222件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

亀山市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会(第5日 3月12日)

特にまたこの鈴鹿川というのは八十瀬川とも呼ばれて、過去も飛鳥、奈良、京都と各時代の都人にとって特別な存在でありまして、古くは万葉集、そしてまた源氏物語では光源氏と六条御息所の別れの和歌としても詠まれている、また斎王群行にとっても深く関わっている、そういった鈴鹿川源流域というこの地域でございます。  こういった歴史をもって、今後の展開として地域間連携、こういったことも可能ではないかなと考えています。

四日市市議会 2020-02-05 令和2年2月定例月議会(第5日) 本文

この保存されている品々一つ一つには本当に物語があります。ぜひ皆さんも一度足を運んでいただければと思います。  今回、この郷土資料館を回ってみて、それぞれの管理、運営されている方に話をお伺いいたしますと、本当に皆さん郷土資料館に対する熱い思いというものがひしひしと伝わってまいります。ただ、最後に皆さんが口をそろえて言われるのは、今後の存続に対する危機感、これでございます。

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

○6番(橋爪政吉) 市長、その出されているものに対して、バックグラウンド、要はそれが物語があって、それを理解していただきながら、問題を解決していきたいという御答弁が大まかだったと思うんですが、これ、教育長、実際、非常にそこをお伝えするのが、今、政策として、市長、推し進めていただいていますし、教育長もそれに対してやっていただいていると思うんですが、そういう難しい部分であると思うんですよね。

志摩市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3号 3月 5日)

例えを挙げますと、「ビーナス達の控室」という名前であったり、「半四郎の落し処」であったり、「潮騒の手水処」といった、各場所場所物語等をちょっともじったような、決して何々公衆トイレっていうような名前ではございません。今後、この外観を含めた公衆トイレ観光のスポットとして位置づけていくという考えはございませんでしょうか、お聞きいたします。 ○議長中村和晃) 産業振興部長

いなべ市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日)

現在、保育園におきましては絵本や紙芝居、物語などの話や詩を聞いたり、人形劇などを観劇する中で、美しい言葉や楽しい言葉に出会うことがあり、言葉の楽しさや美しさに気づくことで言葉の感覚を豊かにすることにつながるとして、各園でこうした狙いを持って保育に努めておるところでございます。  また、3歳以上に関しましては、自然の美しさの体験から能力の基礎が培われることを実践しているところでございます。  

四日市市議会 2018-11-02 平成30年11月定例月議会(第2日) 本文

このこにゅうどうくんと、三重県指定有形民俗文化財である大入道との親子関係を大々的にアピールし、このお祭りというのを切り口に、四日市も各地域民俗行事伝統芸能から、四日市歴史文化物語として発信していく仕掛けを望みたいと思います。  四日市では、ユネスコ無形文化遺産に登録された鳥出神社鯨船行事を初め、各地に根づいた、あるいは根づいていた伝統文化があります。  

松阪市議会 2018-10-04 10月04日-07号

子どもの読書活動は、本を通して日常では使用することが少ない言葉を学び、本のさまざまな物語や登場する主人公の感情や言動に触れることで感性を磨き、表現力を高め、自身の人生をより深く生きる力を身につけていく上で欠くことのできないものであろうと考えております。 

菰野町議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4日目 9月12日)

根拠のないままね、オオカミ少年、イソップ物語オオカミ少年のようにね、オオカミが来る、来るというような言い方はね、やっぱりだめだと思うんですよ。  資料の3お願いします。  平成28年度から平成47年度まで、具体的に菰野町のね、人口はどうなるということで審議をしてきまして、菰野町が出した資料がこれなんですね。人口は減らないと。給水量ふえると。

桑名市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-09-10

また、昨年、桑名市内で撮影されましたNHKドラマの「マチ工場のオンナ」は、父親の急死により突然社長に就任をし、会社経営に奮闘する物語でありました。市内でも身近な場所で撮影されたこともあり、ごらんになられた方も多かったことと思います。このドラマのモデルになった東京都大田区にあるダイヤ精機株式会社諏訪貴子社長も、事業継承を円滑に行うポイントは、何よりも早目に準備を始めることと言っておられます。  

志摩市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第2号 9月 6日)

真珠ふるさと真珠養殖の発祥の地の自然環境が立地する志摩市として、賢島周辺英虞湾に浮かぶ多徳島の由緒ある真珠養殖歴史物語について、どのように認識されているのか。多徳島の価値をどう判断しているのか、今後の活用維持管理についても、どのように実施していかれるのか、この点についても、執行部の見解を求めます。以上です。 ○議長中村和晃) 市長

四日市市議会 2018-06-06 平成30年6月定例月議会(第6日) 本文

そこで私はちょうど2年前の6月定例月議会において、竹林整備を通じ竹粉活用した里山保全地域魅力づくり、いわゆる伊勢竹鶏物語プロジェクトについて質問をいたしました。  当時、行政としても支援をしていくという答弁をいただきましたが、その後、地域の元気な高齢者は活躍の場を得て生き生きとして働き、伐採した竹からつくった竹粉利活用により土壌が改良され、農産物に効果が出てきているそうであります。  

伊賀市議会 2018-03-23 平成30年第 1回定例会(第6日 3月23日)

文化にきちっと位置づけてこそ、その物語が生まれ、伊賀市の発展につながるんだろうな。こんなことを思いながら発議第1号賛成をし、一般会計予算補正予算には賛成の立場で討論に参加させていただきました。どうぞ議員の皆さんよろしくお願いいたしたいと思います。 ○議長空森栄幸君)  他に御意見なしと認めます。  よって、議案第1号及び発議第1号の2議案について採決に入ります。  

伊賀市議会 2018-03-13 平成30年予算常任委員会( 3月13日)

そうするとこの文化財一つ観光施設、にぎわい創出する施設、同時にやっぱり文化財であって、そこには物語があって、笠置の奉行の籠が長いから、あそこだけ道が広がってるちゅうこともおわかりいただくんだろうと思うけども、中心市街地だけに置いとくと、籠あそこで転回するちゅう話物語としては流れてこない。だから総合的に連携してるように、この機会にお願いしたいと思います。  以上です。

志摩市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第4号 3月 6日)

そこで、私は、英虞湾に浮かぶ小さな多徳島は、市が所有する唯一の離れ島でありまして、由緒ある真珠歴史物語が秘められた大切な島であります。そこで、この地域関係のある大手企業等に呼びかけて、賛同を仰ぎ、企業版ふるさと納税による寄附金を募り、多徳島の再生、活用を目指すプロジェクトを、市が責任を持って、この時期を逃がさず立ち上げるときだと考えておりますが、その点、いかがですか。

四日市市議会 2018-02-02 平成30年2月定例月議会(第2日) 本文

具体的には、プロモーション映像である四日市物語をリニューアルし、新しいメディアとして定着してきたSNSなども活用して、幅広く発信してまいります。  また、シネアド上映期間延長や既存のラジオ放送枠通年化を図ることで四日市を知っていただく機会をふやし、加えて、シティプロモーションイベント、四日市STYLEなどとラジオ番組を連動させ、東海地域情報発信とイベントへの集客を図ります。