9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

菰野町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日目12月11日)

また、原告が求めている損害賠償は、朝鮮半島に対する不当植民支配と侵略戦争に直結した日本企業の反人道的な不法行為と強制動員への慰謝料であり、11月14日の衆議院外務委員会で、三上正裕国際法局長は、1992年3月9日の衆議院予算委員会での柳井条約局長が「慰謝料等の請求は、いわゆる財産権利というものには該当しない」と答弁していることを「否定するつもりはない。

四日市市議会 2011-09-03 平成23年9月定例月議会(第3日) 本文

終戦60年の節目である平成17年8月15日の内閣総理大臣談話では、「我が国はかつて植民支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受けとめ、改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明するとともに、さきの大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。

桑名市議会 2010-03-25 平成22年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2010-03-25

植民強制連行、そして、1945年8月、広島で約5万人、長崎で約2万人もの朝鮮人被爆したと推定される。戦争の激化とともに、この両都市には幾万もの朝鮮人労働者が動員された。こうして広島、長崎におよそ7万人の朝鮮人労働者が爆死、あるいは負傷し、死を免れた人々にも被爆者として過酷な運命を負わせることとなった。写真もたくさん出ております。  

鈴鹿市議会 2009-12-24 平成21年12月定例会(第7日12月24日)

さて,請願第6号についてですが,永住外国人70万人とありますが,実際は63万人,うち52万人が韓国籍朝鮮籍の人たちで,戦前の日本植民政策によって日本に来ざるを得なかった人と,その子孫で,特別永住者と呼ばれていることは御存じのとおりです。  今回の請願は,それらの人々に地方参政権を付与することに反対するというものです。

  • 1