国への返還金でございます。  次に、31ページをお願いいたします。  上段生活保護費扶助費1,200万円につきましては、保護世帯及び人数増加をしたため、それぞれの扶助費増額いたしてございます。  次に、33ページをお願いいたします。  

亀山市議会 2016-12-13 平成28年予算決算委員会(12月13日 教育民生分科会)

生活保護事業説明欄一般管理費システム導入委託料100万円は、平成29年4月から被保護者調査集計項目追加によってシステム改修が必要になるために増額するもので、次の過年度国庫支出金返還金1,045万5,000円は、平成27年度の国の生活保護費負担金確定に伴う返還金でございます。  

名張市議会 2016-12-12 12月12日-05号

まず、15ページ、扶助費生活保護事業なんですが、補正予算、かなり大きな額でございます。特に医療扶助費2,700万円とか、いろんな生活保護を受けられる方には就労支援とか、いろんな支援もしていただいておりますが、この大きい今回の補正について、この中身どういうふうな状況だったのか、お聞きしたいと思います。 ○議長細矢一宏) 福祉子ども部長

名張市議会 2016-12-12 12月12日-05号

まず、15ページ、扶助費生活保護事業なんですが、補正予算、かなり大きな額でございます。特に医療扶助費2,700万円とか、いろんな生活保護を受けられる方には就労支援とか、いろんな支援もしていただいておりますが、この大きい今回の補正について、この中身どういうふうな状況だったのか、お聞きしたいと思います。 ○議長細矢一宏) 福祉子ども部長

志摩市議会 2016-03-15 平成28年予算特別委員会( 3月15日)

先ほどの生活困窮者自立支援事業の中の嘱託職員とか、それから、社会福祉協議会からの派遣負担金の関係につきましては、昨年度、地域福祉課生活保護事業の中の適正化事業予算が盛られていたのが、先ほど、ふくし総合支援室長が申しましたように、補助金が統一されたことによって、事業科目もことし、一緒にひっつけさせていただいた次第です。 ○委員長上村繁子) 福田委員

亀山市議会 2015-12-15 平成27年予算決算委員会(12月15日 教育民生分科会)

続きまして第3項生活保護費、第1目生活保護総務費事業名生活保護事業、説明欄一般管理費1,705万3,000円は、平成26年度の生活保護費国庫負担金の1,676万3,000円と、平成26年度の生活保護適正実施支援事業費補助金の29万円をそれぞれ精算による返還金として計上させていただいております。  続きまして、26、27ページをごらんいただきたいと思います。