839件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-09-13

新名神、この開通が桑名市にメリットを与えたのかデメリットを与えたのか、新聞等では、東名阪の渋滞回数が大幅に減少したというような報道がありますが、市内にはどのような影響が出ているのかということで、わかる範囲でお答えください。よろしくお願いします。                   

桑名市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-11

また、日常渋滞の多い国道1号は大きな混乱を招くと思われます。  災害関係ではございませんが、二十数年前三重県内を中心に東海地方が大雪に見舞われた際、私の記憶では国道1号は十数時間にわたって大渋滞となり、国道1号駐車場とやゆされておりました。このように公共交通機関がストップすると乗用車等の利用がふえ、さらに帰宅が難しくなります。  

桑名市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-06-20

最後の五つ目は、路線整備と同時に桑部橋の架け替えが行われる計画だと思いますが、これによって現在桑部橋周辺で朝や夕方に発生している渋滞が解消に至るのかどうかについてお聞きいたします。桑部橋を利用されてみえます方々からは、渋滞解消への期待の声もお聞きしておりますので、交差点改良もあわせて行われるのかも含め、渋滞を解消させることができるのかをお尋ねいたします。  

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

これは旧関町時代から、関宿、関宿言いますけれども、その関宿を車で横断させないような形にするために関宿の北側に木崎新所線というのを整備して、その路線上に観光駐車場もきちんと整備をすることで、関宿内での渋滞とかそういうのもなくそうとか、その辺の話もあったんですけれども、ちょっとこの間も都市計画審議会で、これを見直す、多分廃止するとか、そんな話が出ておりました。  

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

また、混雑緩和に向けた対策としまして、横山園地における交通誘導員の配置や、公式SNS等における交通渋滞に関する情報発信を実施いたしました。  さらには、今後の横山園地の利用環境の向上に向けて、ゴールデンウイーク期間中に交通量調査を実施をしておりまして、来園する車両数や、駐車時間等の調査、集計を実施いたしました。  

菰野町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目 6月13日)

あんなところ、渋滞したら走ったらいいじゃないかというような感覚になりますよ。でも、走ってはいけない。これ道路交通法で規制されてるんですね。いろんな意味で、日本っていう国は規制が多い。だから町長、よくわかります。  けどね、住民さんからの要望もそうですし、あとですね、今回言いたいのは、やっぱりね、透明性を持ってやってください。

亀山市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第1日 5月31日)

これにより、開通後初の大型連休となったゴールデンウイークにおいても、東名阪自動車道渋滞回数は、昨年の同時期と比較し大幅に減少したところであります。引き続き、亀山西ジャンクション名古屋方面と伊勢方面をつなぐランプウエーや、先般、事業認可された亀山西ジャンクションから大津ジャンクションまでの6車線化の早期整備に向け、関係機関へ事業の着実な進捗を働きかけてまいります。  

志摩市議会 2019-03-19 平成31年予算決算常任委員会( 3月19日)

加えて、前田委員おっしゃられたように、今、新名神の新しい道路が完成したことによって、主に土曜日、日曜日、ゴルフのお客様、多いですけれども、その名古屋方面からのお客様が帰りの渋滞を懸念して、なかなか足が遠のいていたとか、あるいは、チェックインを早めて帰らなければ、帰るということを常に意識として持っておられたということを解消してくれる大きな今回の高速道路の開通だというふうに思っております。  

菰野町議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第3日目 3月15日)

観光施設についての湯の山温泉駐車場整備につきましては、国道477号を中心とした交通渋滞や路上駐車への対応、また湯の山温泉街及び周辺の観光産業の活性化を図るため計画されたものであります。  事業手法といたしましては、社会資本整備総合交付金による空き家再生等推進事業において、旧翠峯閣の撤去後の跡地利用という形での整備計画を進めてまいりました。  

志摩市議会 2019-03-11 平成31年総務政策常任委員会( 3月11日)

国道への交差点が、ちょうど踏み切りと重なっておる場所になっておりまして、道路管理者、うちの市の建設整備のほうとも話をしまして、4月1日以降、信号の時間を変えるとか、そのあたりのことをしながら、渋滞の緩和につきましては、検討としたいというふうに考えております。以上です。 ○委員長(谷口 覚) ほかに質疑は。  西ア委員。

亀山市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第2日 3月 6日)

再開発事業を行うことにより、2ブロック地区の老朽化した街区を整備し、また都市計画道路亀山駅前線を両歩道で2車線道路とし、歩車分離をすることによって、より安全道路として整備することや、駅前広場の朝晩の車両の渋滞等を緩和するなど、本事業の公共性は非常に高いものというふうに考えております。  

いなべ市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日 3月 5日)

○6番(新山英洋君)  それでは、よく聞かれるのが、このインターチェンジができて、その周辺の渋滞はどの程度になるのか、特に朝と夕方、通勤であったり帰宅時間なんですが、皆さん言われるのが、インターができて便利になるし、ええわと言われるんですけど、その一方で、渋滞はどのようになるのかなと聞かれるんですが、どのように予測されているでしょうか。 ○議長(林 正男君)  建設部長、瀬木憲治君。

桑名市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-03-01

渋滞の緩和効果、また、歴史的な価値等の側面もあると思っております。  そこで一つ目、支援継続の必要性について、改めて桑名市のお考えをお聞きしたいと思います。  二つ目として、来年度から、北勢線の利用促進などを担う組織として、北勢対策室が復活するそうであります。北勢対策室につきましては、平成25年に事務局を関係市町で持ち回ることになったと同時に、廃止となっております。

桑名市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-02-26

1)開通がもたらす市内への経済効果についてでありますが、現在本市から関西方面へのアクセスは主に東名阪自動車道を利用するところであり、四日市ジャンクションから亀山ジャンクションの間につきましては平日、休日を問わず渋滞が発生する全国有数の渋滞発生路となっており、到着時間の予測がつかないなどふぐあいが発生をしております。  

桑名市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-02-20

これにより、長年経済活動の支障になっておりました東名阪自動車道渋滞が劇的に解消することが期待できます。  また、国道1号桑名東部拡幅事業における伊勢大橋架け替え工事につきましても、橋脚15基のうち9基が完成し、現在も工事が進められており、徐々にその姿をあらわしつつあります。