10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

菰野町議会 2013-06-20 平成25年第2回定例会(第5日目 6月20日)

もう1点だけ、きのう実はテレビ見ておりましたら、北海道下川町ですか、3,600人程度の炭鉱が廃れて、財政危機に陥った町が森林で今、まちおこしをして活性化してるっていうものが流れておりました。今、若者がそこへ就職したいんだけど30人待ってる。そのようなテレビ報道でしたので、一遍、本当なのか、本当にどうなんだ。  

桑名市議会 2010-03-25 平成22年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2010-03-25

当時、日本に連行された朝鮮人労働者、いわゆる72万人以上、全炭鉱労働者の33%が朝鮮人労働者と言われております。それは「日本史年表」歴史学研究会岩波書店に書いてあります。さらに、伊藤孝司さんの書物にも出ております。植民地強制連行、そして、1945年8月、広島で約5万人、長崎で約2万人もの朝鮮人被爆したと推定される。戦争の激化とともに、この両都市には幾万もの朝鮮人労働者が動員された。

伊賀市議会 2009-06-10 平成21年第 5回定例会(第2日 6月10日)

私、小さいときはあの出城のところは炭鉱亜炭だったと思うんですが、そういう跡地でございまして、地元の人たちとしても、あそこを掘っていったら亜炭の跡の鉱窟といいますか、そこに当たるんではないかというような不安も実はあるわけでございまして、お聞きをさせていただいたところでございます。  

志摩市議会 2007-03-05 平成19年第1回定例会(第3号 3月 5日)

私も見たわけですけども、常磐炭鉱が時代の変遷によって閉鎖されると。まちの本当の基幹産業であったところが窮して、ほとんどまちが終わってしまうんじゃないかというような危機に見舞われて、そこから、じゃあ、ここをフラダンスあるいはフラということをまちの中で、産業の中でそこの事業体が変わったと。事業形態を変えて見事に地域を再生して、今もその勢いが続いているということで映画化がされたということです。

桑名市議会 2004-03-10 平成16年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2004-03-10

幕末の柏崎で桑名藩の家老吉村権左衛門を惨殺した後、東北を転戦し、新撰組隊士として函館の五稜郭の戦いで敗北後渡米し、一橋大学の創設に苦労した高木貞作、同じく渡米後、三菱の岩崎弥太郎に見出され、高島炭鉱事務長、初代長崎造船所の所長、三菱九州地区の総責任者となった山脇正勝であり、この高木貞作は昭和8年まで存命であったとのことでありました。

伊勢市議会 1993-03-11 旧伊勢市 平成 5年  3月 定例会-03月11日−02号

これになるまでには、いろんな御苦労もあったそうでございますけれども、一番の基本的なコンセプトといいますのは、とにかく炭鉱の町でございますから、この炭鉱地理的な背景、そういったこともございまして、第一次全国総合開発計画が発表された中で、その中での新産業都市構想というふうな形の中で、地域が一つになってこの中核都市としての機能を果たしていこう。

  • 1