9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

菰野町議会 2016-12-13 平成28年第4回定例会(第3日目12月13日)

こういった点でも、こうした農林水産の各種の手引きやマニュアルによって、保全管理を進めていくことが重要だというふうに思います。  観光産業課長、この点についてはいかがでしょうか。 ○議長(矢田富男君) 答弁を願います。  観光産業課長、加藤信也君。 ○観光産業課長(加藤信也君) ため池の保全管理体制につきましては、当然、当町の中でも整備が必要というふうに考えております。

伊賀市議会 2013-06-20 平成25年産業建設常任委員会( 6月20日)

ところが、実際、現地で写真にありますようなバイブロの工法で試験的に四隅を打ち込んだところ、予想以上にそういった硬質の地盤がありまして、それ以上もう打ち込むことができなかったということで、当初設計はバイブロで、それから打ち込み工法ですね、そういった硬質地盤にも可能で、なおかつ農林水産のこれ事業でございますんで、そういった土地改良積算基準というような基準ございます。

鈴鹿市議会 2012-09-18 平成24年予算決算委員会産業建設分科会( 9月18日)

○田中農業委員会事務局次長  払い下げっていうのを市が無償譲与を受けてくることは可能でございまして,ちょこちょこ私道の中にあるとか,それの拡幅分で残っている部分というのは譲与を受けてきて市のもんになっとるんですが,ただ農林水産省財産というのはひもつきでございまして,もしその財産を市が個人に払い下げする場合は,一旦農林水産のほうへもとに戻さんならんっていう約束もございますし,市街化の農地ですと,直

志摩市議会 2012-09-06 平成24年第3回定例会(第2号 9月 6日)

この農林水産における6次産業化推進整備事業が設置されました。このことを踏まえ、新しい里海創生によるまちづくりを目指す志摩市としては、この地域が今後も持続的に発展していくために、農林漁業者を初め、関係する・・・。                (山際議員より発言あり) ○市長(大口秀和) はい、済みません。  

志摩市議会 2012-06-07 平成24年第2回定例会(第2号 6月 7日)

この事業は、個人団体等が企画を直接、国へ応募要領に基づき提出し、採択を受ける形となっておりますので、国の公示、または農林水産のホームページで確認する必要があります。現在、市といたしましては、特にこの事業の情報発信を行っておりませんが、漁業者が、また農村従事者等が、6次産業化に取り組んでいこうというお話があれば、可能な範囲でお手伝いをさせていただきたいと考えています。  

志摩市議会 2011-06-20 平成23年予算特別委員会( 6月20日)

○商工観光部長(水口良之) 御質問の点につきまして、確かに補助事業としては水産庁から補助金をいただいて進めた事業でございますけれども、当初から都市と漁村の集客交流施設という位置づけで計画を上げ、水産にもお認めをいただき取りかかった事業ということでございますので、漁業振興、それから観光振興、双方の効果を期待する施設ということで建設をいたしております。 ○委員長(上村繁子) 松尾委員。

菰野町議会 2011-03-15 平成23年第1回定例会(第4日目 3月15日)

その翌年、2009年には、やはり農林水産地域に根ざした食育コンクール、みんなで楽しく学び、育てる三島の食育、食を楽しみ、健全な心身と豊かな人間性をはぐくむためにということで、2年連続受賞しております。  また、ISO14001を取得をしたり、22年からは午前中の質問にもありましたように、秦議員質問にもありましたように、電気炊飯器で週5日、地元米で完全米飯給食を行っております。  

菰野町議会 2010-12-09 平成22年第4回定例会(第3日目12月 9日)

この農林水産の資料によると、農産物輸入自由化に伴い、日本農産物輸入額が1966年の1兆2,000億円から2008年の6兆円へ急増する一方、食料自給率は65年度の73%から、09年度の40%へ急落をしています。農業所得農業純生産でありますけども、90年度の6兆1,000億円から2006年度の3兆2,000億円へとほぼ半減をしているのであります。農業の経営規模が問題ではありません。

四日市市議会 2009-03-05 平成21年3月定例会(第5日) 本文

をしていただくというような制度でございますけども、その制度を少し行政四日市市として、市民により一層この制度を利用していただいて、荒廃する市街化調整区域の農地、あるいはまた、この制度にはうたっておりませんけども、市街化区域の農地の利用、荒れた農地の利用、車が入らない、それでいて市街化区域であると、こういうような農地がたくさん市内にはあるわけですけど、そういった農地も含んで、やっぱり四日市市としての、その農林水産

  • 1