191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名張市議会 2020-09-05 09月05日-02号

それと、児童虐待についてですけども、市長壇上から丁寧にご答弁いただきまして、山下法務大臣民法822条懲戒権見直し、これを法制審議会諮問しました。懲戒権というのは、そもそも暴力を推奨する概念ではありませんが、やっぱりそれを盾にして虐待を正当化する親がいることというのが非常に問題だと思います。 改正児童虐待防止法というのは、市長おっしゃってくれたのかな、第11条で体罰というのは違法としてる。

名張市議会 2020-09-05 09月05日-02号

それと、児童虐待についてですけども、市長壇上から丁寧にご答弁いただきまして、山下法務大臣民法822条懲戒権見直し、これを法制審議会諮問しました。懲戒権というのは、そもそも暴力を推奨する概念ではありませんが、やっぱりそれを盾にして虐待を正当化する親がいることというのが非常に問題だと思います。 改正児童虐待防止法というのは、市長おっしゃってくれたのかな、第11条で体罰というのは違法としてる。

松阪市議会 2020-02-27 02月27日-03号

たしか今の法務大臣、少子化担当をされているときに、この理事長になられたそうでございます。今、検事長定年延長でいつも出ていらっしゃいます。問題ありということで、要らん話はしませんけれども。ここでも夫婦の出産意識の調査が2019年にされておりまして、「日本は子どもを生みやすい国に近づいていない」という方が7割近くを占めるという結果が出ているそうでございます。

鈴鹿市議会 2019-09-26 令和元年 9月定例議会(第7日 9月26日)

人権擁護委員は,人権擁護委員法第6条第1項の規定に基づき,法務大臣委嘱することとされており,委嘱に当たっては,同条第3項において,市町村長は,議会意見を聞いて,人権擁護委員候補者推薦しなければならない旨が定められております。このことから,本定例議会において,候補者推薦につきまして御同意をいただこうとするものでございます。  

鈴鹿市議会 2019-03-25 平成31年 2月定例議会(第7日 3月25日)

人権擁護委員は,人権擁護委員法第6条第1項の規定に基づき,法務大臣委嘱することとなっており,委嘱に当たっては,同条第3項において,市町村長は,議会意見を聞いて,人権擁護委員候補者推薦しなければならない旨が定められております。このことから,本定例議会において,候補者推薦につきまして御同意をいただこうとするものでございます。  

鈴鹿市議会 2019-03-22 平成31年議会運営委員会( 3月22日)

人権擁護委員は,人権擁護委員法第6条第1項の規定に基づき,法務大臣委嘱することとなっており,委嘱に当たっては,同条第3項において,市町村長議会意見を聞いて人権擁護委員候補者推薦しなければならない旨が定められております。このことから,本定例議会において,候補者推薦につきまして御同意をいただこうとするものでございます。  

いなべ市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第1日 2月21日)

一番最初に、議案書6ページ、諮問第1号、人権擁護委員候補者推薦につき意見を求めることについて、委員10名のうち羽場一仁委員が、平成31年6月30日をもって任期満了となるため、引き続き、同氏人権擁護委員候補者として法務大臣推薦しようとするものでございます。資料に経歴については載せさせていただきました。  

鈴鹿市議会 2018-12-06 平成30年12月定例議会(第3日12月 6日)

そして,このたびの国の動きの中で,政府において,外国人材受け入れ共生のための総合的対応策が年内に取りまとめられることから,新たな外国人材受け入れに係る多文化共生推進についての意見書外国人集住都市会議会員都市の総意として作成し,先月,11月28日に法務大臣宛てに提出したところでございます。  

鈴鹿市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例議会(第7日10月 5日)

人権擁護委員は,人権擁護委員法第6条第1項の規定に基づき,法務大臣委嘱することとなっており,委嘱に当たっては,同条第3項において,市町村長は,議会意見を聞いて,人権擁護委員候補者推薦しなければならない旨が定められております。このことから,本定例議会において,候補者推薦につきまして御同意をいただこうとするものでございます。  

津市議会 2018-09-05 09月05日-03号

登記簿上で法務大臣までだました形になってきますからね。そこまでいかなあかんねやな、津市は。そんなことはあかんと思いますよ、私は。 時間が決められておりますので、次へ進みます。 コンプライアンスについての1項で、津市職員は、法令(法律や条例等)を守っているかということでございますが、現実には裁判で、国家賠償法で地裁で負けておりまして、高裁でも負けました。

鈴鹿市議会 2018-03-23 平成30年 3月定例会(第8日 3月23日)

人権擁護委員は,人権擁護委員法第6条第1項の規定に基づき,法務大臣委嘱することとなっており,委嘱に当たっては,同条第3項において,市長は,議会意見を聞いて,人権擁護委員候補者推薦しなければならないと定められております。このことから,本定例会において,候補者法務大臣への推薦につきまして,御同意をいただこうとするものでございます。