34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

四日市市議会 2019-11-01 令和元年11月定例月議会〔附録〕

農業担い手が減少する中での、AIIoT等情報通信技術の活用による経営の効率  化の推進について) ・農業担い手高齢化が著しい中、農業近代化により施設内での栽培等が加速度  的に広がる可能性もあるが、そういった技術革新に対応する担い手確保や必要となる  資金等課題がある。

菰野町議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第2日目 6月14日)

地域方々の御協力による教育活動につきましては、先ほど教育長答弁にもありましたとおり、現在、菰野町においても、既に学校見守りボランティア図書ボランティアの方にお世話になっておりますほか、総合的な学習の時間における小学校でのキャリア教育、あるいは地域方々による栽培取り組み等々、こういった取り組みもなされておるところでございます。  

四日市市議会 2018-02-01 平成30年2月定例月議会〔附録〕

────────┤ │       │清和ワークキャンパス│西坂部町1157 │ウエス生産販  │椎茸栽培        │ │       │          │       │売下請け   │             │ │       ├──────────┼───────┼────────┴─────────────┤ │       │菜(さい)      │尾平町1956-9 │栽培

川越町議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第1日12月 6日)

障がい者の方が、車いすでも作業しやすい環境といたしますと、栽培が比較的適しているものと思われます。  最近、人気のフルーツ系トマトや、栽培の回転が早い葉物などが考えられますが、作業工程簡易さや病気への対策など、いろいろな観点から栽培種類の検討を行い、収穫量確保に努める必要があるものと考えております。  以上です。 ○議長寺本清春君) 森 英郎君。

伊賀市議会 2017-06-12 平成29年第 4回定例会(第2日 6月12日)

おっしゃっていただいたように厚生労働省であったり農林水産省が主体となって、取り組んでいただいているというようなところでございまして、取り組みの中には、農園の整備であったり、障がい者の特性に応じた支援をするための農業のジョブトレーナーの育成でありますとか、あるいは就労体験コーディネートなどの取り組みが行われているというようなところでございまして、伊賀市におきましては、障がい者の就労施設のうち6つの事業所栽培

四日市市議会 2017-06-04 平成29年6月定例月議会(第4日) 本文

具体的には野菜露地栽培とかホウレンソウなどの栽培、ビニールハウスでのきのこ栽培などがございます。  このような障害のある人と農業を結びつける、いわゆる農福連携取り組みにつきましては、全国各地におきましてさまざまな形で実施をされております。これらの農福連携の先進的な取り組みを参考にしまして種々調査を進めてまいりたいと考えております。  

菰野町議会 2015-12-10 平成27年第4回定例会(第4日目12月10日)

東日本大震災のときは、津波で塩害を受けた農地作物が育たなくなったために、被災地にはこの土を使わない栽培に80%の補助がついたと聞いています。  古来の農業を守ることは、非常に大事なことですが、新品種開発とともに、先ほど述べましたような多様な農産品生産、工夫を凝らした新しい形の農業取り組みも魅力のある農業につながります。農業を営んでみえる方も、毎日の生活があります。

四日市市議会 2015-02-01 平成27年2月定例月議会〔附録〕

・現在、LEDを用いた栽培等も進んでいる中で、現状では、農業従事者が技術的な 課題農業センターに相談することが少なくなってきているのではないか。例えば、有害 鳥獣対策耕作放棄者への対策を、農業センターにおいて行うような対策も必要ではない かと考える。 ・農業センターは、新品種開発等支援することにより、より収益性の高い農業を目指 すべきである。

亀山市議会 2014-12-16 平成26年予算決算委員会(12月16日 教育民生分科会)

それは関の駅の裏にビニールハウス栽培を行っている事業所がございます。そこには10名程度の障がいがある方がお勤めをされております。  それと、東町商店街の中につばさというA型の就労継続支援事業所でございます。そこが平成25年度にオープンをしております。そこにつきましては、A型ですので大体平均で月五、六万円のお給料をもらっていただけるような事業所がオープンしております。  

川越町議会 2012-09-06 平成24年第3回定例会(第1日 9月 6日)

あと地域循環型ということで、農作つくってみえる方、それ以外に発展していくかもわからないですけれども、循環型社会地域で農産物をつくろうということで、年間を通してできる、生産できるハウス栽培とか栽培などの施設を町が建てて、障がい者の方の雇用につなぐような考え方はないでしょうか。その点に対して答弁をお願いいたします。 ○議長早川宣雄君) 諸岡学校教育課長

鈴鹿市議会 2012-08-08 平成24年産業建設委員会( 8月 8日)

あと食品関係機械関係,諸工業というのは,それに属さないもろもろの細かいとこも入ってくるんですが,福祉1件というのは福祉で製造をやっとるところがございまして,栽培を行ってるとこなんですが,そこも福祉関係に入るのかなという形で入れさせていただいておりますが,見てのとおり57%が自動車関係の困りごとに対して対応させていただいておるという形になります。  

亀山市議会 2012-06-22 平成24年産業建設委員会( 6月22日)

そんな中で、撤退されて跡地なんかはどうされるのかというお話の中で、ちょっと大きなビニールハウスみたいなやつを建てられて栽培をされると。王子製紙さんの関連の会社ということでお聞きしておるんですが、かなり大きく、それで面積も当然、鈴鹿市さんにも両方王子製紙さんは持ってみえますので、その辺も両方と利用しながらということをお聞きしています。

いなべ市議会 2012-03-01 平成24年第1回定例会(第2日 3月 1日)

企業誘致の件でございますが、サラダコスモに関しましては、現在、工場や栽培用の井戸水の配管など、基本設計が進められております。サラダコスモは無農薬、無科学肥料栽培を行っているため、硬度の高い良質の水を求めております。当初、硬度100以上の水源にこだわっておられました。次第に軟化、御意見も軟化をし、水質も軟化をしているわけですけども、源田川の右岸の水源設計が現在進められております。

志摩市議会 2010-06-21 平成22年予算特別委員会( 6月21日)

これは、栽培公設栽培っていうことで希望されております。  補助率は上限が400万円でありますけど、補助といたしましては2分の1以内ということであります。                  (森昶議長入室) ○委員長小河光昭) 森本委員。 ○委員森本雅太) わかりました。そうしますと、この事業はいわゆる県国事業という格好になるんですが、市は今後どのようなかかわりをもっていくんでしょうか。

  • 1
  • 2