130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

確かに本当にわかりにくい、まだ始まったばっかりというところもあって、まだまだ金額というのをつかむのが難しいのかなあというふうに思っているんですけれども、一応この消費税増税分消費税法の第1条第2項の中に、年金医療であったり、介護社会福祉、また少子化に対処するための経費に充てるというふうに定められています。 

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

確かに本当にわかりにくい、まだ始まったばっかりというところもあって、まだまだ金額というのをつかむのが難しいのかなあというふうに思っているんですけれども、一応この消費税増税分消費税法の第1条第2項の中に、年金医療であったり、介護社会福祉、また少子化に対処するための経費に充てるというふうに定められています。 

志摩市議会 2019-09-27 令和元年第2回定例会(第4号 9月27日)

議案第12号 志摩公園条例及び志摩都市公園条例の一部を改正する条例制定については、改正前のこの二つの条例について、現在はどのような運用をしているのか、また、今回、改正に至った理由は何かとの問いに、現在は該当する案件がなく、特に支障はないが、道路占用料徴収条例と同様に消費税法規定別表に盛り込むことにより、条例の不備を解消するためのものであるとの答弁でした。  

桑名市議会 2019-09-19 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-09-19

第3項は、法定外公共物使用を許可するもののうち、消費税法規定により課税対象となるものについては、消費税及び地方消費税の額に相当する額を加算した額を使用料として納入しなければならないことを明文化するもので、実務との整合性を図るものでございます。  また、第4項は、使用料端数処理規定するものでございます。  議案第109号につきましては以上でございます。  

桑名市議会 2019-09-19 令和元年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-09-19

第8条第1項、第9条第6項、第10条第5項ともに基本額使用する日における消費税法規定する消費税及び地方税法規定する地方消費税の額に相当する額を加算した使用料を納付しなければならない。この場合において、使用料に10円未満端数が生じたときは、これを切り捨てるものとするとしております。  

桑名市議会 2019-09-18 令和元年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2019-09-18

52ページからは決算附属書類でございますが、この中の61ページ、5、その他、(1)負担金等使途についてでございますが、下水道事業会計につきましては、特定収入割合が5%を超えたため、消費税法施行令第75条により使途特定について記載しております。  以上、平成30年度下水道事業会計決算説明でございます。

桑名市議会 2019-09-18 令和元年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-09-18

これに伴いまして、第10条第1項につきまして「消費税等相当額を加えた額」を「施行日における消費税法規定する消費税及び地方税法規定する地方消費税の額に相当する額を加算する額」に改め、また、第12条第1項につきまして「消費税等相当額を加えた額」を「申請を受理した日における消費税法規定する消費税及び地方税法規定する地方消費税の額に相当する額を加算する額」に表現を改めるものでございます。  

桑名市議会 2019-09-17 令和元年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2019-09-17

2、「前項の規定にかかわらず、市外に在住する者が会館を利用する場合の使用料は、別表に掲げる基本額に利用する日における消費税法規定する消費税及び地方税法規定する地方消費税の額に相当する額を加算した額とする。この場合において、使用料に10円未満端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。」としております。  また、別表につきましては、記載のとおり金額改定しております。  

志摩市議会 2019-09-12 令和元年産業建設常任委員会( 9月12日)

資料都市計画課ところですけど、条例制定する理由ところに、現行条例において消費税法について記載がないため追加しますとあります。  例えば議案第19号の条例改正する理由を見ますと、令和元年10月1日から地方消費税を含む消費税率が引き上げることで条例改正しますという理由でしたら理解できるんですけど、今回のこの理由につきましては、記載がないため追加しますと記載があります。

津市議会 2019-09-04 09月04日-03号

総務部長荒木忠徳君) 消費税は結果的に発生しませんけれども、非課税団体ではございませんので、消費税を取らせていただくというのが消費税法の趣旨でございます。 消費税を取らなくてもいいんじゃないかということの御質問だと思うんですけれども。 ◆2番(竹下幸智子君) 消費税を取らないというか、消費税がかからないものを取る必要がないというふうに思っているんですね。

志摩市議会 2019-08-30 令和元年第2回定例会(第1号 8月30日)

本案は、現行条例において、消費税法(昭和63年法律第108号)についての記載がないため、別表の備考に追加をすることに伴い、本条例の一部を改正するものであります。  詳細につきましては、建設部長より説明をさせますので、御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。                  補 足 説 明 ○議長(中村和晃) 補足説明を許します。  建設部長

四日市市議会 2019-08-07 令和元年8月定例月議会(第7日) 本文

討論においては、一部委員から、議案第19号平成30年度四日市一般会計及び各特別会計等決算認定について、運動施設利用料金の過徴収について、消費税法税率改正に伴い増加した消費税相当額利用料金転嫁を行わなかったことは、消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法が禁止する買いたたきに当たり、四日市運動施設設置及び管理に関する条例自体が違法であると

四日市市議会 2019-08-06 令和元年8月定例月議会(第6日) 本文

消費税法の中に、下請とか弱い者の立場のところ消費税上乗せ分転嫁してはいけないというふうになっています。  この条例は、指定管理者に対して、消費税上乗せ分を認めないようにつくられております。そうすると、これは四日市市という運動施設所有者が、指定管理者に対して消費税上乗せ分転嫁を認めないということになります。ですから、それは間違っているのではないかなというふうに思っています。  

伊賀市議会 2019-06-28 令和元年第 3回定例会(第6日 6月28日)

また、附則にある経過措置について、条例施行日前の申請についての料金は従前の例によるとしているが、消費税の性質上、また法的に問題はないのかとの質疑に対し、消費税法上特に問題はないと考えているとの答弁がありました。  詳細において特に意見はなく、審査の結果、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。  

伊賀市議会 2019-06-24 令和元年総務常任委員会( 6月24日)

なので突き詰めていくとそこのまけた部分かんしては、言うたら消費税が乗ってない部分っていうことには当然なりますけども、それにかんしてはさっきからずっと言ってる話で、市としてこの料金に決めたということがこの日からというふうに決めさせていただいたということですので、そこの部分消費税法のことで何か税務署から言われるというところではないと。 ○委員中谷一彦君)  ないね。わかりました。

伊賀市議会 2019-06-21 令和元年産業建設常任委員会( 6月21日)

条例改正理由及び内容でございますが、消費税法の一部改正により、本年10月1日から消費税率が10%に引き上げられることに伴い、資料1ページから12ページの伊賀農業集落排水処理施設等管理に関する条例別表、第1に規定する農業集落排水処理施設等使用料資料13ページから18ページの伊賀下水道条例別表第1、第2、第3及び第4に規定する、公共下水道施設使用料資料19ページの上野新都市産業汚水処理施設

津市議会 2019-06-18 06月18日-02号

ただ、地方公共団体一般会計に係る事業につきましては、消費税法規定に特例がございまして、売り上げに係る消費税額と仕入れに係る消費税額が同等とみなされておりますので、消費税納付税額が発生することはございません。というよりも、むしろちゃんと計算すれば還付を受けられるんじゃないかと私は思っていますんですが、実際には納付税額は発生しないという状況でございます。

津市議会 2019-06-07 06月07日-01号

議案第92号津水道事業給水条例の一部の改正については、消費税法及び地方税法改正され、消費税及び地方消費税税率が引き上げられることから、水道料金等について、消費税等相当額分改定を行うもので、また、水道法改正され、指定給水装置工事事業者指定更新制が導入されることから指定更新時の手数料を設定するもので、令和元年10月1日から施行しようとするものであります。