235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2020-03-06 令和 2年全員協議会( 3月 6日)

なお、市では、各種団体との情報共有を目的に、志摩商工会志摩観光協会伊勢農業協同組合三重外湾漁業協同組合、鳥羽磯部漁業協同組合とで6者会議を定期的に開催しているということです。3月12日には、この会議を開催しまして、現状の状況、情報共有を行いながら、今後、市全体として必要な産業面への対策というのも講じているということです。  

松阪市議会 2020-02-25 02月25日-02号

主要水産物のうち、アサリについては近年水揚げが激減しており、松阪漁業協同組合中心として、アサリ生息環境の改善など、さまざまな取り組みを行っています。なかなか資源回復に至らないのが現状でございます。 一方、アオサノリについては、三重県が全国1位の生産量を誇っており、その中でも松阪産のアオサノリは特に高い評価を得ており、市場でも高値で取引されております。 

志摩市議会 2020-02-07 令和 2年予算決算常任委員会( 2月 7日)

そういったことも含めまして、緊急に母貝を確保できる新たなシステムを構築していかなければいけない、それを本来であれば、確かに漁業協同組合協議をして、合意を形成して、どうするかというようなステップを踏んでやっていくのは手順であるということは重々承知ですけれども、それをしているには時間もないということで、今回は志摩市が先導的にやっていくという方向で、事業をとにかくスタートさせて、真珠養殖業者皆さんに後

桑名市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-06-21

これは赤須賀、城南、伊曽島、木曽岬の漁業協同組合を初め、海上保安部桑名警察署三重県、漁業関係団体桑名市などで組織する桑名地区密漁防止対策協議会にて実施され、今回で8回目を数えます。  議員から御紹介もございましたとおり、密漁についてはたびたびマスコミに取り上げられ、新聞、テレビ等でも報道されますが、潮干狩り感覚の人やボートなどでとりに来る人など、いまだなくならないのが現状でございます。

志摩市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第2号 6月10日)

市民生活部参事環境課長(平井 正) 「志摩市の自然と環境の保全に関する条例」第28条では、土砂の流出により水産生物に影響を及ぼすおそれのある行為について、関係漁業協同組合またはその他の関係者と事前に協議しなければならないと規定しております。  大規模な造成において、海域へ土砂が流出するおそれのある場合には、届け出者漁業協同組合協議を行うよう指導してまいりました。

志摩市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3号 3月 5日)

そのことからも、総務省に対しては、志摩市の真珠について、立神真珠養殖漁業協同組合女子部取り組みなどを紹介するなど、志摩市の真珠と他の真珠の違いというのも説明しているところです。今後も、総務省の当初予算に対しては、志摩市の真珠が地場産として認めていただけるよう、粘り強く説明はしていきたいというふうに考えております。

桑名市議会 2019-03-05 平成31年予算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2019-03-05

この中に恐らくハマグリの稚貝放流とか、種苗施設維持管理費赤須賀漁業協同組合に支払われる。これは大変結構なことと思います。とりわけ大きな予算になったのが水産物資源対策事業費362万8,000円、もう一つ漁業経営近代化促進事業費69万9,000円、それから、水産多面的機能発揮対策事業負担金というのがありますよね。

桑名市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-02-28

この事業赤須賀漁業協同組合の協力のもと、くわなの宝はまぐりを同じく桑名の宝である子供たちに伝えていくことを狙いとしております。具体的には、子供たちハマグリの歴史や復活の取り組みなどを学ぶとともに、実際に干潟で潮干狩りを体験します。5年生を対象に1年に9校程度、3年間で市内の全小学校で実施するように考えております。

志摩市議会 2018-12-06 平成30年議会運営委員会(12月 6日)

事件1           立神真珠養殖漁業協同組合からの要望書について ○委員長(山下 弘) 事件(1)立神真珠養殖漁業協同組合からの要望書についてを議題とします。  本件については、議長から、その取り扱いについて、議会運営委員会にて協議願いたいと諮問されています。  初めに、議長から発言をお願いいたします。  議長

志摩市議会 2018-09-11 平成30年総務政策常任委員会( 9月11日)

ここでの解釈のとこを申し上げますと、農業協同組合森林組合漁業協同組合、生活協同組合商工会云々ということで、社会福祉協議会とか女性の会、文化団体スポーツ団体というような形で、当然自治会等も含めて、公共的団体という部分、公共的に事業を活動されているという部分解釈の中であるのかなというふうに思いますので、個々の案件でそういった部分の、言われるグレー的なという部分の判断につきましては、改めてこのあたりの

桑名市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-06-20

現在、ライフジャケットにつきましては、長島地区小・中学校大人用400着、子供用285着、城東小学校大人用16着を整備させていただいており、船舶につきましては、ゴムボートを長島地区小・中学校に12そう、城東小学校に2そう、小型船舶長島地区市民センターに2そう、防災コミュニティセンターに1そう、伊曽島漁業協同組合に1そう、ながしま遊館に1そう配備させていただいているところでございます。  

志摩市議会 2018-03-22 平成30年予算決算常任委員会( 3月22日)

委員中村孝司) 昔の話ばかり言って恐縮ですけれど、昔は漁業協同組合一つ一つハード事業がありました。それくらい、水産には力を、皆さん、各旧5町は力を入れていました。そこまでせえとは言いませんけれども、市で490万円の事業しかようできないのであれば、いろいろな事業メニューを調べて、県へ要望して、県にやっていただく。

志摩市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第3号 3月 5日)

続きまして、ボーリング調査する場合でも、地域や漁業者の理解を得る必要があるということでお尋ねもいただいておるんですが、ボーリング調査の実施においては、市や地元自治会並び漁業協同組合等へ着手する時期や具体的な説明がされないまま、調査機械搬入のための伐採等準備工事が始められました。