17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

津市議会 2020-12-09 12月09日-04号

これは、議員からのお話にありましたように、1つはもちろん河川対策そのものをやるという、雲出川河川整備計画に基づいて河道を掘削したり、あるいは堤防整備したり、それから遊水地の整備、無堤防部対策というのをやるんですが、それに加えて、流域全体で考えていこうということで、この流域の中での取組、例えば5年から10年ぐらいで取り組んでいこうということで、君ヶ野ダムがもっと洪水調整機能を果たせないのかというような

伊賀市議会 2018-09-14 平成30年決算常任委員会( 9月14日)

次のページの259ページの直轄河川対策事業費というところで、具体的な工事と書いてあるんですけれども、過日、本堤の起工式があった。ここの期成同盟会でのさまざまな打ち合わせは、いわゆる稼働のしゅんせつちゅうんですかに向かっての情報交換なり、または進捗状況の確認をするような期成同盟会であるのか。中身を少しお示しをください。 ○委員長(生中正嗣君)  企画管理課長

四日市市議会 2018-08-02 平成30年8月定例月議会(第2日) 本文

説明がありましたけれども、国土交通省担当、それから県の担当、これはいろいろ過去からあるわけですから、それはしっかりとして、大事なのは、四日市に住まれる市民は、国という言い方はされませんから、四日市責任体制の中でしっかりと守ってほしいというのが願いですから、河川改修を早期にひとつやっていただかないと、来るべき豪雨に耐えられませんから、早急に河川対策についてはやってほしい。

松阪市議会 2017-12-08 12月08日-05号

先ほどあった垣鼻地区等では、やはり河川対策をやっていかないと、いわゆる浸水対策がやっていけないというところであります。要するに、対策自体が根本的に違うということをまず御理解いただきたい、こんなふうに思います。 ◆11番(西口真理君) 市街地だから優先ということではないということで、今後しっかり金剛川、櫛田川もよろしくお願いいたします。 

川越町議会 2015-06-09 平成27年第2回定例会(第1日 6月 9日)

次に、河川対策につきましては、本来、河川管理者である三重県が行うべきことではございますが、三重県におきましても厳しい財政状況であることから、川越町地内の河川改修事業を行うことは難しいことでありました。しかしながら、水害対策も重要なことから、県と当町の協働による事業を強く訴え、町屋川の雑木撤去を行うとともに、朝明川における河床掘削を計画的に行うことができました。  

伊賀市議会 2013-09-10 平成25年第 5回定例会(第3日 9月10日)

続きまして、河川掘削ダムによる河川対策についてでございますが、前回、市長の答弁において、ダムはつくらなくても河川掘削のみでカバーできるのではないかと申されておりましたが、同一河川における流水量はどの場所においても同じであり、現在、洪水を発生する箇所をしゅんせつすると確かに流速は速くなり、洪水はその場所では起こさなくなりますが、それまで洪水を起こしていなかった箇所流速が遅くなり、土砂が沈殿して、以前起

津市議会 2009-12-08 12月08日-03号

土砂崩壊を起こした箇所完全復旧と、かつ今後災害を起こさせない予防の観点から、7点目に、孤立地域、急傾斜箇所、治山、河川対策についてお伺いいたします。 大きい5番、財政にかかわって。 新政権がスタートして1カ月を迎えたころ、2010年度予算で各省庁の概算要求がまとまり、一般会計要求総額が95兆円と過去最高に膨らんだことが発表されました。

津市議会 2006-09-11 09月11日-02号

これは防災部長じゃないと思うんですが、その辺河川対策でちょっとお聞きをいたしたいと思います。 続きまして、一般質問に対する再質問をさせていただくんですが、国民年金の無年金者、これ受給権執行の件について再度お伺いをいたしたいと思いますが。 この問題、平成14年度以前はこれは地方の自治体が国からの機関委任事務であったと思いますが、市町村が年金業務担当をしておりました。

津市議会 2005-11-30 11月30日-02号

三重県にもしょっちゅう僕は河川対策言っているんですけれども、国土道路も言いますし、いろいろ言いますけれども、でもやっぱりそれはあっち行って、いいことこっち行っていいことじゃなくて、やっぱり河川はそれよりも大事と、余り応援団がおりませんので、一遍水がつくと大変やとみんな認識してくださるんですけれども、道路整備と言うと皆さんわっと応援してくださるんですけれども、どうも河川はという気がいたしまして、「それではあかん

鈴鹿市議会 2003-09-10 平成15年 9月定例会(第2日 9月10日)

例えば,現在でも,鈴鹿亀山地区広域連合のみならず,卸売市場農業共済事業広域で行っておりますが,幹線道路を初めとする広域交通網整備鈴鹿川のような河川対策,水資源の涵養,文化振興などといったものは市の行政区域の中でおさめるべきものでなく,広域連携のもとで対応していくべきものと考えております。  

名張市議会 1998-12-08 12月08日-03号

そういうことで、旧町においても新町地区のようにまちづくり委員会河川対策委員会設置して、自分たちの町は自分たちでみずから考えていくという積極的にまちづくりに取り組んでおられ、商業のみならず、どういった町並みにしていったらよいのかというようなことに真剣にお取り組みいただいておるということについてもご案内のとおりでございます。 

名張市議会 1998-10-01 10月01日-05号

従来しばしば要望等鍛冶町の河川対策委員会等でもお出しをしてきておるわけでありますけれども、この決定的な時期にどのような状況になっておるのかというあたりについて、二、三、ご答弁をいただければということであります。 1つは、先般の議会で市道認定を賜りましたあの川沿いの6.10メーターの市道でございますけれども、こういう道路でありますから、いわゆる河川の景観にかかわって非常に重要な部分であります。

名張市議会 1998-03-10 03月10日-05号

過日、鍛冶町の河川対策委員会というのをつくってありまして、それらで建設省に赴いたんですけれども、そういうのは気がつきませんでしたなあみたいな話で、どうもピンとこない話し合いになっちゃったんですが、そのあたりのところもひとつ目を光らせていただきたいなと。 

名張市議会 1997-06-13 06月13日-03号

この河川改修については、新町区におかれましては、早くから区執行部河川対策委員皆さんが中心になり、堤防道路市道実現、あるいは市民に親しまれる護岸の建設に向けて取り組んできているところでありますが、鍛冶町区については最近ようやく動き出してきたという状況であると考えますし、その要望書の内容によっては、そのことで市道実現がおくれるのではないかという危惧を持たれているように聞いておりましたので、4月

名張市議会 1995-06-16 06月16日-03号

この4年かかるところを、できれば1年でも短縮をしていただく、いわゆる予算づけも本当に集中をしていただければ、4年かかるところが1年で済むのではないかと、こういうふうに思うところでございまして、ここで新町橋の問題でございますけれども、あの新町橋も一体どのぐらいの通行量があるのかなというふうなことで、先般も4月の平日の一日であったと思いますけれども、新町区の愛宕会、あるいは新町区、また河川対策委員会愛宕会

  • 1